安全保障

ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

イランで起きたウクライナ機の墜落事故に関して、イランが地対空ミサイルを発射し、撃墜した疑いが濃厚となった。

イラン政府は、「アメリカ人と航空機メーカーにはブラックボックスを渡さない」としているが、事故機を製造したボーイングにフライトレコーダーやボイスレコーダーの解析すらさせないというのは、理屈が通らない。

イラン側は同機が自国のミサイルで撃墜された事実を知りつつ、それを公式に認めるわけにはいかないため、必死でごまかしていると考えるのが自然である。

さて、ここから先は私の独断にすぎないことをあらかじめ断った上で、勝手な推論を書かせてもらう。

自分の見立ては、イラン政府内部の反ハメネイ派の犯行ではないかというものだ。

つまり、革命防衛隊内部にも反ソレイマニ・反ハメネイ派がいて、「誤射」のふりをして意図的にミサイルを飛ばしたのではないかというものだ。

現在のハメネイ体制に不満を持っているイラン国民が非常に多くいることは、各地で頻発している大規模デモでも明らかだ。

一連のデモの弾圧で、すでに1500名が亡くなっていると、アメリカ政府は発表している。

アメリカの資産凍結を解除された際の膨大な資金を、イラン政府は対外テロ工作費にどんどん注ぎ込み、国民生活の改善に十分利用しなかった。

今やその資金が枯渇して、コッヅ部隊の工作資金をイラン国民から徴収せざるをえなくなった。

国民生活を犠牲にして対外テロ活動をどんどん進めることへの反発は、国内では相当に強い。

なにかのきっかけを利用して、ハメネイ体制に打撃を加えたいと思っている人があちこちにいてもおかしくないだろう。

本来完全な身内であるはずの革命防衛隊内部に、反ハメネイ派がいることなど、絶対に知られたくない話だから、ミサイル発射の責任者を特定して処罰するということもなかなかできない。

とすれば、やがて撃墜されたという事実が否定できなくなった時に、イランは体制の危機を迎えることになるのではないだろうか。

あくまでも1つの可能性に過ぎないが、こういう見立ても成り立つのではと思っている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となるBBCの記事
https://www.bbc.com/japanese/51044256

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    国防権限法案2020について、米上下両院が合意!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    カナダ、中国との自由貿易交渉中止へ! 「威圧外交」で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    ソレイマニ暗殺で、却って緊張は低減する! 私の独断!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  4. 安全保障

    イタリアが脱中国の動きに転換した模様!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 安全保障

    台湾、中国向け団体旅行を全面中止へ! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    迅速合意なければ、トランプ政権は対中摩擦を激化させる?? (朝香 豊)
  2. 経済

    レジ袋の方がエコ! メーカーが主張! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    日本は2030年までにCO2を50%減らせだって! 中国は2030年まで増やすん…
  4. 安全保障

    WHOが新型コロナウイルスの感染力を過小評価! スウェーデンの研究者グループ!(…
  5. 安全保障

    労働者の安全のために、食肉生産をとめるべきか? トランプ大統領は生産を命令!(朝…
PAGE TOP