安全保障

5Gへのファーウェイ参入阻止に向け、米上院が英国に超党派で書簡!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

5Gへの中国のファーウェイの部分的な参入を認める姿勢を示しているイギリス政府の姿勢を考え直してもらいたいとして、共和党・民主党の党派を超えてアメリカの上院議員20名が、英議会に対して書簡を送った。

これは全上院議員の1/5に相当し、その中にはチャック・シューマー民主党上院院内総務、リチャード・バー米上院諜報特別委員会委員長も含まれる。

同様の書簡は1月に米下院議員42名によっても送られている。

ファーウェイ導入によってもたらされる、安全性、プライバシー、経済的な脅威の面での重大性を考えて、英国に最近下した決定を考え直し、ファーウェイ導入によるリスクを低減させる処置を講じることを強く要請する内容となっている。

国益のために超党派でこういうことができるアメリカの政界がうらやましい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://www.reuters.com/article/uk-usa-security-huawei-tech-idUKKBN20R00G

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    日韓GSOMIA、破棄から一転継続へ!(朝香 豊)

    韓国の文在寅政権は、土壇場になって日韓GSOMIAの継続に方針…

  2. 安全保障

    日米台で安全保障に関するシンクタンクの会議を開催!(朝香 豊)

    アメリカのシンクタンク「プロジェクト2049研究所」が、「米日…

  3. 人権・民主主義

    台湾人有名ユーチューバー、中国に屈しない姿勢を見せる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  4. 安全保障

    尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

    尖閣諸島に侵入している中国公船とは、中国の人民解放軍の指揮下に…

  5. Huawei のロゴ

    中国

    ファーウェイ、内部告発者への報復がバレて、中国国内でも不買運動発生!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!ファー…

  6. 経済

    アメリカが中国の為替操作国を除外へ! 狡猾なトランプ政権! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米財…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    さらに危険性を増した香港国家安全法! 令状なし捜査も可能に! (朝香 豊)
  2. 経済

    トランプ政権の新型コロナウイルス対策は2兆ドルへ! 日本は??(朝香 豊)
  3. 安全保障

    新型コロナウイルス人工説! 台湾大学教授も!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    BBCが香港に関する番組を数多く制作! この番組もぜひ見てもらいたい! (朝香 …
  5. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)
PAGE TOP