中国

習近平主席が姿を消す! すでに一週間!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

CNNによると、武漢発の新型肺炎に対する対処で、習近平主席は陣頭指揮を取ると強調していたわけだが、なぜかその姿は何日も中国の国内の主要メディアにあがっていないという。

共産党機関紙の人民日報の一面には習近平主席の姿が飾られ、国営のテレビ局であるCCTV(中国中央電視台)の夜のニュース番組にもその姿が一番に現れるというのが、当たり前だったのに、全然出てこないというわけだ。

習主席はメディアのトップで目立つ扱いをされるようにメディアの支配をしてきたから、なおさら違和感がある。

実際中国のSNSでも、これは一体どういうことなんだというのが、話題になっているようだ。

ここで対照的なのが、李克強首相だ。

李克強首相は習近平主席によって実質的な政治権限は奪われ、象徴的な役割に押し込められていたが、この武漢発の新型肺炎の危機では前面に立って武漢入りし、存在感を上げている。

ただ、すべてのマスコミが同じような報道姿勢に変わったわけではなく、相変わらず習近平主席を持ち上げているメディアもあるそうだ。

まだはっきりとは見えないが、習近平派と李克強派との権力の綱引きが、今回のこの新型肺炎騒動を契機として起こっているというのは、ほぼ確実だと言えるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となるCNNの記事
https://edition.cnn.com/2020/02/05/asia/xi-jinping-china-wuhan-virus-intl-hnk/index.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 中国

    中国体制内部でも、習近平おろしが顕在化! 4月で失脚か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 人権・民主主義

    TikTokでメークしながら、習近平国賓反対動画を作る日本人女性登場!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

  3. 安全保障

    新型コロナウイルスに関する検閲は、既に12月に始まっていた! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  4. 道理

    武漢の新型肺炎を最初にSNSに上げた、李文亮医師の追悼動画が作られた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    韓国の就業者実績が過去最高だと発表! そんなわけないだろ!(朝香 豊)
  2. 経済

    生産拠点を中国から日本に戻そう! 安倍総理が発言! 大歓迎!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    サウジ攻撃はイラン南西部から?(朝香 豊)
  4. 安全保障

    韓国が中国の核の傘の下に入ることを検討か?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    強力な対北朝鮮制裁「ワームビア法」がアメリカで成立へ!(朝香 豊)
PAGE TOP