安全保障

アフガニスタンで人道支援を展開してきた中村哲医師、銃撃を受けて死亡!(朝香 豊)


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

長年にわたり、アフガニスタンの支援活動を続けてきた日本人医師、中村哲さんが銃撃を受け、死亡した。

同行していたアフガニスタン人の護衛ら5人も死亡した。

中村さんは現役の医師として医療活動に従事してきた他、灌漑のための用水路を建設し、井戸を1600箇所以上掘り、自給自足できる農村づくりを展開するなど、幅広い人道支援事業をアフガニスタンで展開してきた。

憲法9条に対する彼の考え方には賛同できなかったが、アフガニスタンの人たちが自立できるように惜しみなく情熱を注いでこられたあり方には、常々敬意を感じてきた。

ご冥福をお祈りする。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

これのネタ元のAFPBBの記事https://www.afpbb.com/articles/-/3258044?cx_part=latest
画像も同記事から
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/1/-/img_91a16de67f1e219079f35cb53fb1d236137630.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  2. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  3. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)

    現在中国が国連の最大の資金提供國になっていて、それを背景に国際…

  2. 安全保障

    中国側に行くんじゃねえぞ! 米政府が韓国を厳しく牽制!(朝香 豊)

    米国務省のクラーク次官は「関係の力は自由と法治主義の価値などを…

  3. 安全保障

    新型コロナウイルスで、中国がデマ情報か? 台湾で指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    ツイッターが危険! 中華系のLi氏が取締役に就任!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

  5. 安全保障

    台湾、武漢のある湖北省からの団体客ゼロに! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    武漢発新型肺炎の蔓延を、習近平国家主席の国賓招日拒否につなげよう!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    「外交的ボイコット」に過剰反応する中国! 見えてきた北京オリンピック回避の道!(…
  3. 道理

    男系継承の重みを踏まえる! 菅総理明言!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  5. 中国

    上海・蘇州でも大水害! 武漢では警戒水位を1.8メートルオーバー! (朝香 豊)…
PAGE TOP