安全保障

下船させるってどういうこと? WHOの方針!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

世界保健機関(WHO)のマイク・ライアン氏は、「ダイヤモンド・プリンセス号」に留められている乗員・乗客について、「感染者は乗船者の2%以下で大きな数ではない。過剰反応しないよう気をつけたい」とし、「乗客を適切に下船させられる方法を探す必要がある」と述べた。

おいおい。

2%の感染者がいるというのは、中国の公式統計を正しいものだと認めると、武漢市の50倍以上の感染率だということになる。

中国の統計を正しいと思っているのであれば、この2%という数字は驚異的な数字だということになるはずだが、これが「大きな数ではない」とはどういうことなのだ?

現在確認したのは、症状を訴えた人や、そういう人と濃厚接触した人だけに限られている。

全員の検査を行って、2%となったわけでもないのだ。

船内に少なくとも2%の感染者が確認されていて、バイキング料理などで広がりを見せている可能性もある。

3000人以上いる乗員・乗客を現段階で日本国内で自由にさせるわけにはいかない。

症状が出ていない状態でも感染させる力があるのではないかと推定されているからだ。

感染確認者は日本で下船させ、しかるべき医療処置を受ければいい。

感染確認者以外でも日本人なら、日本で下船でもいい。

それでも念には念を入れて、国内で隔離はしたほうがいいだろう。

欧米人なども日本で下船でもいい。

そのまま羽田空港までバスで移動させるなどして、すぐさま出国手続きをとって帰ってもらえばいい。

アメリカ人は横田基地に運んでもいい。

だが、台湾人は台湾で、中国人は中国で、香港人は香港で下船させればいいではないか。

もう旅の気分でもないだろう。

それぞれの国で早く検査を受けられるようにするのがベストではないのか。

現段階で日本で下船させるって、WHOはいったい何を考えているのか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のYahoo!ニュースの記事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200208-00050185-yom-int

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 安全保障

    中国共産党を国際犯罪組織に指定せよ! 米議会に法案提出!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. Huawei のロゴ

    安全保障

    ファーウェイは◯か×か? 5GでEU一致の対応を! 独メルケル首相!(朝香 豊)

    ドイツのメルケル首相は、5Gの導入でEUは一致して取り組むべき…

  3. 安全保障

    自衛隊の派遣を前向きに進めよ! アフガニスタン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アフ…

  4. 安全保障

    中国へのLINEの情報漏えい疑惑浮上! 政府は厳しい対応を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    核軍縮条約への参加を、中国は拒否! 中国の本質がより明確に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメリカ…

  6. 安全保障

    コロナ不安で出生数激減! 大騒ぎの意外なツケ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    「北朝鮮はこの地域で最も差し迫った脅威」と、米司令官!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    新型コロナの最初患者は11月発症! 年末には226人! 中国政府は全部隠蔽!(朝…
  3. 経済

    矛盾の中国財政! 表は緊縮、裏は拡張!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    転覆したはずの北朝鮮漁船はどこに?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    米司法省、中国スパイ事件を相次いで告発!(朝香 豊)
PAGE TOP