安全保障

ジョー・バイデンはハンターの仕事に関与している! SNSも腐っている!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ハンター・バイデンのビジネスパートナーだったボブリンスキー氏は、ハンターたちのビジネスにジョー・バイデンが深く関わっていたのは確実だと述べた。

ボブリンスキー氏が最初にジョー・バイデンと会った時に、ハンターは父親に対して「彼は我々が中国で行っているビジネスに力を貸してくれる人だよ」と言って、ボブリンスキー氏を紹介した。

ジョー・バイデンは常々「息子のビジネスのことで息子と話をしたことなど一度もない」と話しているが、もしそれが本当なら、この息子の紹介にどう答えるだろうか。

「中国とのどんなビジネスだって? お前は一体何を言っているんだ?」というような答が返ってくるはずだが、ジョー・バイデンには驚いた様子などまるでなかった。

代わりにジョー・バイデンは「息子と弟は君のことを心から信頼している。だから私も君を信頼する。一生懸命頑張ってくれ」と述べた。

翌日にボブリンスキー氏が再度ジョー・バイデンのもとに連れて行かれ、ボブリンスキー氏がジョー・バイデンを車まで案内することになった際に、ジョー・バイデンは「息子と弟の面倒を頼む。わが一家の面倒もな」と話した。

ということは、ジョー・バイデンは弟と息子だけにとどまらないファミリービジネスとして捉えていたということになる。

その後ジム・バイデン(ジョー・バイデンの弟)と2時間ほど会話した際に、ボブリンスキー氏は「ジョーは2020年の大統領選挙に出馬するつもりだろうに、君たちはこんなビジネスをしていて気にしていないのか」とジムに尋ねた。

その時にジムはボブリンスキー氏に対していたずらっぽく笑って「もっともらしく否認すればいいんだよ」と答えた。

ボブリンスキー氏は勇気を出して真実を発言し、同じ主張を言い続けているのに、主流派マスコミは彼の主張をまともに取り上げず、SNS企業は関連情報の遮断を行った。

こうした話はロシアが流しているニセ情報だといったことばかりが出てくることに、彼は怒りを覚えている。

それは彼がロシアの工作員であるかのような話になり、彼の名誉を汚すことになるからだ。

ボブリンスキー氏は、フェイスブック社、グーグル社、ツイッター社の誰からも、電話であれ、メールであれ、手紙であれ、メッセージであれ、問題のメールが本物かどうかを尋ねる問い合わせが1つも来ていないと語る。

「こんな決定的な情報がアメリカ人に届かないようにブロックしているのは、犯罪と言うべきだ」

ボブリンスキー氏の怒りは当然だろう。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューヨークポストの記事
https://nypost.com/2020/10/27/hunters-biz-partner-tells-all-on-meeting-with-joe-biden-goodwin/?utm_source=maropost&utm_medium=email&utm_campaign=news_alert&utm_content=20201027&mpweb=755-9141201-720667516
Eastern Ontario Network からの引用画像(バイデン親子とボブリンスキー氏)
https://easternontarionetwork.com/wp-content/uploads/2020/10/Biden-Hunter-Tony-bobulinski-split-6jQPYU.jpeg
NewsWeekからの引用画像(Tony Bobulinski)
https://d.newsweek.com/en/full/1657569/tony-bobulinski.jpg?w=1600&h=1600&q=88&f=46f441c1208599fdc485611481dc837c
ニューヨーク・ポストからの引用画像(ジム・バイデン)
https://nypost.com/wp-content/uploads/sites/2/2019/09/james-biden.jpg?quality=80&strip=all

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  2. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  5. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    イタリアでリベラル勢力が暴走! サルビーニ氏の免責特権を剥奪!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!反移…

  2. 安全保障

    台湾、武漢のある湖北省からの団体客ゼロに! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  3. 経済

    新型肺炎で、中国は「不可抗力証明書」を発行へ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 経済

    サプライチェーン組み換え予算はショボい! 緊急経済対策!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  5. 安全保障

    ヨーロッパは民主主義の立場で中国と対峙せよ! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    朝日新聞系のwithnewsが「日本死ね!」の称賛記事を掲載! 事実に基づかない…
  2. 人権・民主主義

    死んだはずの有権者が郵便投票! 共和党の調査でバレる!(朝香 豊)
  3. 経済

    8月の訪日韓国人客が昨年比48%減と、朝日新聞が大々的に取り上げる! (朝香 豊…
  4. 安全保障

    中国の知的財産窃盗対策に遅れがあることを焦るアメリカ! もっとゆるい日本!(朝香…
  5. 安全保障

    「ズーム(Zoom)」は危険! 中華アプリには警戒を!(朝香 豊)
PAGE TOP