安全保障

発症しても、検査でわからないことがある! 新型肺炎!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

BBCのある記事を読んでいて、武漢発の新型肺炎に関して、日本の対応で本当に大丈夫なのか、改めて疑問が大きくなった。

その記事は、中国の武漢中心医院の眼科医である李文亮氏について記されたものだ。

私がその記事で特に気になったのは、李文亮氏が新型肺炎に罹っていると判明した経緯である。

李文亮氏は、昨年の12月30日に、SARSと思われる病気が広がりを見せていることについて、SNS内の医師のグループチャットで警告メッセージを発した。

SARSの感染が広がっているから、診察にあたっては、防護服を着用して感染を防ぐようにした方がいいと、彼はアドバイスを行ったのだ。

その4日後に、公安省の職員が李文亮氏の元を訪れた。

その職員は、李文亮氏を「社会の秩序を著しく乱す」「虚偽の発言をした」として告発する内容の書かれた書簡を持ってきて、書簡に署名するよう求めた。

李文亮氏はやむなく署名を行った。

そして彼はその後、患者の診察を通じて、新型コロナウイルスに感染してしまったように思われた。

1月10日に咳が出るようになり、11日には発熱があり、12日には入院することになった。

彼は発病してから、コロナウイルスに感染しているかの検査を複数回受けたものの、そのいずれも陰性となっていた。

彼が検査で「陽性」が出たのは、なんと20日後の1月30日になってのことだった。

とすると、症状が出ていても、この新型コロナウイルスに感染しているかどうかは、必ずしもわかるものではないということを意味する。

今までは、症状が出てこない潜伏期間であっても、人に移すかもしれないということが問題視されてきた。

こちらも大いに厄介だ。

それと同様に、症状を発症していても、検査をかいくぐってしまうこともあるというのも厄介ではないだろうか。

言われてみると、インフルエンザでも、同様のことは言われていた。

となると、怪しければ、すべて隔離入院させるというのが、本来の正しい処置だということになる。

だが、病院の収容能力から言っても、そんなことは当然できない。

こうなると、僅かでも疑われる人は入国させないということが、最善策であるということになる。

下船した香港の男性が新型コロナウイルスに感染していたクルーズ船の乗客からも、10人の感染者が見つかった。

日本の対応は、もはや待ったなしの状態だ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のBBCの記事
https://www.bbc.com/japanese/51366940
画像も同じ記事から引用
https://ichef.bbci.co.uk/news/660/cpsprodpb/12557/production/_110759057_pic1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    北朝鮮がFacebookなどを通じて、日本などの選挙にも介入か? (朝香 豊)

    VOA(ボイス・オブ・アメリカ)の報道によると、英国オックスフ…

  2. 安全保障

    ついにドイツが対アジア外交を転換! 中国と距離を取る方針へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  3. 安全保障

    イラン政府が新型コロナで情報隠蔽の疑い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  4. 安全保障

    小池百合子東京都知事の学歴詐称疑惑! 後ろ盾はエジプト政界の重鎮!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!小池…

  5. 経済

    中国の工場で「火事」が多発! 体制危機の象徴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    コロナ給付金支払いの日韓差! ちょっと悔しい!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    国防権限法案2020について、米上下両院が合意!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国の工作員の米潜入のための不正ビザ取得がバレた! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港立法会選挙1年延期! 進む中国の切り離し!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国、致死性の高い新型ウイルスを開発していた! 論文発掘!(朝香 豊)
PAGE TOP