安全保障

やはり中国の影響は大きかった! 前回のWHOのウイルス起源報告! 調査団長が内幕暴露!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

前回の武漢でのWHOの調査団を率いたピーター・ベン・エンバレック氏は、調査団の中にいた中国の団員(複数)が、ウイルスの起源を武漢ウイルス研究所に結びつけることに反対し、調査団の調査結果に影響を及ぼしていたことを明らかにした。

中国の団員たちは研究所漏洩説は「極めてありえない」とし、研究所についてさらに調査することに反対した。結局、研究所漏洩仮説についてさらなる調査を推奨しないという条件付きで、報告書の中に研究所漏洩説について触れることに同意されたという。

エンバレック氏はヒューマンエラーによる漏洩はありえたが、中国の政治システムによってそれが認められなかったことをほのめかした。

7月になってWHOのテドロス事務局長も、ウイルスの起源について研究所起源説を除外するのは時期尚早だと述べていたが、WHOの中では中国の言うことにこれ以上付き合うわけにはいかないという流れが生まれているのだろう。

おそらくはWHO以外でも同じような流れができてきているのではないかとも推察する。

興味深い傾向である。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

news.yahoo.comの記事
https://news.yahoo.com/expert-says-chinese-officials-pushed-190751654.html
エンバレック氏の画像
https://company.tv-asahi.co.jp/OG.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 安全保障

    米内務省、中国製ドローン800機を使用停止! 調査開始へ! (朝香 豊)

    アメリカの内務省は、保有する中国製のドローン全ての利用を停止し…

  2. 道理

    東京オリンピックでの旭日旗の使用は、個別事案ごとに判断するだって? 明らかに一歩後退だ!

    東京オリンピックでの旭日旗の使用禁止を韓国政府が要求しているこ…

  3. 経済

    中国経済の崩壊! 中国政府も認識!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    湖北省観光客のビザを延長! 彼らの健康は日本政府が責任を持つことか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!大阪…

  5. 経済

    ジャック・マーがアリババ取締役を退任! 進む毛沢東路線への回帰!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アリ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    深刻な中国の銀行の資本不足! 世界経済最大の撹乱要因!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    厚労省のウイルス対応の目安は現実的ではない! もっと「危ない」提案を求める!(朝…
  3. 人権・民主主義

    ミシガン州が17万7千人の有権者登録を削除!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    米企業のファーウェイへの技術・製品輸出を認める! 改めて示したバイデン政権の親中…
  5. 安全保障

    新型コロナの起源についてアメリカで急展開 ! 動きつつある武漢ウイルス研究所起源…
PAGE TOP