道理

英軍ラグビーチームが靖国を訪問したことに関する韓国の報道は実はフェイクではない! (朝香 豊)

英軍ラグビーチームが靖国神社と遊就館を訪問して、記念撮影の写真をチームのツイッターにアップして英国大使から叱責されたと英タイムズが報道したとの韓国の報道があった。

これはフェイクニュースだ、英国大使館がこれを否定するツイッターを挙げた、というのがネット界の大勢を占めているが、残念ながらこれは実は韓国の報道の方が正しい。

タイムズは “UK military rugby team visit shrine for war criminals in Japan”(英軍のラグビーチームが日本にある戦争犯罪者たちの神社を訪問)という見出しで、このことを記事にしている。

この見出しでわかるように、この記事自体がものすごい偏見によって作られたものだ。

タイムズには “Members of the UK Armed Forces rugby team have been dressed down by Paul Madden, British ambassador to Tokyo, after being given a guided tour of the Yasukuni Shrine”(英軍のラグビーチームのメンバーは、靖国神社を案内してもらった後で、在東京の英国大使であるポール・マデン氏によって叱責された。)との記述がある。

では、英国大使のツイッターはどうなんだと言いたくなるだろうが、あのツイッターも逃げを打っていることに気をつけるべきだ。

ツイッターには「英国大使はこれまでに、神社を訪問しないようにと誰かに指示したことはありません」との記述はあるが、これは「神社(一般)を訪問しないようにと誰かに指示したことはありません」という意味であって、「靖国神社を訪問しないようにと指示したことがない」という意味ではないのだろう。

また別のツイッターの「英国政府は靖国神社参拝に関して様々な考えがあることを理解しています」というのは、「靖国神社参拝に関して否定的な意見があることに配慮せよ」との指示を出していても矛盾しない内容だ。

この件に関しては、英国大使館が肝心なところをごまかして、なんとか穏便に済ませたいというのが実際のところだと理解した方がよい。

韓国報道を一方的にフェイクだとする情報がネット上では大勢だが、これはフェアではない。

これと関連するタイムズの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  5. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    トランプの不当圧力記事は誤報! ワシントン・ポストが訂正記事!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 人権・民主主義

    森元首相の一連の発言が炎上! 問題は森氏に対する賛否ではない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!森元…

  3. 道理

    トランプとバイデンの支持率は事実上逆転! 米大統領選挙!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!エマ…

  4. 人権・民主主義

    本当は圧勝だったトランプ! シドニー・パウウェル弁護士が明かす!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!シド…

  5. 安全保障

    日本学術会議6人除外に警察出身の杉田官房副長官が関与? 公安上の問題か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「日…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    TikTokで中国のウイグル政策を批判した女子高生、アカウントが一時停止に! (…
  2. 安全保障

    バイデン一家の腐敗レポート第3弾! 米上院が公表!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    米共和党は中国大使館前の通りの変更を提案! 李文亮プラザ!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    イベルメクチンの高い有効性を証明! インドのウッタル・プラデーシュ州!(朝香 豊…
  5. 安全保障

    ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)
PAGE TOP