安全保障

ジョー・バイデンはハンターの仕事に関与している! SNSも腐っている!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ハンター・バイデンのビジネスパートナーだったボブリンスキー氏は、ハンターたちのビジネスにジョー・バイデンが深く関わっていたのは確実だと述べた。

ボブリンスキー氏が最初にジョー・バイデンと会った時に、ハンターは父親に対して「彼は我々が中国で行っているビジネスに力を貸してくれる人だよ」と言って、ボブリンスキー氏を紹介した。

ジョー・バイデンは常々「息子のビジネスのことで息子と話をしたことなど一度もない」と話しているが、もしそれが本当なら、この息子の紹介にどう答えるだろうか。

「中国とのどんなビジネスだって? お前は一体何を言っているんだ?」というような答が返ってくるはずだが、ジョー・バイデンには驚いた様子などまるでなかった。

代わりにジョー・バイデンは「息子と弟は君のことを心から信頼している。だから私も君を信頼する。一生懸命頑張ってくれ」と述べた。

翌日にボブリンスキー氏が再度ジョー・バイデンのもとに連れて行かれ、ボブリンスキー氏がジョー・バイデンを車まで案内することになった際に、ジョー・バイデンは「息子と弟の面倒を頼む。わが一家の面倒もな」と話した。

ということは、ジョー・バイデンは弟と息子だけにとどまらないファミリービジネスとして捉えていたということになる。

その後ジム・バイデン(ジョー・バイデンの弟)と2時間ほど会話した際に、ボブリンスキー氏は「ジョーは2020年の大統領選挙に出馬するつもりだろうに、君たちはこんなビジネスをしていて気にしていないのか」とジムに尋ねた。

その時にジムはボブリンスキー氏に対していたずらっぽく笑って「もっともらしく否認すればいいんだよ」と答えた。

ボブリンスキー氏は勇気を出して真実を発言し、同じ主張を言い続けているのに、主流派マスコミは彼の主張をまともに取り上げず、SNS企業は関連情報の遮断を行った。

こうした話はロシアが流しているニセ情報だといったことばかりが出てくることに、彼は怒りを覚えている。

それは彼がロシアの工作員であるかのような話になり、彼の名誉を汚すことになるからだ。

ボブリンスキー氏は、フェイスブック社、グーグル社、ツイッター社の誰からも、電話であれ、メールであれ、手紙であれ、メッセージであれ、問題のメールが本物かどうかを尋ねる問い合わせが1つも来ていないと語る。

「こんな決定的な情報がアメリカ人に届かないようにブロックしているのは、犯罪と言うべきだ」

ボブリンスキー氏の怒りは当然だろう。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューヨークポストの記事
https://nypost.com/2020/10/27/hunters-biz-partner-tells-all-on-meeting-with-joe-biden-goodwin/?utm_source=maropost&utm_medium=email&utm_campaign=news_alert&utm_content=20201027&mpweb=755-9141201-720667516
Eastern Ontario Network からの引用画像(バイデン親子とボブリンスキー氏)
https://easternontarionetwork.com/wp-content/uploads/2020/10/Biden-Hunter-Tony-bobulinski-split-6jQPYU.jpeg
NewsWeekからの引用画像(Tony Bobulinski)
https://d.newsweek.com/en/full/1657569/tony-bobulinski.jpg?w=1600&h=1600&q=88&f=46f441c1208599fdc485611481dc837c
ニューヨーク・ポストからの引用画像(ジム・バイデン)
https://nypost.com/wp-content/uploads/sites/2/2019/09/james-biden.jpg?quality=80&strip=all

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  2. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…

関連記事

  1. 安全保障

    「北朝鮮はこの地域で最も差し迫った脅威」と、米司令官!(朝香 豊)

    アメリカ・インド太平洋軍のデービッドソン司令官は、ミサイル発射…

  2. 安全保障

    借金のかたに中国が銅山を要求か? ザンビア財務相は公式には否定! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 人権・民主主義

    カナダで中国の人権状況を批判する動きが相次ぐ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  4. 道理

    How abnomal the mainstream media are! Broadcast t…

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Wr…

  5. 中国

    武漢市葬儀場が遺体の運搬スタッフ募集! 時給15000円超!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  6. 人権・民主主義

    愛知トリエンナーレで、大村知事が河村市長に激怒!(朝香 豊)

    国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で、「表現の不自由展・その後…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    反中的なアメリカ企業を中国市場から排除か? 「香港人権法」への対抗処置! (朝香…
  2. 道理

    トルコにいる約50万人のウイグル難民! 収容所に親が捕えられた子どもも多い!(朝…
  3. 道理

    ニューヨーク州などが反トラスト法違反の疑いでフェイスブックを調査へ
  4. 安全保障

    実際の感染者数は、やはり中国発表の100倍で考えるべき! 新型コロナウイルス!(…
  5. 人権・民主主義

    「リベラル」マスコミはトランプ大統領を激しく非難! アメリカ国民の見方と相違!(…
PAGE TOP