人権・民主主義

監視カメラ設置台数の多い都市世界ランキングのトップ5は全て中国の都市! 当たり前か! (朝香 豊)

監視カメラ設置台数の多い都市世界ランキングのトップ5は全て中国の都市だ。

だが中国は今の状態では飽き足らず、現在約2億台設置されている監視カメラを、2022年には6億台を超えるところまで増やす計画である。

中国式監視モデルはすでに海外へと広まっていて、オーストラリアでのネット接続の情報を中国政府に監視されたという人もいる。

中国国内では、個人を対象とした「社会信用システム」が作られ、反体制的な姿勢を示すとマイナス評価を受けて、電車や飛行機に乗ることすらできなくなることがあるが、現在これの企業版も構築中である。

中国と何らかの関わりもつ企業を全てその監視体制のもとにおさめたいというのが中国政府の意向である。

ファーウェイが5Gネットワークを無償で提供している国もあるが、こうした国は必然的にファーウェイに依存せざるをえなくな理、それは中国の監視体制の中に組み込まれることを意味するのかもしれない。

以下の動画も見てもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港を応援しよう! 台湾は29日に香港応援デモ開催へ!

    台湾市民が香港市民と同様に、中国当局の全体主義に対抗し、人権、…

  2. 人権・民主主義

    中国国旗を見なかったと、フランス人選手に罰金と警告処分!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フラ…

  3. 人権・民主主義

    9月に香港立法会選挙! 民主派はどう戦うのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  4. 人権・民主主義

    文大統領支持率が就任後最低に! それでも支持率は43.8%! (朝香 豊)

    韓国の世論調査会社のリアルメーターによると、チョグク法相の任命…

  5. 人権・民主主義

    生活保護受給者に怯えるケースワーカー! 死体遺棄まで関わる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!京都…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    コロナ調査要求に対して、中国が豪州を恫喝! 豪州ははねのける! (朝香 豊)
  2. 道理

    フランコ総統の遺体掘り起こしを、スペイン最高裁が認める! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    香港「蘋果日報」の株価連日の急騰! 黎智英氏逮捕への香港市民の抗議!(朝香 豊)…
  4. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイ製5G機器使うなら、同盟国でも制裁を検討! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    「日本の尊厳と国益を護る会」が、習近平国賓に反対の意見書提出!(朝香 豊)
PAGE TOP