人権・民主主義

米共和党の重鎮が相次ぎ、中国建国70周年に批判的声明!(朝香 豊)

米共和党上院議員のトップ(院内総務)であるミッチ・マコーネル氏は、中国建国70周年を迎えたことを受けて、「中国共産党の下で何千万人もの命が失なわれたことを、改めて認識すべきだ」との声明を発表した。

強制収容所、グレートファイアウォールと呼ばれるネット検閲とネット規制、監視カメラと人工知能を使った個人監視システムなどが、全て中国共産党の支配下で進められていることを指摘し、「中国共産党の行動は十数億人の中国人に悲劇をもたらした」と批判した。

マコーネル氏は「中国の人々に起きたこの悲劇は、中国共産党が隣国にとって脅威であることを証明した。この大国が、自国民を取り扱う手段を見れば、外国人がどのように扱われるかを考えなければならない」とも指摘する。

中国のこの状況はやがて世界を飲み込んでいく可能性があり、現に力の弱い周辺国はその影響下に置かれつつある。

同じく共和党の重鎮のミット・ロムニー上院議員も、共産党の執政70年は、残忍な抑圧と検閲の連続で、「世界の自由に対する最大の脅威」だと指摘した。

中国に向けられるアメリカの視線は厳しさを増している。

これのネタ元の大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/47818.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    WHOの奇妙な非常事態宣言! 日本は騙されるな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  2. 人権・民主主義

    Twitterが「暴力美化」とレッテル貼り! 激しく怒るトランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

  3. 人権・民主主義

    中国系テレビメディアの偏向報道をイギリスが調査へ! (朝香 豊)

    英国情報通信庁は、近年英国に進出した中国の官制テレビメディアの…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    恐怖! チョ・グク法相が就任早々えげつない検察潰しに着手!
  2. 経済

    恒大集団の預金凍結! 株も債券も暴落!(朝香 豊)
  3. 経済

    経営不振の韓国GMで無茶な全面ストが展開される 韓国の自動車産業は消滅の危機か?…
  4. 人権・民主主義

    香港で天安門事件追悼が平穏に開かれた! だが嵐の前の静けさにすぎない!(朝香 豊…
  5. 安全保障

    人から人への感染は12月半ばにわかっていた! 武漢発肺炎!(朝香 豊)
PAGE TOP