安全保障

新型コロナウイルスに関する検閲は、既に12月に始まっていた! 中国!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

カナダのトロント大学にあるネット検閲の監視機関「シチズン・ラボ」は、すでに昨年12月31日の段階で、新型コロナウイルスに関する情報を中国が検閲していたと発表した。

中国当局が新型コロナウイルス流行の深刻性を公に認めたのは、1月20日になってようやくであったが、それよりも遥かに前に検閲が行われていたことがわかる。

「未知の武漢肺炎」「武漢市衛生健康委員会」「人から人への感染」といった言葉も検閲対象となっていた。

ということは、「人から人への感染」が普通にあることも、中国当局がこの時には既にわかっていた疑いが強まった。

このウイルスに関して最初に警鐘を鳴らした李文亮医師が亡くなった直後は、一時的にネット検索は緩くなったが、その後は検閲は以前よりも強化された。

習近平国家主席が、「前向きの力」と社会の安定を確保するためだとして、規制強化を求めたようだ。

それはともあれ、なぜ12月の段階で、中国当局は新型コロナウイルスに関する情報の検閲を早々と始めたのか。

李文亮医師が医師仲間のグループチャットにこの情報を上げたのは12月30日のことだ。

その1日後には、当局はこの情報に関する検閲を始め、1月1日には李文亮氏など8名の医師が警察に拘束されている。

どうしてここまでこのウイルスに関して敏感な反応を中国共産党が示していたのだろうか。

このウイルスに関する秘密を表に出したくないという思惑があったのではと、改めて感じざるをえない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3271516
画像はウィキメディアから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/7/77/Watson_queue_for_face_masks_20200130_DSCF2199_%2849464278376%29.jpg/800px-Watson_queue_for_face_masks_20200130_DSCF2199_%2849464278376%29.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  4. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    カナダ裁判所がファーウェイCFOの主張を却下! 中国がカナダに「報復」示唆!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  2. Featured Video Play Icon

    人権・民主主義

    香港のデモ隊には警察のスパイが入り込んでいる!

    香港でデモ参加者が黒いシャツを着ているのは、香港の自由と民…

  3. 安全保障

    マイクロ波兵器の攻撃による脳の損傷か! 米外交官ら深刻被害!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!キュ…

  4. 中国

    吉林省でも新型肺炎の流行再発! 舒蘭市で強力な都市封鎖!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!黒龍…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    米大学生がTikTokを集団提訴! 個人情報を中国に転送で!(朝香 豊)
  2. Huawei のロゴ

    安全保障

    これは痛い! フランスは5Gからファーウェイを排除せず!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    アメリカはイランに追加制裁! イランの体制は本物の危機に!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    ありえない、検察庁法改正案の見送り! リベラル派の大陰謀!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    武漢の海鮮市場起源説はやはりおかしい! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
PAGE TOP