安全保障

EUが外国直接投資の審査を強化! 中国を念頭!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

EUは10月11日から、重要領域の保護を目的とした外国直接投資(買収)の審査制度を全面的に強化した。

同制度はEUにとって戦略的に重要な産業分野に対する投資を、安全保障の視点から精査し、危険な投資は排除するものだ。

名指しはしていないが、主として中国企業を念頭に置いて、投資を通じて主要技術を獲得するのを阻止することを目的としているもので、中国に対する警戒をさらに強めた形だ。

以前から中国企業は欧州企業の買収を通じて重要な専門技術を獲得してきた。

その後に不当な低価格での類似商品やサービスの販売を中国が行い、欧州の競合企業を一掃してから価格を引き上げられるような目に遭ってきた。

この結果、欧州から技術が単に流出するだけでなく、欧州に蓄積されていたはずの技術が枯渇していくことにもなる。

こうした被害は欧州だけで発生しているわけではない。

アメリカでも日本でも同様の被害が生じてきた。

そしてアメリカでも日本でも、こうした被害を抑制するための法的処置を強化している。

だが、現状で日本の対応はまだぬるいと言えるだろう。

例えば、事後に問題が発覚した場合に、日本では指定業種を限定しているので、その業種から外れた企業については、いくら問題が大きいと判断しても対処のしようがないことになる。

アメリカでは特別に指定業種を定めず、安全保障上重要だと判断すれば、どの業種のどの企業でも事後対応ができるようになっている。

外国投資を萎縮させたくないという意図が絡んでいるせいだが、もともと日本は世界最大の債権国であり、そこまでして外国投資を呼び込む必要はない国である。

こうした点を踏まえて、日本の制度をさらに強固なものへと変えていくべきではないかと、自分は考えている。

ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のEuropean Commission(欧州委員会)の発表
https://ec.europa.eu/commission/presscorner/detail/en/IP_20_1867
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/10/63323.html
Melchers Chinaからの引用画像(中国と欧州)
https://melchers-china.com/wp-content/uploads/2020/03/European_FDI_1_compressed_1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港の攻防は心理戦! 香港市民はぜひデモに参加を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!7月…

  2. 安全保障

    「香港自治法」が成立! 運用は米大統領選挙の結果次第!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 経済

    インテルが韓国などの半導体メーカーを駆逐するか? (朝香 豊)

    インテルは、一旦手放したメモリー開発を再び始め、新たにDCPM…

  4. 人権・民主主義

    新型肺炎の感染者数・死亡者数は、中国政府発表よりはるかに多い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!詳し…

  5. 人権・民主主義

    EU議会が中国の政治犯学者にサハロフ賞を授与! 娘が代理出席!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!EU…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    ニューヨーク州などが反トラスト法違反の疑いでフェイスブックを調査へ
  2. 経済

    中国の情報統制は、現実離れしたレベルに! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    極左団体「アンティファ」に注意! 反対派のジャーナリストを襲撃! 動画あり!(朝…
  4. 道理

    習近平国賓来日に賛成! 総理の芽を自ら潰した石破茂! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    コロナ不安で出生数激減! 大騒ぎの意外なツケ!(朝香 豊)
PAGE TOP