安全保障

金与正氏が韓国に悪罵! 文政権はまたも従北対応!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

3月2日に北朝鮮が短距離弾道ミサイルを発射したで、韓国政府が「遺憾の意」を表明した。

これに対して今回激しく噛み付いたのは、金正恩朝鮮労働党委員長の妹の、金与正氏だ。

「青瓦台の低能な考え方に驚愕」とする声明の中で、韓国の遺憾の意の表明は「せん越なふざけた行為だと言わざるを得ない」としている。

その上で韓国側の考え方は「非論理的で低能な思考」であり、「三歳の子どもと大きく変わらない」との悪罵を投げつけた。

米韓合同軍事演習が中止になったことについても、「南朝鮮を席巻する新型コロナウイルスが延期させたもので、いわゆる平和や和解と協力に関心もない青瓦台の主人らの決心によるものではないということは、周知の事実である」と、斬って捨てた。

これは韓国政府が自分の方から断りを入れたと、自らの主体性を主張していることに対する揶揄だ。

その他にもまだまだひどい言葉はあるのだが、ここでは省略する。

こうした激しい韓国政府非難談話を北朝鮮が発表したことに対して、韓国政府は「特にコメントすることはない」とし、相変わらず北朝鮮に対する卑屈な態度を示した。

文在寅政権の従北ぶりが、改めて浮き彫りになった形だ。

さて、このこととは別に、注目をしておきたい点がある。

それは、金与正氏がこのような談話を発表するのは、今回が最初になるということだ。

金与正氏のプレゼンスを引き上げを図らなければならない事態が、北朝鮮国内で進行していることの表れだと見るのが正しいのではないだろうか。

とすれば、噂される金正恩委員長の健康不良は、かなり重篤であることが予想される。

北朝鮮では、従来にない動きが様々に続いているが、このあたりについては近々メルマガの方で公開しようと思う。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の朝鮮日報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/05/2020030580036.html
ネタ元のj-cast記事
https://www.j-cast.com/2020/03/04381347.html?p=all

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…

関連記事

  1. 安全保障

    2022年まで断続的に都市封鎖が必要かも! ハーバード大学の研究結果!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハー…

  2. 安全保障

    厚生労働省がサボタージュ?? 新型肺炎対応! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!厚生…

  3. 安全保障

    中国の産業スパイを米司法省が訴追へ! スパイ防止対策強化に日本も動け!(朝香 豊)

    アメリカの司法省は、米農業大手モンサント(現バイエル)の中国人…

  4. 安全保障

    日本は韓国ほど検査していない! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元F…

  5. 安全保障

    バイデン一家の腐敗レポート第3弾! 米上院が公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バイ…

  6. 安全保障

    ロシア陰謀説を国家情報長官が完全否定! ハンター・バイデンの疑惑で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    韓国の格安航空会社が経営危機に!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    抑止力を求めながら敵基地攻撃能力を否定するのは矛盾だ! おかしな河野氏の議論!(…
  3. 安全保障

    中国による新型コロナウイルスの過少報告と情報隠蔽を米政府断定!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「斬首競演大会」という名の、駐韓米大使糾弾の集会が本当に開かれた!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    アメリカ3大テレビ局が中国批判を避けている! 研究機関が公表!(朝香 豊)
PAGE TOP