安全保障

モデルナもファイザーも安全性に問題なし! 新型コロナワクチン!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルス感染症対策としてのワクチン接種について、「ワクチン接種後に死亡0.003% 米国内で1170件」の情報が独り歩きして、ワクチンにかなりの危険性がはらんだものであるかのような宣伝が広がっている。だが、そのように受け取るとしたら、それは実際とは全く違うと言わざるをえない。

「ワクチン接種後に死亡0.003% 米国内で1170件」の情報は、アメリカのCDC(疾病管理予防センター)が発表しているものであり、間違いはない。

「ならばやっぱり危険なんじゃないか」と思ってしまう人もいるだろうが、「ワクチン接種後に死亡」は単純に時系列として並べただけの話で、「ワクチン接種の副反応として死亡」というのとは全く意味が違う。ワクチン接種後に交通事故に遭って死亡した場合であっても、「ワクチン接種後に死亡」の例の中に入る。アメリカでは高齢者へのワクチン接種が行われており、ワクチン接種後にぜんぜん違う原因で寿命を迎えるケースも多いことを理解した上で、この数字を見るべきだ。

CDCは交通事故などのケースも全て例外なく集めた上で、思いもしない因果関係によって死亡に至ることがあるかもしれないと考え、1170件の死亡事例について1件1件調査を行っている。その中でワクチン接種が原因であるとみなせる可能性のあるパターンは見つかっていないというのがCDCの見解である。

CDCはこのことについて「ワクチン接種後にVAERS(ワクチン有害事象報告システム)に寄せられた死亡の報告例は、ワクチンが死を引き起こしたということを必ずしも意味するものではない」「現在までのところVAERSはCOVID-19ワクチンについて安全性の問題を指し示す死因パターンを検出していない」と書いている。

もしもCDCがワクチンの有害性を隠蔽したいのであれば、ワクチン接種後に死亡した事例が1170件に及び、全体の0.003%に相当するという事実そのものを隠蔽するのではないだろうか。

ちなみに大規模な接種が始まる前の治験段階でも13名の死亡例が確認されている。このうちワクチン投与群は6人、プラセボ(偽薬)投与群は7人であり、ワクチン投与によって死亡率が上がったとは全く言えないだろう。

もちろん少数にアナフィラキシー症状(重篤なアレルギー症状)が出る場合もあることをCDCは認めている。これは100万人あたり2〜5人とされている。そしてアナフィラキシー症状が出た場合に、効果的に直ちに扱える薬剤を用意しているとし、この点について過剰な心配はいらないことを付け加えている。

「ベルまひ」と呼ばれる顔面神経まひの発症についても報告されているが、治験ではワクチン投与群では3人、プラセボ投与群では1人の計4人に症状が現れ、うち3人は自然治癒したとされている。残りの一人がワクチン投与群かプラセボ投与群かは明らかではない。

ただし、接種部位の痛み、疲労感、頭痛などの軽い副反応は当たり前のように一時的に生じることは事前に理解しておいた方がよいだろう。

m-RNAワクチンであることから、遺伝子改変につながるという誤解もあるようだが、m-RNAが細胞の核内に入ることはなく、DNAの改変に影響を及ぼすことはできない上、細胞内でも数日のうちには分解されることは知っておいていいのではないかと思う。

こうした観点から見て、アメリカで接種されているファイザーやモデルナのワクチンについての安全性は担保されていると考えてよいのではないだろうか。

自分が接種するかどうかは自分自身で判断すればいいが、客観的な考察としては安全性に問題があるということにはならないと判断している。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.cdc.govの報告
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/vaccines/safety/adverse-events.html
コロナワクチンの画像
https://sustainablejapan.jp/wp-content/uploads/2020/12/covid-19.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  4. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 道理

    国立アイヌ施設「ウポポイ」開業! こんな施設が必要か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北海…

  2. 安全保障

    台湾のマスク管理を学べ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  3. 安全保障

    オーストラリア政府、外国勢力の干渉防止のための新部隊設置へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!オース…

  4. 安全保障

    露独の天然ガスパイプラインに暗雲! ロシア反体制指導者毒殺未遂で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロシ…

  5. 安全保障

    第2次朝鮮戦争の可能性高いと、ハーバード大教授が警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!クリン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    「歴史的合意」」なのに、石油価格は低迷を続ける! 壊れる世界経済!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港警察は警官の発砲で瀕死に陥った高校生を「暴動罪」で起訴! 証拠をでっち上げか…
  3. 人権・民主主義

    黒人犯殺害で、アトランタ警察署長辞任! 「黒人の命」より「警察解体」!(朝香 豊…
  4. 安全保障

    イラン政府が新型コロナで情報隠蔽の疑い!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国で拘束された商社マンに、懲役3年の実刑判決!(朝香 豊)
PAGE TOP