安全保障

金与正氏が韓国に悪罵! 文政権はまたも従北対応!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

3月2日に北朝鮮が短距離弾道ミサイルを発射したで、韓国政府が「遺憾の意」を表明した。

これに対して今回激しく噛み付いたのは、金正恩朝鮮労働党委員長の妹の、金与正氏だ。

「青瓦台の低能な考え方に驚愕」とする声明の中で、韓国の遺憾の意の表明は「せん越なふざけた行為だと言わざるを得ない」としている。

その上で韓国側の考え方は「非論理的で低能な思考」であり、「三歳の子どもと大きく変わらない」との悪罵を投げつけた。

米韓合同軍事演習が中止になったことについても、「南朝鮮を席巻する新型コロナウイルスが延期させたもので、いわゆる平和や和解と協力に関心もない青瓦台の主人らの決心によるものではないということは、周知の事実である」と、斬って捨てた。

これは韓国政府が自分の方から断りを入れたと、自らの主体性を主張していることに対する揶揄だ。

その他にもまだまだひどい言葉はあるのだが、ここでは省略する。

こうした激しい韓国政府非難談話を北朝鮮が発表したことに対して、韓国政府は「特にコメントすることはない」とし、相変わらず北朝鮮に対する卑屈な態度を示した。

文在寅政権の従北ぶりが、改めて浮き彫りになった形だ。

さて、このこととは別に、注目をしておきたい点がある。

それは、金与正氏がこのような談話を発表するのは、今回が最初になるということだ。

金与正氏のプレゼンスを引き上げを図らなければならない事態が、北朝鮮国内で進行していることの表れだと見るのが正しいのではないだろうか。

とすれば、噂される金正恩委員長の健康不良は、かなり重篤であることが予想される。

北朝鮮では、従来にない動きが様々に続いているが、このあたりについては近々メルマガの方で公開しようと思う。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の朝鮮日報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/05/2020030580036.html
ネタ元のj-cast記事
https://www.j-cast.com/2020/03/04381347.html?p=all

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 安全保障

    トルコ、難民入れるとEU脅す! ヨーロッパ危機!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トル…

  2. 安全保障

    北朝鮮、日韓GSOMIA維持は「反民族的犯罪」! (朝香 豊)

    北朝鮮は、韓国の文在寅政権が日韓GSOMIA維持を決めたことに…

  3. 安全保障

    日本などへの渡航自粛を勧告! 韓国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  4. 安全保障

    釜山市は「慶祝・中華人民共和国建国70周年」の横断幕を許可! (朝香 豊)

    釜山市は3箇所の歩道橋に、韓中友好親善協会が申請した「慶祝・中…

  5. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?

    トランプ大統領は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)…

  6. 安全保障

    韓国で休園・休校が相次ぐ! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. Featured Video Play Icon

    経済

    中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 中国

    「ローマで中国国歌を流して中国に感謝」はやはりフェイク! 伊メディアが報じる!(…
  3. 安全保障

    中国外しでサプライチェーンを組み直す! アメリカ!(朝香 豊)
  4. 経済

    IMFがGDPの2.3倍に膨れ上がった世界の債務残高を警告!(朝香 豊)
  5. 未分類

    メドベージェフ解任で、ロシア新首相に無名のミシュスチン氏! プーチンの思惑は?(…
PAGE TOP