安全保障

発症しても、検査でわからないことがある! 新型肺炎!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

BBCのある記事を読んでいて、武漢発の新型肺炎に関して、日本の対応で本当に大丈夫なのか、改めて疑問が大きくなった。

その記事は、中国の武漢中心医院の眼科医である李文亮氏について記されたものだ。

私がその記事で特に気になったのは、李文亮氏が新型肺炎に罹っていると判明した経緯である。

李文亮氏は、昨年の12月30日に、SARSと思われる病気が広がりを見せていることについて、SNS内の医師のグループチャットで警告メッセージを発した。

SARSの感染が広がっているから、診察にあたっては、防護服を着用して感染を防ぐようにした方がいいと、彼はアドバイスを行ったのだ。

その4日後に、公安省の職員が李文亮氏の元を訪れた。

その職員は、李文亮氏を「社会の秩序を著しく乱す」「虚偽の発言をした」として告発する内容の書かれた書簡を持ってきて、書簡に署名するよう求めた。

李文亮氏はやむなく署名を行った。

そして彼はその後、患者の診察を通じて、新型コロナウイルスに感染してしまったように思われた。

1月10日に咳が出るようになり、11日には発熱があり、12日には入院することになった。

彼は発病してから、コロナウイルスに感染しているかの検査を複数回受けたものの、そのいずれも陰性となっていた。

彼が検査で「陽性」が出たのは、なんと20日後の1月30日になってのことだった。

とすると、症状が出ていても、この新型コロナウイルスに感染しているかどうかは、必ずしもわかるものではないということを意味する。

今までは、症状が出てこない潜伏期間であっても、人に移すかもしれないということが問題視されてきた。

こちらも大いに厄介だ。

それと同様に、症状を発症していても、検査をかいくぐってしまうこともあるというのも厄介ではないだろうか。

言われてみると、インフルエンザでも、同様のことは言われていた。

となると、怪しければ、すべて隔離入院させるというのが、本来の正しい処置だということになる。

だが、病院の収容能力から言っても、そんなことは当然できない。

こうなると、僅かでも疑われる人は入国させないということが、最善策であるということになる。

下船した香港の男性が新型コロナウイルスに感染していたクルーズ船の乗客からも、10人の感染者が見つかった。

日本の対応は、もはや待ったなしの状態だ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のBBCの記事
https://www.bbc.com/japanese/51366940
画像も同じ記事から引用
https://ichef.bbci.co.uk/news/660/cpsprodpb/12557/production/_110759057_pic1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    尖閣周辺に中国船、16日連続! 日中首脳会談を受けて変化なし!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!尖閣…

  2. 外交

    中国を念頭に「法に逆行」批判! 南シナ海問題で菅義偉総理!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅義…

  3. 安全保障

    中国がコロナのアメリカ流出説で反転攻勢! 実は追い詰められている中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 中国

    韓国の無法を改めないと出席しないと管総理! 日中韓首脳会談!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!毎年…

  5. 安全保障

    中国のハニトラにかかった下院議員! ペロシは擁護!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米下…

  6. 経済

    さらに崩れている中国経済! 真実をきちんと見よう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国の情報統制は、現実離れしたレベルに! (朝香 豊)
  2. 経済

    週休3日制で、生産性が40%向上! 日本マイクロソフト!(朝香 豊)
  3. 道理

    眞子内親王がご成婚へ! 責任問われる小室圭氏!(朝香 豊)
  4. 経済

    給与の遅延や給与のカット! 大混乱に陥る中国経済!(朝香 豊)
  5. 道理

    朝日新聞系のwithnewsが「日本死ね!」の称賛記事を掲載! 事実に基づかない…
PAGE TOP