中国

習近平主席が姿を消す! すでに一週間!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

CNNによると、武漢発の新型肺炎に対する対処で、習近平主席は陣頭指揮を取ると強調していたわけだが、なぜかその姿は何日も中国の国内の主要メディアにあがっていないという。

共産党機関紙の人民日報の一面には習近平主席の姿が飾られ、国営のテレビ局であるCCTV(中国中央電視台)の夜のニュース番組にもその姿が一番に現れるというのが、当たり前だったのに、全然出てこないというわけだ。

習主席はメディアのトップで目立つ扱いをされるようにメディアの支配をしてきたから、なおさら違和感がある。

実際中国のSNSでも、これは一体どういうことなんだというのが、話題になっているようだ。

ここで対照的なのが、李克強首相だ。

李克強首相は習近平主席によって実質的な政治権限は奪われ、象徴的な役割に押し込められていたが、この武漢発の新型肺炎の危機では前面に立って武漢入りし、存在感を上げている。

ただ、すべてのマスコミが同じような報道姿勢に変わったわけではなく、相変わらず習近平主席を持ち上げているメディアもあるそうだ。

まだはっきりとは見えないが、習近平派と李克強派との権力の綱引きが、今回のこの新型肺炎騒動を契機として起こっているというのは、ほぼ確実だと言えるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となるCNNの記事
https://edition.cnn.com/2020/02/05/asia/xi-jinping-china-wuhan-virus-intl-hnk/index.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 安全保障

    中国人民解放軍が第三次世界大戦の準備! コロナウイルスを含む生物兵器で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ブラ…

  2. 安全保障

    ウイルスのゲノム配列を解析・公開した中国の研究所が、閉鎖されていた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!上海…

  3. 安全保障

    ミャンマーを憂慮するのは終わりだ! 日本政府は黒幕の中国を非難せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 人権・民主主義

    「日本の尊厳と国益を護る会」が、習近平国賓に反対の意見書提出!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自民…

  5. 人権・民主主義

    香港市民、日本にも「人権法」の制定求めるデモ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港での…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    基本的豚権の侵害! 麻酔なしの豚の去勢はやめろ!?(朝香 豊)
  2. 道理

    骨のある市長だ! チェコのプラハ市長が北京市との姉妹都市を解消決断!(朝香 豊)…
  3. 人権・民主主義

    ミシガン州が17万7千人の有権者登録を削除!(朝香 豊)
  4. 韓国・北朝鮮

    チョ・グク氏の疑惑が高まる中で、逆に与党「ともに民主党」の支持率が上昇している
  5. 道理

    厚労省、新型肺炎で、感染確認後も国籍非公表! ありえない!(朝香 豊)
PAGE TOP