安全保障

新型コロナウイルスに関する検閲は、既に12月に始まっていた! 中国!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

カナダのトロント大学にあるネット検閲の監視機関「シチズン・ラボ」は、すでに昨年12月31日の段階で、新型コロナウイルスに関する情報を中国が検閲していたと発表した。

中国当局が新型コロナウイルス流行の深刻性を公に認めたのは、1月20日になってようやくであったが、それよりも遥かに前に検閲が行われていたことがわかる。

「未知の武漢肺炎」「武漢市衛生健康委員会」「人から人への感染」といった言葉も検閲対象となっていた。

ということは、「人から人への感染」が普通にあることも、中国当局がこの時には既にわかっていた疑いが強まった。

このウイルスに関して最初に警鐘を鳴らした李文亮医師が亡くなった直後は、一時的にネット検索は緩くなったが、その後は検閲は以前よりも強化された。

習近平国家主席が、「前向きの力」と社会の安定を確保するためだとして、規制強化を求めたようだ。

それはともあれ、なぜ12月の段階で、中国当局は新型コロナウイルスに関する情報の検閲を早々と始めたのか。

李文亮医師が医師仲間のグループチャットにこの情報を上げたのは12月30日のことだ。

その1日後には、当局はこの情報に関する検閲を始め、1月1日には李文亮氏など8名の医師が警察に拘束されている。

どうしてここまでこのウイルスに関して敏感な反応を中国共産党が示していたのだろうか。

このウイルスに関する秘密を表に出したくないという思惑があったのではと、改めて感じざるをえない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3271516
画像はウィキメディアから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/7/77/Watson_queue_for_face_masks_20200130_DSCF2199_%2849464278376%29.jpg/800px-Watson_queue_for_face_masks_20200130_DSCF2199_%2849464278376%29.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 人権・民主主義

    蔡英文総統、中国による台湾への浸透を阻止する法案の審議を要請!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 道理

    コロナで中国に責任を負わせろ! 米で続々続く中国非難の声!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自ら…

  3. 人権・民主主義

    「峰打ち」を不思議に感じる中国人! 孫向文さんから学ぶ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    対中経済安保の強化策を連発! 菅政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅政…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    イランの保健副大臣が感染! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港で元日デモ! 100万人超が参加! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    アメリカが中国共産党機関紙「環球時報」の幹部の入国ビザ却下! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    進むドイツの左傾化! 日本やアメリカとの共通点の鍵はマスコミだ!(朝香豊)
  5. 人権・民主主義

    韓国で市長選挙への大統領府不正介入で、検察が再び家宅捜査へ!(朝香 豊)
PAGE TOP