安全保障

ソフトバンクに打撃! AI技術の米国から中国への持ち出しはダメ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ソフトバンクが支援しているスタートアップ企業のクラウドマインズは、開発技術を中国ビジネスに持ち出すことをアメリカから禁じられていたことがわかった。

技術だけでなく、ソフトウェアのバグを含む技術情報であっても、許可なく中国に持ち出すことは許されないと、米商務省は伝えた。

ロイター社の問い合わせに対して、ダグラス・ジェイコブソン弁護士は、「クラウドマインズは、今や許可なしにはオフィス家具やiPhoneさえ中国に持ち出せない」と語った。

この言い方には誇張があるとは思うが、ともあれ、原則としてアメリカから中国へは何も持ち出せないくらいで考えておかないといけなくなったということだろう。

ソフトバンクに限らず、中国でビジネスを展開している企業には、こうしたアメリカ政府の姿勢の厳しさについて、決して軽く見ないことを求めたい。

また、これは、クラウドマインズなどに投資をしているソフトバンクビジョンファンドの収益性にも、さらなる逆風になり、ソフトバンクの存立を脅かすことになるのは避けられないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://www.reuters.com/article/us-softbank-group-cloudminds-exclusive/exclusive-softbank-backed-cloudminds-blocked-from-exporting-us-tech-to-china-idUSKBN20R07Q

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    ミャンマーを憂慮するのは終わりだ! 日本政府は黒幕の中国を非難せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    香港の自由と民主主義の死! 菅政権は対中政策の転換を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!全国…

  3. 安全保障

    TikTok、アメリカでも禁止へ! 事業売却か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    アトランタの白人警官は死刑の可能性も! 道理が通じないアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アト…

  5. 安全保障

    中国が武漢市に加えて新たに2市を封鎖! 武州肺炎の拡散は確実!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    ファーウェイと中国共産党と中国人民解放軍との関係を暴いた映画「赤い龍の爪」が今月公開へ

    ファーウェイと中国共産党と中国人民解放軍との関係を暴き、中…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    感染者数の日韓の差は単に検査数の違いか?  そうではない!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    台湾独立派が過半数を超える! 台湾世論調査結果!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    皮肉! 習近平の父親はウイグルに寛容だった!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    進む日印豪の経済連携構想! 脱中国のサプライチェーン構築へ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    海鮮市場は最初の感染源ではない! なんと中国の研究機関が発表!(朝香 豊)
PAGE TOP