経済

中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性も!


中国では今年上半期(1月〜6月)に不動産会社271社が破産宣告を受けた。

今年1年間では中国不動産企業の破産件数は600社を超えるとの見方が有力視されている。資金ショートにより建築中断に追い込まれている物件も多い。

中国の三大不動産の一角の碧桂園は、業績悪化を受けて今年上半期に15,000人を解雇している。同じく三大不動産の一角の恒大集団は金融機関からの借り入れが10兆円を超えていながら、返済資金が不足しているために、サプライヤーに対して2兆円の借用証書を発行してしのいでいる。

なお、2017年から現在までに中国の不動産企業が内外で発行した債券の規模はすでに15兆円を超え、その大半が米ドル建て債券である。

米中貿易戦争に対応して輸出価格を抑え込むために、中国政府は人民元を切り下げる政策を展開しているが、この結果としてドル建て負債は人民元建て換算では大きく膨れ上がることになった。これが不動産企業にさらに大きな重しとなってのしかかっている。

高騰した不動産価格は価格の維持が困難になりつつあり、不動産頼みの経済運営について中国政府自体も疑問を感じるようになっている。

国家発展改革委員会は、不動産価格の大幅な上昇は国民の怒りを買ったとし、不動産政策の抜本的な転換を求める意見を提出した。

この中には、不動産開発業者に対する超過利潤税の適用、居住者のいない不動産への課税、居住用住宅の転売における不動産譲渡所得税の大幅な引き上げ、建築中の分譲物件の販売の中止などが列挙されているが、そんなことを実際に行ったら、中国経済は根底から破壊されることになるだろう。

中国経済は重大な転換点に差し掛かっている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

    米中通商協議が部分合意に達したが、報道されている内容を見ると、…

  2. 安全保障

    政府の「エネルギー基本計画」を変えよう!(松尾 利昭)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  3. 経済

    ミンクからの感染確認でミンクを殺処分へ! 過剰対応ではないのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オラ…

  4. 経済

    新型肺炎で、韓国経済は崩壊へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  5. 経済

    ファーウェイに対する中国政府からの補助金は8兆円超かも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ファ…

  6. 経済

    政府は大規模減税を示唆! 新型コロナ対策で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!安倍…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    蔡英文圧勝を中国メディアが酷評! 「汚い小細工」だって(笑)(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    昭和天皇が燃やされる映像作品はヘイトではない=東大特任助教! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    韓国軍はファーウェイなどのリスクを把握しながら使用していた!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    何が問題なの? 室蘭市の小学校の教頭が、韓国批判のネット書き込みを問題視される!…
  5. 道理

    香港の反中書店の経営者に、スウェーデンが賞を授与! 中国は猛反発!(朝香 豊)
PAGE TOP