安全保障

中国の深刻なスパイ行為にアメリカは厳しく対処! 日本はどうする?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

5月下旬にアメリカ政府が、中国の人民解放軍の影響下にいるとみられる中国の研究者・留学生のビザの効力を停止する方針を示してから、中国の外交官は異常な行動を取り始めた。

こうした研究者や留学生に「アメリカ政府の捜査対象になるかもしれない」と伝え、パソコン、スマホなどから通信記録を削除するように指示し、捜査が及ぶ前にアメリカからの出国をするよう促し始めたのだ。

5月31日には、在ヒューストン中国総領事館が偽造の身分証明書を使って中国行きのチャーター便に乗せて中国人を出国させようとする事件も引き起こし、蔡偉総領事を含む3人の中国人外交官がヒューストン空港で現行犯逮捕された。

中国の人民解放軍関係のスパイがアメリカ政府の捜査に捕まらないよう、中国の外交官が大いに動いていたのである。

7月22日になってアメリカ政府が在ヒューストン中国総領事館を72時間以内に閉鎖するよう通告した背景には、このような流れがあることがわかってきた。

総領事館が閉鎖されたのも無理はないと言えるだろう。

さて、アメリカ司法省は8月24日に、NASAの研究にも携わっていた中国系アメリカ人のZhengdong Cheng氏を、虚偽申告や電信送金詐欺の刑事事件の容疑で起訴した。

アメリカ政府から資金提供を受けながら、密かに中国の高度人材獲得プログラム「千人計画」や「百人計画」に参加し、中国の国有研究機関のために仕事をしていたことが発覚したのだ。

しかもCheng氏はNASAの機密情報にアクセスする権利を持っていた。

どれほど有益な情報が中国にもたらされていたのだろうか。

忘れてならないのは、Cheng氏はあくまでも氷山の一角だということだ。

さて、同様のことを中国は日本では行っていないのだろうか。

スパイ防止法制定に向けて、日本も動き出すべき段階であろう。

イギリスが機密情報のネットワークである「ファイブ・アイズ」への日本の参加に賛同してくれていることも利用しながら、これに向けた環境整備を進めていくという打ち出しは理にかなっている。

現状の中国の脅威に対応した体制を日本も整えていくべきだ。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のウォール・ストリート・ジャーナルの記事
https://www.wsj.com/articles/chinese-diplomats-helped-visiting-military-scholars-in-the-u-s-evade-fbi-scrutiny-u-s-says-11598379136
ネタ元のアメリカ司法省の発表
https://www.justice.gov/opa/pr/nasa-researcher-arrested-false-statements-and-wire-fraud-relation-china-s-talents-program
Space Coast Dailyからの引用画像(Zhengdong Cheng)
https://spacecoastdaily.com/wp-content/uploads/2020/08/Zhengdong-Cheng.jpg
Foreign Briefからの引用画像(中国人民解放軍)
https://www.foreignbrief.com/wp-content/uploads/2017/10/Парад_в_честь_70-летия_Великой_Победы_-_40-1024×632.jpg
ロイターからの引用画像(中国領事館)
https://s2.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20200722&t=2&i=1526740304&r=LYNXNPEG6L1CG&w=1280
technologynetworksからの引用画像(spy)
https://cdn.technologynetworks.com/tn/images/thumbs/jpeg/640_360/why-a-gaming-ai-is-the-best-spy-327496.jpg
YouTubeのサムネイルからの引用画像(千人計画)
https://i.ytimg.com/vi/PDz98OXEYCI/maxresdefault.jpg
Wikimediaからの引用画像(NASA)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/e/e5/NASA_logo.svg/1224px-NASA_logo.svg.png
YouTubeのサムネイルからの引用画像(スパイ防止法)
https://i.ytimg.com/vi/hyVq8pU9220/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    「峰打ち」を不思議に感じる中国人! 孫向文さんから学ぶ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    バイデンの対中投資禁止は食わせもの! 実質は制裁の骨抜き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    武漢ウイルス研究所に対する疑惑が再燃! 駐中米大使館が危険性を事前に指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    第2次朝鮮戦争の可能性高いと、ハーバード大教授が警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!クリン…

  5. 安全保障

    コロナ騒ぎのどさくさ狙った、英半導体大手の中国完全乗っ取り計画! 失敗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!英半…

  6. 人権・民主主義

    TikTokでメークしながら、習近平国賓反対動画を作る日本人女性登場!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    教育の公的支出割合 日本はOECD加盟国中最下位! (朝香 豊)
  2. 外交

    金正恩が文在寅の招待を拒否! 釜山で行われるASEANの会合 (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    米上院議員が相次いで中国共産党とWHOを非難! 手を緩めないアメリカ!(朝香 豊…
  4. 経済

    ムーディーズ、韓国企業14社の格付けえお一斉に引き下げる見通し! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    ミャンマーを憂慮するのは終わりだ! 日本政府は黒幕の中国を非難せよ!(朝香 豊)…
PAGE TOP