安全保障

やはり中国の影響は大きかった! 前回のWHOのウイルス起源報告! 調査団長が内幕暴露!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

前回の武漢でのWHOの調査団を率いたピーター・ベン・エンバレック氏は、調査団の中にいた中国の団員(複数)が、ウイルスの起源を武漢ウイルス研究所に結びつけることに反対し、調査団の調査結果に影響を及ぼしていたことを明らかにした。

中国の団員たちは研究所漏洩説は「極めてありえない」とし、研究所についてさらに調査することに反対した。結局、研究所漏洩仮説についてさらなる調査を推奨しないという条件付きで、報告書の中に研究所漏洩説について触れることに同意されたという。

エンバレック氏はヒューマンエラーによる漏洩はありえたが、中国の政治システムによってそれが認められなかったことをほのめかした。

7月になってWHOのテドロス事務局長も、ウイルスの起源について研究所起源説を除外するのは時期尚早だと述べていたが、WHOの中では中国の言うことにこれ以上付き合うわけにはいかないという流れが生まれているのだろう。

おそらくはWHO以外でも同じような流れができてきているのではないかとも推察する。

興味深い傾向である。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

news.yahoo.comの記事
https://news.yahoo.com/expert-says-chinese-officials-pushed-190751654.html
エンバレック氏の画像
https://company.tv-asahi.co.jp/OG.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  4. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  5. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    鄱陽湖は意図的に決壊! 中国南部の豪雨!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 道理

    トランプ再選の切り札は封印か? トランプ大統領は怒り心頭!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  3. 人権・民主主義

    北京オリンピック協賛スポンサーに対して圧力! 国際人権団体!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    北朝鮮、核・ICBM実験の再開を宣言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  5. 中国

    中国発の原因不明の肺炎! 香港・マカオ・台湾・韓国にも拡大!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 人権・民主主義

    トランプ陣営への不当な盗聴! FBI機密文書公開でより明確に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ス…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「国家安全維持公署」の署長が決定! 対デモ鎮圧強硬派! (朝香 豊)
  2. 経済

    全く信用できない中国のGDP統計! 2021年もありえない数字を並べまくる!(朝…
  3. 人権・民主主義

    昭和天皇が燃やされる映像作品はヘイトではない=東大特任助教! (朝香 豊)
  4. 道理

    トランプ完全復活! 逃げるバイデン!(朝香 豊)
  5. 経済

    中国政府が安価な賃貸住宅を供給する意向を示す! バブル潰しにさらに一歩進める!(…
PAGE TOP