経済

韓国の就業者実績が過去最高だと発表! そんなわけないだろ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

韓国の2月の新規就業者数が1年前に比べ49万人増え、15歳以上の雇用率は60.0%で、2月としては過去最高であり、15〜64歳の雇用率も66.3%で、これまた過去最高となったと、韓国政府は発表した。

これだけ聞けば、韓国の経済は絶好調そのものということになりそうだが、そんなわけは当然ない。

これは統計上のトリックで、経済の実態とはかけ離れたものだ。

そんな当たり前の事実に韓国民は気がつくわけはないと、韓国政府はどうやら思っているようだ。

さて、このトリックを解説してみよう。

このところ文在寅政権が力を入れているのが、60歳以上の短時間アルバイトだ。

1週間に数時間しか働いていないが、職はあるとは言えるので、「失業者」にはならないという算段である。

しかもこうした人たちを雇い入れているのは民間ではなく、政府だ。

どんな仕事をしているのかといえば、例えば役所の業務の終わり頃に来て、部屋の電気を消して回るようなものだ。

部屋を最後に出る人が電気を切ればすむところに、わざわざ無駄な雇用を作り出しているだけというのが実態である。

こうした短期アルバイトを政府主導で1年前より57万人も増やしているのだ。

さて、政府が短期アルバイトを57万人増やしているのに、就業者数の増加が49万人に留まっているのはどういうことだろうか。

このような必要度の低い短期アルバイトを除けば、実質的な雇用は8万人減少しているということになるだろう。

しかも、この短期アルバイトはみんな働いているのかと言えば、そうではない。

この57万人のうち36万人は、新型コロナウイルスの感染の広がりを理由として、実は今は就業が止められているのだ。

それでも彼らは「一時休業者」であって、「失業者」ではないから、「就業者」にカウントすべきだというのが政府の見解だ。

こうした統計上のトリックを使っていながら、文在寅政権は「雇用指標改善の流れが続いており幸いだ」と自画自賛している。

こんな政権は潰れるべきだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の朝鮮日報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/12/2020031280077.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  5. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    今度はワインを標的! 進む中国のオーストラリアいじめ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    南部は豪雨、北部は異常な気温低下! バッタの大量発生にも苦しむ中国! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 経済

    中国の賃金未払い問題が地方政府レベルでも広がる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 経済

    誤解の大きいRCEP! まずは事実確認から!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!RC…

  5. 経済

    韓国企業が海外進出を積極化! 文政権の経済政策のために国内に見切りをつけている! (朝香 豊)

    これまでの韓国経済は、保守派政権が財閥企業の育成などの産業重視…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    一帯一路の鉄道プロジェクトの詳細を機密扱いに! ハンガリー議会!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港市民が活用するアプリがApp Storeから削除へ! 中国の圧力か!(朝香 …
  3. 道理

    WHOの会計を精査せよ! 不都合な真実! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    監視カメラ設置台数の多い都市世界ランキングのトップ5は全て中国の都市! 当たり前…
  5. 経済

    万国郵便連合からのアメリカの脱退は寸前で回避! (朝香 豊)
PAGE TOP