人権・民主主義

米共和党の重鎮が相次ぎ、中国建国70周年に批判的声明!(朝香 豊)

米共和党上院議員のトップ(院内総務)であるミッチ・マコーネル氏は、中国建国70周年を迎えたことを受けて、「中国共産党の下で何千万人もの命が失なわれたことを、改めて認識すべきだ」との声明を発表した。

強制収容所、グレートファイアウォールと呼ばれるネット検閲とネット規制、監視カメラと人工知能を使った個人監視システムなどが、全て中国共産党の支配下で進められていることを指摘し、「中国共産党の行動は十数億人の中国人に悲劇をもたらした」と批判した。

マコーネル氏は「中国の人々に起きたこの悲劇は、中国共産党が隣国にとって脅威であることを証明した。この大国が、自国民を取り扱う手段を見れば、外国人がどのように扱われるかを考えなければならない」とも指摘する。

中国のこの状況はやがて世界を飲み込んでいく可能性があり、現に力の弱い周辺国はその影響下に置かれつつある。

同じく共和党の重鎮のミット・ロムニー上院議員も、共産党の執政70年は、残忍な抑圧と検閲の連続で、「世界の自由に対する最大の脅威」だと指摘した。

中国に向けられるアメリカの視線は厳しさを増している。

これのネタ元の大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/47818.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 安全保障

    孔子学院の年内全校閉鎖を求める! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 人権・民主主義

    記者6人が警察の暴力に抗議したことに対抗して、香港警察が記者会見を中止!(朝香 豊)

    香港メディアの記者6人は、香港警察の暴力に対して抗議の意思を示…

  3. 人権・民主主義

    イランの反政府デモの鎮圧で、死者は1000名を越えた?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. 道理

    日韓首脳対話は、韓国が周到な準備の上での不意打ち! 撮影も無断だった!(朝香 豊…
  3. 人権・民主主義

    中国で艾芬女医も拘束! 国境なき記者団が釈放を要求!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    台湾、中国のスパイを拘束! 豪に亡命した中共スパイの暴露から!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国刑務所からのSOSのクリスマスカード! 書いた本人名乗り出る!(朝香 豊)
PAGE TOP