人権・民主主義

監視カメラ設置台数の多い都市世界ランキングのトップ5は全て中国の都市! 当たり前か! (朝香 豊)

監視カメラ設置台数の多い都市世界ランキングのトップ5は全て中国の都市だ。

だが中国は今の状態では飽き足らず、現在約2億台設置されている監視カメラを、2022年には6億台を超えるところまで増やす計画である。

中国式監視モデルはすでに海外へと広まっていて、オーストラリアでのネット接続の情報を中国政府に監視されたという人もいる。

中国国内では、個人を対象とした「社会信用システム」が作られ、反体制的な姿勢を示すとマイナス評価を受けて、電車や飛行機に乗ることすらできなくなることがあるが、現在これの企業版も構築中である。

中国と何らかの関わりもつ企業を全てその監視体制のもとにおさめたいというのが中国政府の意向である。

ファーウェイが5Gネットワークを無償で提供している国もあるが、こうした国は必然的にファーウェイに依存せざるをえなくな理、それは中国の監視体制の中に組み込まれることを意味するのかもしれない。

以下の動画も見てもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    9月に香港立法会選挙! 民主派はどう戦うのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  2. 人権・民主主義

    武漢の病院の様子を撮影! 遺体がどんどん運び出される!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 人権・民主主義

    次々に報告される不正選挙の実態! ミシガン州!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ミシ…

  4. 人権・民主主義

    強制送還直前で米外交官が脱北者を救助! 韓国政府は救助を躊躇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  5. 人権・民主主義

    技能実習生は低賃金? 意外な高待遇も!(平野 正幸)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    量子コンピュータでも読み解けない電子カルテ保管、日本で実験成功! 世界初!(朝香…
  2. 安全保障

    モンテネグロにも債務の罠が! 反中同盟への流れは生じるか?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ジョージア州でバイデンが逆転だって! ありえない❗(朝香 豊)
  4. 安全保障

    ジョー・バイデンはハンターの仕事に関与している! SNSも腐っている!(朝香 豊…
  5. 中国

    中共体制の崩壊につながるか? 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
PAGE TOP