道理

英軍ラグビーチームが靖国を訪問したことに関する韓国の報道は実はフェイクではない! (朝香 豊)

英軍ラグビーチームが靖国神社と遊就館を訪問して、記念撮影の写真をチームのツイッターにアップして英国大使から叱責されたと英タイムズが報道したとの韓国の報道があった。

これはフェイクニュースだ、英国大使館がこれを否定するツイッターを挙げた、というのがネット界の大勢を占めているが、残念ながらこれは実は韓国の報道の方が正しい。

タイムズは “UK military rugby team visit shrine for war criminals in Japan”(英軍のラグビーチームが日本にある戦争犯罪者たちの神社を訪問)という見出しで、このことを記事にしている。

この見出しでわかるように、この記事自体がものすごい偏見によって作られたものだ。

タイムズには “Members of the UK Armed Forces rugby team have been dressed down by Paul Madden, British ambassador to Tokyo, after being given a guided tour of the Yasukuni Shrine”(英軍のラグビーチームのメンバーは、靖国神社を案内してもらった後で、在東京の英国大使であるポール・マデン氏によって叱責された。)との記述がある。

では、英国大使のツイッターはどうなんだと言いたくなるだろうが、あのツイッターも逃げを打っていることに気をつけるべきだ。

ツイッターには「英国大使はこれまでに、神社を訪問しないようにと誰かに指示したことはありません」との記述はあるが、これは「神社(一般)を訪問しないようにと誰かに指示したことはありません」という意味であって、「靖国神社を訪問しないようにと指示したことがない」という意味ではないのだろう。

また別のツイッターの「英国政府は靖国神社参拝に関して様々な考えがあることを理解しています」というのは、「靖国神社参拝に関して否定的な意見があることに配慮せよ」との指示を出していても矛盾しない内容だ。

この件に関しては、英国大使館が肝心なところをごまかして、なんとか穏便に済ませたいというのが実際のところだと理解した方がよい。

韓国報道を一方的にフェイクだとする情報がネット上では大勢だが、これはフェアではない。

これと関連するタイムズの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  3. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    大阪で新たに149人感染! だが重傷者はゼロ! 進む弱毒化?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!大阪…

  2. 道理

    日韓首脳対話は、韓国が周到な準備の上での不意打ち! 撮影も無断だった!(朝香 豊)

    韓国大統領府が公表した、安倍総理と文在寅大統領の面談の写真は、…

  3. 安全保障

    バイデン一家への外国からの資金は14年前から! 迂回手段はヘッジファンド!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 道理

    韓国検察の中に文在寅に反旗を翻す動きが現れる!

    韓国検察はチョ・グク氏の妻を在宅起訴した。娘の総長…

  5. 人権・民主主義

    ツイッターもフェイスブックも偏向していた! 上院公聴会で明らかに!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 道理

    経産省、韓国の「遺憾の意」を完全否定!(朝香 豊)

    日韓の貿易管理に関する政策対話の再開について、韓国大統領府の鄭…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 経済

    北朝鮮のマネロンに中国人が関与! 米の真のターゲットは中国の銀行かも!(朝香 豊…
  2. 人権・民主主義

    キャリー・ラム行政長官、辞任されてはいかがですか?
  3. 人権・民主主義

    トランプ共和党 続々と敗北! ケンタッキー州知事選挙でも!(朝香 豊)
  4. 中国

    「文革」が復活する中国! その一方で権力の分裂も進む!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    厚生労働省がサボタージュ?? 新型肺炎対応! (朝香 豊)
PAGE TOP