安全保障

下船させるってどういうこと? WHOの方針!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

世界保健機関(WHO)のマイク・ライアン氏は、「ダイヤモンド・プリンセス号」に留められている乗員・乗客について、「感染者は乗船者の2%以下で大きな数ではない。過剰反応しないよう気をつけたい」とし、「乗客を適切に下船させられる方法を探す必要がある」と述べた。

おいおい。

2%の感染者がいるというのは、中国の公式統計を正しいものだと認めると、武漢市の50倍以上の感染率だということになる。

中国の統計を正しいと思っているのであれば、この2%という数字は驚異的な数字だということになるはずだが、これが「大きな数ではない」とはどういうことなのだ?

現在確認したのは、症状を訴えた人や、そういう人と濃厚接触した人だけに限られている。

全員の検査を行って、2%となったわけでもないのだ。

船内に少なくとも2%の感染者が確認されていて、バイキング料理などで広がりを見せている可能性もある。

3000人以上いる乗員・乗客を現段階で日本国内で自由にさせるわけにはいかない。

症状が出ていない状態でも感染させる力があるのではないかと推定されているからだ。

感染確認者は日本で下船させ、しかるべき医療処置を受ければいい。

感染確認者以外でも日本人なら、日本で下船でもいい。

それでも念には念を入れて、国内で隔離はしたほうがいいだろう。

欧米人なども日本で下船でもいい。

そのまま羽田空港までバスで移動させるなどして、すぐさま出国手続きをとって帰ってもらえばいい。

アメリカ人は横田基地に運んでもいい。

だが、台湾人は台湾で、中国人は中国で、香港人は香港で下船させればいいではないか。

もう旅の気分でもないだろう。

それぞれの国で早く検査を受けられるようにするのがベストではないのか。

現段階で日本で下船させるって、WHOはいったい何を考えているのか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のYahoo!ニュースの記事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200208-00050185-yom-int

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

関連記事

  1. Featured Video Play Icon
  2. 安全保障

    中国共産党員と家族の米渡航禁止? 揺さぶりかけるトランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    日韓GSOMIA、破棄から一転継続へ!(朝香 豊)

    韓国の文在寅政権は、土壇場になって日韓GSOMIAの継続に方針…

  4. 安全保障

    北朝鮮産石炭、瀬取りの手法で中国に! 安保理専門家パネルが報告書!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

  5. 安全保障

    さらに危険性を増した香港国家安全法! 令状なし捜査も可能に! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国家…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    TikTokがiPhoneのデータ取得! 直したはずが直っていない!(朝香 豊)…
  2. 中国

    中国の国家発展研究院院長が「感染ゼロ」圧力で、中央政府を批判!(朝香 豊)
  3. 経済

    中国の不思議な不動産統計! 政府部内で混乱が生じている? (朝香 豊)
  4. 経済

    日本の出生数90万人割れへ! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    台湾有事の緊張高まる! 中国軍・米軍・台湾軍が臨戦態勢へ!(朝香 豊)
PAGE TOP