未分類

オーストラリア政府、外国勢力の干渉防止のための新部隊設置へ!(朝香 豊)


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

オーストラリアの安全保障情報局は約65億円を投じて、外国勢力の干渉抑制とスパイ対策を強化するための専用部隊を新設することを発表した。

元中国のスパイである王立強氏がオーストラリア政府に亡命を求め、様々な内部の証言を行っていたことが、オーストラリア国内では大々的に報道されてきた。

こうした報道が行われたことと今回の専用部隊の新設は、当然ながら密接な関係を持つものだろう。

オーストラリアでは中国によるスパイ活動や政界工作などが様々に広がっていると思われるが、王立強氏の証言の裏とりによって確認できた内容が様々にあったのだろう。

王立強氏が亡命申請してから一連の報道が始まるまでには約半年の時間があった。

衝撃的なのは、現地紙「オーストラリアン」が入手したという機密の移民情報についての内容だ。

入国の際に注意人物リストに入る人物は急増しており、過去一年間で1万1000人増加したという。

日本国内にはどのくらいの数の注意人物が入り込んでいるのだろうか。

我が国においても中国との関係を抜本的に見直し、外国勢力の干渉を排除するための国家組織を立ち上げるべき時が来ているのは、間違いないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

これのネタ元の大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/12/49556.html

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 未分類

    日本の出生数90万人割れへ! (朝香 豊)

    今年の日本の出生数は、1~7月は前年同期に比べて5.9%減と、…

  2. Featured Video Play Icon
  3. 未分類

    中国、GDP成長率6%目標を事実上取り下げる! 景気減速はごまかせない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 未分類

    香港民主化リーダーがハンマーで頭部を殴られる!(朝香 豊)

    香港民主化運動のリーダーの岑子傑氏がハンマーで頭部を殴られ、血…

  5. 未分類

    ドイツ製造業の見通しが暗い 世界的な経済の変調が影響している

    8月のドイツ製造業の景気指数は43.5で、8ヶ月連続で50…

  6. 未分類

    安倍総理から野党と偏向マスコミに対する皮肉か? 官邸での記者会見で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!12…

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 安全保障

    ウガンダは中国の債務トラップにはまりつつある。中国の戦略には大いに警戒心を持つべ…
  2. 安全保障

    転覆したはずの北朝鮮漁船はどこに?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国系テレビメディアの偏向報道をイギリスが調査へ! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「金正恩氏を愛する」と書かれている本を、文在寅大統領が推薦!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    米軍から韓国軍への戦時作戦統制権の移管はやめろ! 歴代の韓国軍トップが連名で建議…
PAGE TOP