安全保障

新型コロナウイルスに関する検閲は、既に12月に始まっていた! 中国!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

カナダのトロント大学にあるネット検閲の監視機関「シチズン・ラボ」は、すでに昨年12月31日の段階で、新型コロナウイルスに関する情報を中国が検閲していたと発表した。

中国当局が新型コロナウイルス流行の深刻性を公に認めたのは、1月20日になってようやくであったが、それよりも遥かに前に検閲が行われていたことがわかる。

「未知の武漢肺炎」「武漢市衛生健康委員会」「人から人への感染」といった言葉も検閲対象となっていた。

ということは、「人から人への感染」が普通にあることも、中国当局がこの時には既にわかっていた疑いが強まった。

このウイルスに関して最初に警鐘を鳴らした李文亮医師が亡くなった直後は、一時的にネット検索は緩くなったが、その後は検閲は以前よりも強化された。

習近平国家主席が、「前向きの力」と社会の安定を確保するためだとして、規制強化を求めたようだ。

それはともあれ、なぜ12月の段階で、中国当局は新型コロナウイルスに関する情報の検閲を早々と始めたのか。

李文亮医師が医師仲間のグループチャットにこの情報を上げたのは12月30日のことだ。

その1日後には、当局はこの情報に関する検閲を始め、1月1日には李文亮氏など8名の医師が警察に拘束されている。

どうしてここまでこのウイルスに関して敏感な反応を中国共産党が示していたのだろうか。

このウイルスに関する秘密を表に出したくないという思惑があったのではと、改めて感じざるをえない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3271516
画像はウィキメディアから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/7/77/Watson_queue_for_face_masks_20200130_DSCF2199_%2849464278376%29.jpg/800px-Watson_queue_for_face_masks_20200130_DSCF2199_%2849464278376%29.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

関連記事

  1. 安全保障

    北のミサイル実験は問題ないと言い、北への宥和的姿勢を隠さなくなった韓国政府

    韓国の北朝鮮への宥和姿勢が再び明らかになった。韓国のイ…

  2. 人権・民主主義

    北京で住居の「強制退去」に反対! 1万人の市民が署名!(朝香 豊)

    中国北京市昌平区の住民らは、住んでいる住宅が「違法建築」だとし…

  3. 安全保障

    熟練パイロットがAIに完敗! F16でのシミュレート戦!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今年…

  4. 人権・民主主義

    韓国の文化体育観光部局長、親日発言で罷免! 年金も半分に減額! (朝香 豊)

    韓国の文化体育観光部のハン局長が、フェイスブックで「親日派」を…

  5. 道理

    トルコにいる約50万人のウイグル難民! 収容所に親が捕えられた子どもも多い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トル…

  6. 人権・民主主義

    香港警察の暴力に反対する声明、3700人の著名学者らが署名! (朝香 豊)

    「現代言語学の父」 として広く知られるノーム・チョムスキー教授…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    脱北女性が韓国当局者に強姦されている!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    北海道議会庁舎の喫煙室設置方針にNO! どうしてここまで不寛容なのか! (朝香 …
  3. 人権・民主主義

    香港でウイグル人に声援を送る集会! 東トリキスタンの旗も振られる! (朝香 豊)…
  4. 安全保障

    中国がCTBTに違反して小規模核実験の可能性! 米国務省が指摘!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港民主活動家の黄之鋒氏が、米議会内の公聴会で「香港人権・民主法案」の制定を促す…
PAGE TOP