安全保障

EUが外国直接投資の審査を強化! 中国を念頭!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

EUは10月11日から、重要領域の保護を目的とした外国直接投資(買収)の審査制度を全面的に強化した。

同制度はEUにとって戦略的に重要な産業分野に対する投資を、安全保障の視点から精査し、危険な投資は排除するものだ。

名指しはしていないが、主として中国企業を念頭に置いて、投資を通じて主要技術を獲得するのを阻止することを目的としているもので、中国に対する警戒をさらに強めた形だ。

以前から中国企業は欧州企業の買収を通じて重要な専門技術を獲得してきた。

その後に不当な低価格での類似商品やサービスの販売を中国が行い、欧州の競合企業を一掃してから価格を引き上げられるような目に遭ってきた。

この結果、欧州から技術が単に流出するだけでなく、欧州に蓄積されていたはずの技術が枯渇していくことにもなる。

こうした被害は欧州だけで発生しているわけではない。

アメリカでも日本でも同様の被害が生じてきた。

そしてアメリカでも日本でも、こうした被害を抑制するための法的処置を強化している。

だが、現状で日本の対応はまだぬるいと言えるだろう。

例えば、事後に問題が発覚した場合に、日本では指定業種を限定しているので、その業種から外れた企業については、いくら問題が大きいと判断しても対処のしようがないことになる。

アメリカでは特別に指定業種を定めず、安全保障上重要だと判断すれば、どの業種のどの企業でも事後対応ができるようになっている。

外国投資を萎縮させたくないという意図が絡んでいるせいだが、もともと日本は世界最大の債権国であり、そこまでして外国投資を呼び込む必要はない国である。

こうした点を踏まえて、日本の制度をさらに強固なものへと変えていくべきではないかと、自分は考えている。

ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のEuropean Commission(欧州委員会)の発表
https://ec.europa.eu/commission/presscorner/detail/en/IP_20_1867
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/10/63323.html
Melchers Chinaからの引用画像(中国と欧州)
https://melchers-china.com/wp-content/uploads/2020/03/European_FDI_1_compressed_1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 経済

    人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

    中国人民銀行(中国の中央銀行)は人民元のデジタル通貨化を急…

  2. 安全保障

    一貫性のないバイデン政権の中東政策! 混乱する中東!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 経済

    中国が外資の技術移転の強要はないと表明! だが、これをマジメに信じてよいのか?(朝香 豊)

    中国国務院は、海外投資家の誘致強化を狙って、外資投資規制を緩和…

  4. 人権・民主主義

    ハンター・バイデンの新たな疑惑発覚! 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  5. 安全保障

    コロナは急激に弱毒化しているのでは? CDC統計から考える!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 経済

    2020年夏に、ホンダが自動運転「レベル3」の車を発売へ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ホン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    日本は入国制限で事前説明なかったと、韓国! 日本は広報体制を抜本改善せよ!(朝香…
  2. 道理

    発覚し始めた不正の数々! アメリカ大統領選挙!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ガンジーはレイシストでファシスト?? 像の撤去を求める動き!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    BHRパートナーズをめぐる疑惑! ハンターのビジネスの闇!(朝香 豊)
  5. 外交

    中華民国(台湾)建国記念日に、安倍総理と麻生財務相が祝福メッセージ!(朝香 豊)…
PAGE TOP