経済

ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

ドイツ政府は、EUの厳格な財政ルールに抵触しない「影の予算」を作り出して、国内経済のテコ入れを考えているようだ。具体的には、政府とは別に「公共団体」を設立し、ここが債務を引き受ける形で資金を集め、公共投資に充当するというものだ。

ここから先の具体的なイメージがわからないから、評論はしにくいのだが、自分の中には2つの矛盾するような考えが浮かんだ。

1つは、厳粛な財政規律を徹底的に重視してきたドイツが、それを自ら破ってきたということへの素直な評価だ。EUの厳格な財政ルールを主導してきたのはドイツだということを考えると、このことは現在の厳しい財政ルールをEUが緩める方向に間違いなくつながっていくだろう。

ドイツ経済の低迷は中国の景気減速の影響も強く受けているが、厳粛な財政規律のために景気刺激策が打てずに低迷しているヨーロッパ経済の影響もモロに受けている。ヨーロッパ経済が力強さを持つには、こうした不要な財政ルールは撤廃されるべきであり、そこに近づいたことは大いに評価したい。

と同時に、ならばドイツは財政規律を緩めようとするイタリアなどの動きを厳しく牽制するような真似はやめるべきではないのかとも思うのだ。

イタリアは足りない財政を賄うための裏技として、小口の政府証券を発行することを企図した。イタリアで流通する紙幣はヨーロッパ中央銀行が発行するユーロ紙幣ということになるが、ここに小口の政府証券も付け加えようと考えた。財布の中に、ヨーロッパ中央銀行が発行するユーロ紙幣と、イタリア政府が発行するユーロの政府証券の両方があるような感じだ。

政府証券が民間で流通している限りは、政府はそのお金の返済義務から免れるから、財政出動をしても政府財政は痛まないという仕組みだが、これに徹底的に噛みついたのがドイツだ。イタリアはドイツに対して、「お前らが裏技を使うのを検討しているなら、俺たちが裏技を使うのも認めろよ」と思うのは当然だろう。

ともかく、財政規律を緩めて積極財政に依拠できるようにしないと、現状姿を見せつつある世界的な経済危機に対処するのは難しいだろう。そのための第一歩として、私としては前向きに評価することにしたい。

これに関連するロイターの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  2. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  3. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    一筋縄では理解できない東芝問題! 単純な善悪では捉えるべきではない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!東芝…

  2. 安全保障

    アメリカはイラン中央銀行に制裁を発動! (朝香 豊)

    イランのサウジアラビアへの攻撃が確実視される中で、トランプ大統…

  3. 経済

    中国の国有企業がまたデフォルト! 青海省投資集団、利払いできず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 経済

    安倍総理、大型の景気対策を指示か?(朝香 豊)

    安倍総理は閣議で、「復旧復興の取り組みを加速し、海外発のリスク…

  5. 経済

    世界経済成長率見通し、IMFはまた引き下げ! 世界の景気減速は隠しようもない!(朝香 豊)

    IMF(国際通貨基金)は世界経済見通しを、前回実施の7月の見通…

  6. 経済

    内容は曖昧さを残したまま、米中貿易合意第一弾が署名! トランプの狡猾さに注目!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米中…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    弱っている中国経済! 日本企業は強気になれ! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  3. 安全保障

    進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    米新安保担当補佐官に人質解放に実績の高いオブライエン氏選出! ただし懸念もある!…
  5. 道理

    中国の武漢で原因不明の肺炎! 27人発症確認!(朝香 豊)
PAGE TOP