安全保障

中国の深刻なスパイ行為にアメリカは厳しく対処! 日本はどうする?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

5月下旬にアメリカ政府が、中国の人民解放軍の影響下にいるとみられる中国の研究者・留学生のビザの効力を停止する方針を示してから、中国の外交官は異常な行動を取り始めた。

こうした研究者や留学生に「アメリカ政府の捜査対象になるかもしれない」と伝え、パソコン、スマホなどから通信記録を削除するように指示し、捜査が及ぶ前にアメリカからの出国をするよう促し始めたのだ。

5月31日には、在ヒューストン中国総領事館が偽造の身分証明書を使って中国行きのチャーター便に乗せて中国人を出国させようとする事件も引き起こし、蔡偉総領事を含む3人の中国人外交官がヒューストン空港で現行犯逮捕された。

中国の人民解放軍関係のスパイがアメリカ政府の捜査に捕まらないよう、中国の外交官が大いに動いていたのである。

7月22日になってアメリカ政府が在ヒューストン中国総領事館を72時間以内に閉鎖するよう通告した背景には、このような流れがあることがわかってきた。

総領事館が閉鎖されたのも無理はないと言えるだろう。

さて、アメリカ司法省は8月24日に、NASAの研究にも携わっていた中国系アメリカ人のZhengdong Cheng氏を、虚偽申告や電信送金詐欺の刑事事件の容疑で起訴した。

アメリカ政府から資金提供を受けながら、密かに中国の高度人材獲得プログラム「千人計画」や「百人計画」に参加し、中国の国有研究機関のために仕事をしていたことが発覚したのだ。

しかもCheng氏はNASAの機密情報にアクセスする権利を持っていた。

どれほど有益な情報が中国にもたらされていたのだろうか。

忘れてならないのは、Cheng氏はあくまでも氷山の一角だということだ。

さて、同様のことを中国は日本では行っていないのだろうか。

スパイ防止法制定に向けて、日本も動き出すべき段階であろう。

イギリスが機密情報のネットワークである「ファイブ・アイズ」への日本の参加に賛同してくれていることも利用しながら、これに向けた環境整備を進めていくという打ち出しは理にかなっている。

現状の中国の脅威に対応した体制を日本も整えていくべきだ。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のウォール・ストリート・ジャーナルの記事
https://www.wsj.com/articles/chinese-diplomats-helped-visiting-military-scholars-in-the-u-s-evade-fbi-scrutiny-u-s-says-11598379136
ネタ元のアメリカ司法省の発表
https://www.justice.gov/opa/pr/nasa-researcher-arrested-false-statements-and-wire-fraud-relation-china-s-talents-program
Space Coast Dailyからの引用画像(Zhengdong Cheng)
https://spacecoastdaily.com/wp-content/uploads/2020/08/Zhengdong-Cheng.jpg
Foreign Briefからの引用画像(中国人民解放軍)
https://www.foreignbrief.com/wp-content/uploads/2017/10/Парад_в_честь_70-летия_Великой_Победы_-_40-1024×632.jpg
ロイターからの引用画像(中国領事館)
https://s2.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20200722&t=2&i=1526740304&r=LYNXNPEG6L1CG&w=1280
technologynetworksからの引用画像(spy)
https://cdn.technologynetworks.com/tn/images/thumbs/jpeg/640_360/why-a-gaming-ai-is-the-best-spy-327496.jpg
YouTubeのサムネイルからの引用画像(千人計画)
https://i.ytimg.com/vi/PDz98OXEYCI/maxresdefault.jpg
Wikimediaからの引用画像(NASA)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/e/e5/NASA_logo.svg/1224px-NASA_logo.svg.png
YouTubeのサムネイルからの引用画像(スパイ防止法)
https://i.ytimg.com/vi/hyVq8pU9220/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    暴かれてきた膨大な闇の繋がり! 民主党・ドミニオン・CIA・共産国家群!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. 安全保障

    おっとビックリ! 尖閣列島に米軍基地構想!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!マッ…

  3. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

    中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。…

  4. 安全保障

    中共体制を潰す! ポンペオ演説!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 経済

    やっぱりね! 国産大型ジェット機開発に、中国は国家ぐるみで組織的なハッキング!(朝香 豊)

    アメリカのサイバーセキュリティ企業「クラウドストライク」は、中…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国企業のデフォルト急増! 中国最大不動産企業もデフォルト危機へ!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    ナヴァロ報告書第3弾発表! 「トランプは勝っていた」を最終確認!(朝香 豊)
  3. 経済

    韓国の消費者金融業の破綻が相次ぐ! ヤミ金に走るしかなくなるか? (朝香 豊)
  4. 安全保障

    「新型コロナの流行は中国のせい」は濡れ衣だとし、アメリカを脅す! 中国外交部!(…
  5. 安全保障

    米軍から韓国軍への戦時作戦統制権の移管はやめろ! 歴代の韓国軍トップが連名で建議…
PAGE TOP