人権・民主主義

監視カメラ設置台数の多い都市世界ランキングのトップ5は全て中国の都市! 当たり前か! (朝香 豊)

監視カメラ設置台数の多い都市世界ランキングのトップ5は全て中国の都市だ。

だが中国は今の状態では飽き足らず、現在約2億台設置されている監視カメラを、2022年には6億台を超えるところまで増やす計画である。

中国式監視モデルはすでに海外へと広まっていて、オーストラリアでのネット接続の情報を中国政府に監視されたという人もいる。

中国国内では、個人を対象とした「社会信用システム」が作られ、反体制的な姿勢を示すとマイナス評価を受けて、電車や飛行機に乗ることすらできなくなることがあるが、現在これの企業版も構築中である。

中国と何らかの関わりもつ企業を全てその監視体制のもとにおさめたいというのが中国政府の意向である。

ファーウェイが5Gネットワークを無償で提供している国もあるが、こうした国は必然的にファーウェイに依存せざるをえなくな理、それは中国の監視体制の中に組み込まれることを意味するのかもしれない。

以下の動画も見てもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    トランプは当選させない! ドミニオン社の副社長が語っていた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私は…

  2. 人権・民主主義

    トランプ弾劾へ! 広がる魔女裁判!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  3. 人権・民主主義

    米下院、香港人権民主主義法案を再可決! 米中は全面対決へ! (朝香 豊)

    米下院は、10月15日に一度可決していた香港人権民主主義法案を…

  4. 人権・民主主義

    43万以上のトランプ票が消えていたことが発覚! ペンシルバニア州!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジョ…

  5. 安全保障

    集計結果を中国に送信! ジョージア州のドミニオンサーバ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ミシ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国と対峙する西側のフロントラインは日本! 麻生副総理が菅総理にプレッシャー!(…
  3. 安全保障

    中国共産党員と家族の米渡航禁止? 揺さぶりかけるトランプ政権!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    日豪防衛協力が進化! 准同盟化へ前進!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
PAGE TOP