外交

習近平、赤っ恥! ネパールはチベット難民の引き渡しを拒否!(朝香 豊)

ネパールはチベットとインドに挟まれ、中国には地政学的に重要な場所だ。

ネパールを手なづけるために、中国は膨大な援助を行ってきた。

衛生医療・教育文化・遺跡の修復・鉄道敷設などなどだ。

こうした工作の結果、ネパールでは共産党が議会で第一党を占めるようになっている。

こうした議員の選挙資金も中国が裏で出していると言われている。

だから習近平は、ネパールは中国共産党の言うことを聞くようになっていて、かなり自由にコントロールできる国になったと思っていたことだろう。

ところが、驚くことに、今回の習近平のネパール訪問に際して、ネパールは軍人や警察官を養成する国防大学を設置するのに中国が支援するという申し出を断り、チベット難民を犯罪者として引き渡すようにする犯罪人引渡し条約の締結を拒んだのだ。

中国の資金で議会の建物と中国国境に近いところの道路の建設を行うことも拒否した。

腹を立てた習近平は、「中国を分裂させようとする者は誰でも体を打ち砕かれ、骨を粉々にされる」と、ネパールを脅すような演説を現地で行った。

これを単純に「ネパール、偉い!」と取るわけにはいかない。今やネパールは中国に逆らえる国家であるはずがないからだ。

これは反習近平派が仕掛けた工作であろう。

近々開催予定の中国共産党の中央委員会総会(四中全会)でどんな展開が待っているのだろうか。

習近平は四中全会を再び延期するのだろうか。

そういう目で見ておきたい。

これの元ネタとなる Bitter Winter の記事https://jp.bitterwinter.org/xi-jinping-defeated-in-nepal/

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 外交

    米中対立で中国が反撃! 近く米関連のブラックリストを公表へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキング香港やウイグルでの人権弾圧がアメリカで…

  2. 外交

    習近平国家主席の国賓来日予定に変更なし! 菅官房長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅官…

  3. 外交

    トランプ大統領、対中融和姿勢から一転強硬姿勢へ! (朝香 豊)

    強硬派のボルトン大統領補佐官解任後に融和姿勢を見せていたトラン…

  4. 人権・民主主義

    機密文書公開で早速ヒラリーの犯罪が明らかに!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!20…

  5. 外交

    迅速合意なければ、トランプ政権は対中摩擦を激化させる?? (朝香 豊)

    ”China 2049"の著者としても知られる、ハドソン研究所…

  6. 外交

    中国企業の人工島建設提案をツバルは拒絶! 親台湾姿勢を堅持!(朝香 豊)

    ツバルのコフェ外相は、中国企業から提案された海面上昇に対処する…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    台湾の「駐米大使」が物議を醸す! 米台正式国交樹立への道!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    専門家会議の議事録は完全に不要! なんで筋論を最後まで通さないのか?(朝香 豊)…
  3. 安全保障

    「クリーン・ネットワーク」で中国排除! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    米大学生がTikTokを集団提訴! 個人情報を中国に転送で!(朝香 豊)
  5. 外交

    台湾訪問団のチェコに対して中国が脅迫! これにEU諸国が大反発!(朝香 豊)
PAGE TOP