安全保障

やはり中国の影響は大きかった! 前回のWHOのウイルス起源報告! 調査団長が内幕暴露!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

前回の武漢でのWHOの調査団を率いたピーター・ベン・エンバレック氏は、調査団の中にいた中国の団員(複数)が、ウイルスの起源を武漢ウイルス研究所に結びつけることに反対し、調査団の調査結果に影響を及ぼしていたことを明らかにした。

中国の団員たちは研究所漏洩説は「極めてありえない」とし、研究所についてさらに調査することに反対した。結局、研究所漏洩仮説についてさらなる調査を推奨しないという条件付きで、報告書の中に研究所漏洩説について触れることに同意されたという。

エンバレック氏はヒューマンエラーによる漏洩はありえたが、中国の政治システムによってそれが認められなかったことをほのめかした。

7月になってWHOのテドロス事務局長も、ウイルスの起源について研究所起源説を除外するのは時期尚早だと述べていたが、WHOの中では中国の言うことにこれ以上付き合うわけにはいかないという流れが生まれているのだろう。

おそらくはWHO以外でも同じような流れができてきているのではないかとも推察する。

興味深い傾向である。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

news.yahoo.comの記事
https://news.yahoo.com/expert-says-chinese-officials-pushed-190751654.html
エンバレック氏の画像
https://company.tv-asahi.co.jp/OG.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    韓国が中国の核の傘の下に入ることを検討か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!韓国の…

  2. 人権・民主主義

    “Dappi”問題での立憲民主党の動きは不合理! 立憲民主党は自由を抑圧する…

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

  3. 人権・民主主義

    フェイスブックがトランプ投稿を削除! リベラル・ファシズムを許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  4. 人権・民主主義

    「慰安婦ビジネス」が明らかになった尹美香氏! 反日活動に大打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元慰…

  5. 人権・民主主義

    ミシガン州が17万7千人の有権者登録を削除!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ミシ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    西側企業・国家機関内部に中共支部! 195万人の中共党員データがリーク!(朝香 …
  2. 人権・民主主義

    カナダで中国の人権状況を批判する動きが相次ぐ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    日米台で安全保障に関するシンクタンクの会議を開催!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国の投資会社の株式を未だに保有! ハンター・バイデン!(朝香 豊)
  5. 外交

    新型コロナウイルスを武漢に持ち込んだのは米軍では? 中国がアメリカに反撃!(朝香…
PAGE TOP