道理

英軍ラグビーチームが靖国を訪問したことに関する韓国の報道は実はフェイクではない! (朝香 豊)

英軍ラグビーチームが靖国神社と遊就館を訪問して、記念撮影の写真をチームのツイッターにアップして英国大使から叱責されたと英タイムズが報道したとの韓国の報道があった。

これはフェイクニュースだ、英国大使館がこれを否定するツイッターを挙げた、というのがネット界の大勢を占めているが、残念ながらこれは実は韓国の報道の方が正しい。

タイムズは “UK military rugby team visit shrine for war criminals in Japan”(英軍のラグビーチームが日本にある戦争犯罪者たちの神社を訪問)という見出しで、このことを記事にしている。

この見出しでわかるように、この記事自体がものすごい偏見によって作られたものだ。

タイムズには “Members of the UK Armed Forces rugby team have been dressed down by Paul Madden, British ambassador to Tokyo, after being given a guided tour of the Yasukuni Shrine”(英軍のラグビーチームのメンバーは、靖国神社を案内してもらった後で、在東京の英国大使であるポール・マデン氏によって叱責された。)との記述がある。

では、英国大使のツイッターはどうなんだと言いたくなるだろうが、あのツイッターも逃げを打っていることに気をつけるべきだ。

ツイッターには「英国大使はこれまでに、神社を訪問しないようにと誰かに指示したことはありません」との記述はあるが、これは「神社(一般)を訪問しないようにと誰かに指示したことはありません」という意味であって、「靖国神社を訪問しないようにと指示したことがない」という意味ではないのだろう。

また別のツイッターの「英国政府は靖国神社参拝に関して様々な考えがあることを理解しています」というのは、「靖国神社参拝に関して否定的な意見があることに配慮せよ」との指示を出していても矛盾しない内容だ。

この件に関しては、英国大使館が肝心なところをごまかして、なんとか穏便に済ませたいというのが実際のところだと理解した方がよい。

韓国報道を一方的にフェイクだとする情報がネット上では大勢だが、これはフェアではない。

これと関連するタイムズの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  2. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    79%がバイデン勝利は無効! トランプ支持の有権者!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リベ…

  2. 人権・民主主義

    ドイツのメルケル首相が中国に対して香港の件で釘をさす!

    いいぞ、メルケル!ドイツのメルケル首相は中国の李克…

  3. 人権・民主主義

    低レベルないじりの太田光! 番組を準備したTBSの責任も大!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!爆笑…

  4. 道理

    数万ドルの献金で麻薬犯でも赦免! 北朝鮮!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!北朝鮮…

  5. 道理

    パウエル弁護士、放逐! これについての自分の推測!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!パウ…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon
  2. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 経済

    コロナ対策で社会主義化は必然! 中野剛志氏! (朝香 豊)
  2. 経済

    アリババいじめがさらに強化! 民有企業の活力を奪う習近平!(朝香 豊)
  3. 経済

    中国リニアが時速600キロ試験走行成功! 怒れ、日本の技術流出!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    クルーズ船の感染は日本の不手際ではない! 日本政府は世界に訴えよ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    無法地帯が生まれたシアトル! 背後に組織があるのは確実!(朝香 豊)
PAGE TOP