人権・民主主義

銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「黒人の命は大切だ」とするBLM運動や、トランプ大統領の進める政治をあたかもファシズムであるかのように見立ててこれに反対するアンティファの活動が活発化する中で、アメリカでは銃による犯罪が高まっている。

この8月を通じてニューヨークでは1000件もの銃犯罪が発生したが、検挙率は例年の30%から33%を大幅に下回る20%程度に留まったことがわかった。

黒人が多く住むブルックリンでは8月23日までに440件ほどの銃犯罪が起こったが、これはかつてない数だ。

ブルックリンでのBLM運動 黒人が多い

ブルックリンでは銃犯罪を犯しているのは圧倒的に黒人が多いが、銃犯罪の被害者も圧倒的に黒人が多い。

銃犯罪を犯す黒人の命のことをBLM運動は問題にするが、銃犯罪が増えることで犠牲になっている黒人の命のことは問題にしない。

黒人が多く居住する地区で銃犯罪が増えているのは、BLM運動には皮肉だろう。

一方同期間のブルックリンでの検挙数は70件程度にとどまっており、検挙率は15%程度となっている。

この検挙率の低さもかつてないレベルである。

犯人逮捕時における警察の「横暴」が問題視される中で、犯人を捕まえるための積極的な行動が自粛され、取り逃がすことが増えているからだ。

「横暴」だと見なされれば、警察から解雇され、さらに起訴される懸念がある。正義感から深追いするのは「危険」なのである。

しかも警察の「横暴」を理由として警察予算が削減されており、警察官の人数が減っても補充が行われず、勤務時間も削減されている。

私服警官による銃取締りのチームも解散した。

こうした警察力の低下が、犯罪に走ろうとする誘因を高めることにも繋がっている。

こうした全体構図を捉えたときに、BLM運動の本質が見えてくるだろう。

「人種差別」を問題にしているように見えながら、実は警察権力を弱体化させ、暴力犯罪をやりやすくして、社会に混乱と無秩序を広げているのである。

なおBLM運動は、ガーザ、カラーズ、トメティの3名の呼びかけによって作られたものだが、この3人は公然とマルクス主義への親しみを述べる共産主義者であることも忘れるべきではない。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNY POSTの記事
https://nypost.com/2020/09/06/nypd-shooting-arrest-rate-barely-tops-20-percent-as-gunplay-surges/?utm_source=maropost&utm_medium=email&utm_campaign=news_alert&utm_content=20200906&mpweb=755-9075690-720667516
Bklynerからの引用画像(ブルックリンでのBLM運動)
https://bklyner.s3.us-east-1.amazonaws.com/bklyner/wp-content/uploads/2020/06/btlm_caribean_dbowles-0236-1536×1025.jpg
The Conversationからの引用画像(Antifa)
https://i1.wp.com/indiandefencenewslatest.com/wp-content/uploads/2019/10/China-downplays-Quad-India-US-Japan-Australia-Meet.png?resize=640%2C410&ssl=1
NY Daily Newsからの引用画像(ニューヨーク市警察)
https://www.nydailynews.com/resizer/u3aHQvljiC9PH-sN1sqLISDnKrw=/800×534/top/cloudfront-us-east-1.images.arcpublishing.com/tronc/AIXCKEPPFJCIDFDMHN2WDUVUTY.JPG
FOXからの引用画像(警察予算削減要求デモ)
https://images.foxtv.com/static.fox29.com/www.fox29.com/content/uploads/2020/06/932/524/1b2a6905-GettyImages-1217232855.jpg?ve=1&tl=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港デモで大学生が死亡! 香港の民主化運動は新たな局面に!(朝香 豊)

    香港では警察と民主化を求めるデモ隊の対立が続く中、衝突の犠牲者…

  2. 安全保障

    軌道修正始めた専門家たち! コロナの爆発的事態はない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 人権・民主主義

    ウイグル政策の継続を、中国政府が明言! 形は変わるかも?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!ショハ…

  4. 道理

    韓国の日本批判には効果的な反論を!

    韓国政府はAPECの会合で相変わらずの日本批判を展開。これ…

  5. 道理

    国立アイヌ施設「ウポポイ」開業! こんな施設が必要か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北海…

  6. 人権・民主主義

    トランプ陣営がニューヨークタイムズを提訴! これで民主党は壊滅する!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    キャリー・ラム行政長官、辞任されてはいかがですか?
  2. 安全保障

    中国がオランダに医療物資の輸出を止めると脅す! 台湾問題で! (朝香 豊)
  3. 経済

    中国の1〜2月の輸出は、前年比17%減! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    米上院議員が相次いで中国共産党とWHOを非難! 手を緩めないアメリカ!(朝香 豊…
  5. 外交

    米中対立で中国が反撃! 近く米関連のブラックリストを公表へ!(朝香 豊)
PAGE TOP