安全保障

台湾への武器売却をさらに追加! 米トランプ政権!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカは26日に台湾に対艦ミサイルシステムなど、総額23億7000万ドル(約2500億円)の武器売却を承認した。

対艦ミサイル「ハープーン」最大400発が目玉であり、ハープーンを搭載できる沿岸防衛システム100基も併せて売却する。

「ハープーン」は空中からも洋上からも陸上からも海中からも発射できる。(型番は違うので、同一ではないが。)

海上10メートル程度を飛行するので、レーダーで探知されにくいまま対艦攻撃ができる。

アメリカは21日にも台湾への武器売却を決めており、この時は空対地巡航ミサイル(SLAM―ER)135発がメインだった。

洋上防衛もこれで抜本的に改善することになる。

ちなみにオバマ2期目の4年間では、台湾への武器売却は1回だけだった。

だが、トランプ政権になってからの4年間になってからはこれが9回目だ。

オバマ時代に冷遇され、軍事バランスの観点では中国に対抗する能力を失っていた台湾は、トランプ政権のおかげで一気に遅れを取り戻しつつある。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65497680X21C20A0FF1000/
USNIからの引用画像(ハープーン)
https://news.usni.org/wp-content/uploads/2020/10/205770.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  2. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…

関連記事

  1. 安全保障

    新型コロナの最初患者は11月発症! 年末には226人! 中国政府は全部隠蔽!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  2. Featured Video Play Icon

    安全保障

    米海軍が未確認飛行物体の目撃報告を「本物」と確認! (朝香 豊)

    米軍の機密指定が解除され、空中を高速飛行する未確認飛行物体をと…

  3. 安全保障

    米下院が大学への中共のスパイ工作の調査を教育省の要求! 中共を許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米下…

  4. 安全保障

    ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  5. 安全保障

    サムスン、中国検索大手の百度向けAI半導体量産へ! アメリカはどう出る?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!中国の…

  6. 外交

    ファーウェイ孟晩舟被告の裁判で、テレビに映ったメッセージボードはヤラセだった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国の不思議な不動産統計! 政府部内で混乱が生じている? (朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 人権・民主主義

    必見! 香港警察に実弾を撃たれた若者が、一命をとりとめての記者会見!(朝香 豊)…
  4. 外交

    文在寅大統領、北朝鮮開発銀行の推進をASEANに求める方針!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    東京オリンピックは中止か? 厳しい見方が広がる!(朝香 豊)
PAGE TOP