安全保障

敵基地攻撃能力の保持は当然! 河野太郎氏の欺瞞を許すな!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

北朝鮮が弾道ミサイルばかりでなく、巡航ミサイルの開発を行い、早速日本海に向けて発射実験を行った。こうした中で日本の安全保障にはリアルな方向性がますます切実に求められるようになった。日本が整備してきたミサイル防衛システムは弾道ミサイルしか対応できず、巡航ミサイルには対応できないからだ。

こうした環境下で戦われている自民党の総裁選挙であるが、未だに現実離れした国防論議を行う候補者もいる。

目下総裁選挙の最有力候補と目されている河野太郎氏は、「軍事力で戦う以前にサイバー戦や情報戦、経済的なことを含め、そういう時代になっている。敵基地攻撃能力ではなく、抑止をどうするか、それ以前にもっと現実的な課題として、今申し上げたようなことをやっていかなければならないと思っています」と答えた。

河野氏の認識では、敵基地攻撃能力は抑止と結びつかないことらしい。サイバー戦、情報戦、経済戦も重要なのは私も大いに賛同するが、敵基地攻撃能力も同様に持てばいいだけではないか。なぜ、二者択一的に捉える思考に陥るのか、全く理解できない。

河野氏も自らの矛盾した言動には恐らく気付いているとは思う。それでも「タカ派」と見られることが親中派の反発を招き、自らの支持を引き下げることにつながりかねないことを警戒しているということなのだろう。そうしたことで国防の議論を非現実な方向に後退させてもいいと考えるような人間を、総理・総裁に担ぐわけにはいかない。

これに対して対抗馬の岸田文雄氏は、敵基地攻撃能力の保有も検討する姿勢を示している。この点では一応の評価はできる。だが、兵器の進化状況を考えれば、もう少し深いところまで突っ込んで考えるべきではないか。

もう一人の対抗馬である高市早苗氏は、先に相手国の基地を実質的に無力化した国が勝利するという現実から目を逸らさない議論を展開している。そしてこの敵基地攻撃の中で特に高市氏が法整備が必要だとしているのがサイバー攻撃の能力である。先制的なサイバー攻撃能力を含めた敵基地攻撃能力の整備が必要だということを、高市氏は率直に語っているのである。このような高市氏の正直さと比べた場合に、河野氏の主張の欺瞞さは明瞭であろう。

こうした高市氏の姿勢を「危険」「右翼」となじる方々に尋ねたいのは、中国も北朝鮮も初めから敵基地攻撃能力を保有しているという事実をどう考えるのかということだ。両国は核兵器も持ち、先制攻撃もでき、敵基地攻撃能力どころか、敵地全てに対して無差別に攻撃する能力も持っているのである。なぜ日本が中国や北朝鮮に対して明らかに軍事的に劣る状態にし、さらにその手足を縛らないと危険であるのかについて、きちんとした説明をしてもらいたいものだ。

当然の話だが、敵基地攻撃能力を持ったからといって、実際に敵基地攻撃を行うかどうかは全く別の話である。日本に対して舐めた行動を起こさせないためにも、国防のために敵基地攻撃の保有を正面から据えるべきである。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

nhk.or.jpの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210914/k10013257941000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_003
高市早苗氏の画像
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a7/Sanae_Takaichi.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    韓国のルノーサムスンが夜間生産を停止! 強硬な組合員を排除して昼間だけ生産へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ルノ…

  2. 安全保障

    WHOが全員検査を勧告! やはり背景には中国か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  3. 人権・民主主義

    香港デモで、警察スパイが店舗破壊か? 証拠映像! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元日…

  4. 安全保障

    武漢市が新型コロナウイルス発生の模擬演習をしていた! これが偶然か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!昨年…

  5. 人権・民主主義

    香港立法会選挙1年延期! 進む中国の切り離し!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  6. 人権・民主主義

    15日にも、韓国検察特捜部の縮小を閣議決定へ!(朝香 豊)

    「検察改革」に執念を燃やす韓国の文在寅政権は、韓国検察特捜部を…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「台湾と国交を!」ドイツでの請願活動に2万人超が既に署名! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国に5Gの市民監視用のロボット警官が登場! 中国の監視社会化はどこまで進むのか…
  3. 安全保障

    韓国の統一外交安保特別補佐官が、従来アメリカが果たしてきた役割を中国に期待すると…
  4. 安全保障

    米新安保担当補佐官に人質解放に実績の高いオブライエン氏選出! ただし懸念もある!…
  5. 安全保障

    新型コロナウイルスで渡航制限の拡大を検討! トランプ大統領!(朝香 豊)
PAGE TOP