安全保障

5Gへのファーウェイ参入阻止に向け、米上院が英国に超党派で書簡!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

5Gへの中国のファーウェイの部分的な参入を認める姿勢を示しているイギリス政府の姿勢を考え直してもらいたいとして、共和党・民主党の党派を超えてアメリカの上院議員20名が、英議会に対して書簡を送った。

これは全上院議員の1/5に相当し、その中にはチャック・シューマー民主党上院院内総務、リチャード・バー米上院諜報特別委員会委員長も含まれる。

同様の書簡は1月に米下院議員42名によっても送られている。

ファーウェイ導入によってもたらされる、安全性、プライバシー、経済的な脅威の面での重大性を考えて、英国に最近下した決定を考え直し、ファーウェイ導入によるリスクを低減させる処置を講じることを強く要請する内容となっている。

国益のために超党派でこういうことができるアメリカの政界がうらやましい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://www.reuters.com/article/uk-usa-security-huawei-tech-idUKKBN20R00G

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 経済

    中国の1〜2月の輸出は、前年比17%減! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    エストニアは5Gからファーウェイを排除へ! (朝香 豊)

    エストニアの国家サイバーセキュリティ政策代表は、アメリカからの…

  3. 安全保障

    WHOが全員検査を勧告! やはり背景には中国か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  4. 安全保障

    WHOが新型コロナウイルスの感染力を過小評価! スウェーデンの研究者グループ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!スウ…

  5. 安全保障

    民主党バイデン、中国疑惑隠しに動く!(朝香 豊)

    アメリカ大統領選で民主党最有力候補とされるジョー・バイデン氏。…

  6. 安全保障

    PCR法は信頼できない! ではどうすべきか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    12月の景気動向指数が発表! 抜本的な経済方針の転換を!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    東京オリンピックは中止か? 厳しい見方が広がる!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    ニューヨーク州も非常事態宣言! これでもパンデミックではないの? WHO!(朝香…
  4. 安全保障

    発症しても、検査でわからないことがある! 新型肺炎!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    北朝鮮のミサイル発射を文在寅政権がまたまた擁護! その理由がすごい!(朝香 豊)…
PAGE TOP