経済

ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

ドイツ政府は、EUの厳格な財政ルールに抵触しない「影の予算」を作り出して、国内経済のテコ入れを考えているようだ。具体的には、政府とは別に「公共団体」を設立し、ここが債務を引き受ける形で資金を集め、公共投資に充当するというものだ。

ここから先の具体的なイメージがわからないから、評論はしにくいのだが、自分の中には2つの矛盾するような考えが浮かんだ。

1つは、厳粛な財政規律を徹底的に重視してきたドイツが、それを自ら破ってきたということへの素直な評価だ。EUの厳格な財政ルールを主導してきたのはドイツだということを考えると、このことは現在の厳しい財政ルールをEUが緩める方向に間違いなくつながっていくだろう。

ドイツ経済の低迷は中国の景気減速の影響も強く受けているが、厳粛な財政規律のために景気刺激策が打てずに低迷しているヨーロッパ経済の影響もモロに受けている。ヨーロッパ経済が力強さを持つには、こうした不要な財政ルールは撤廃されるべきであり、そこに近づいたことは大いに評価したい。

と同時に、ならばドイツは財政規律を緩めようとするイタリアなどの動きを厳しく牽制するような真似はやめるべきではないのかとも思うのだ。

イタリアは足りない財政を賄うための裏技として、小口の政府証券を発行することを企図した。イタリアで流通する紙幣はヨーロッパ中央銀行が発行するユーロ紙幣ということになるが、ここに小口の政府証券も付け加えようと考えた。財布の中に、ヨーロッパ中央銀行が発行するユーロ紙幣と、イタリア政府が発行するユーロの政府証券の両方があるような感じだ。

政府証券が民間で流通している限りは、政府はそのお金の返済義務から免れるから、財政出動をしても政府財政は痛まないという仕組みだが、これに徹底的に噛みついたのがドイツだ。イタリアはドイツに対して、「お前らが裏技を使うのを検討しているなら、俺たちが裏技を使うのも認めろよ」と思うのは当然だろう。

ともかく、財政規律を緩めて積極財政に依拠できるようにしないと、現状姿を見せつつある世界的な経済危機に対処するのは難しいだろう。そのための第一歩として、私としては前向きに評価することにしたい。

これに関連するロイターの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    バイデン政権が打ち出した総額2兆ドル(220兆円)の大型投資! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    政府は真剣に電源構成を検討せよ!(松尾 利昭)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  3. 外交

    親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

    ☆☆☆ 今回はメルマガで2月9日に流していた記事を、ブログに再掲載いた…

  4. 経済

    文在寅、ソウル大が選ぶ最悪の大統領1位! 87%(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  5. 経済

    中国が外資の技術移転の強要はないと表明! だが、これをマジメに信じてよいのか?(朝香 豊)

    中国国務院は、海外投資家の誘致強化を狙って、外資投資規制を緩和…

  6. 安全保障

    大和堆で中国漁船の操業増加! 日本漁船が締め出される!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港警察は警官の発砲で瀕死に陥った高校生を「暴動罪」で起訴! 証拠をでっち上げか…
  2. 安全保障

    アメリカの脅威はロシアで、中国ではない! バイデンが断言!(朝香 豊)
  3. 経済

    終わっている立憲民主党の経済政策! 民主党政権の悪夢から何も学んでいない!(朝香…
  4. 道理

    トランプ再選の切り札は封印か? トランプ大統領は怒り心頭!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    ギリシャの難民キャンプで騒乱事件! コロナ不安が引き起こす!(朝香 豊)
PAGE TOP