安全保障

5Gへのファーウェイ参入阻止に向け、米上院が英国に超党派で書簡!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

5Gへの中国のファーウェイの部分的な参入を認める姿勢を示しているイギリス政府の姿勢を考え直してもらいたいとして、共和党・民主党の党派を超えてアメリカの上院議員20名が、英議会に対して書簡を送った。

これは全上院議員の1/5に相当し、その中にはチャック・シューマー民主党上院院内総務、リチャード・バー米上院諜報特別委員会委員長も含まれる。

同様の書簡は1月に米下院議員42名によっても送られている。

ファーウェイ導入によってもたらされる、安全性、プライバシー、経済的な脅威の面での重大性を考えて、英国に最近下した決定を考え直し、ファーウェイ導入によるリスクを低減させる処置を講じることを強く要請する内容となっている。

国益のために超党派でこういうことができるアメリカの政界がうらやましい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://www.reuters.com/article/uk-usa-security-huawei-tech-idUKKBN20R00G

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  2. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 人権・民主主義

    カナダ人9割が中国は信頼できないと回答! 世論調査!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世論調査…

  2. 安全保障

    孔子学院の年内全校閉鎖を求める! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    米内務省、中国製ドローン800機を使用停止! 調査開始へ! (朝香 豊)

    アメリカの内務省は、保有する中国製のドローン全ての利用を停止し…

  4. 安全保障

    中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リー…

  5. 安全保障

    新型コロナ対策が遅い! 批判されるトランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 道理

    豪政府が中国の初動でWHO抜きの独立調査を要求! 米独仏に共同国際調査を要請!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オー…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    日米印豪の防衛協力をNATO並に引き上げる! ビーガン国務副長官!(朝香 豊)
  2. 中国

    中国、武漢をようやく封鎖! 春節前にギリギリ間に合った!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国外しでサプライチェーンを組み直す! アメリカ!(朝香 豊)
  4. 経済

    中国の製造業再開が暗礁に! 海外の受注が大激減!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    量子コンピュータでも読み解けない電子カルテ保管、日本で実験成功! 世界初!(朝香…
PAGE TOP