安全保障

ジョー・バイデンはハンターの仕事に関与している! SNSも腐っている!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ハンター・バイデンのビジネスパートナーだったボブリンスキー氏は、ハンターたちのビジネスにジョー・バイデンが深く関わっていたのは確実だと述べた。

ボブリンスキー氏が最初にジョー・バイデンと会った時に、ハンターは父親に対して「彼は我々が中国で行っているビジネスに力を貸してくれる人だよ」と言って、ボブリンスキー氏を紹介した。

ジョー・バイデンは常々「息子のビジネスのことで息子と話をしたことなど一度もない」と話しているが、もしそれが本当なら、この息子の紹介にどう答えるだろうか。

「中国とのどんなビジネスだって? お前は一体何を言っているんだ?」というような答が返ってくるはずだが、ジョー・バイデンには驚いた様子などまるでなかった。

代わりにジョー・バイデンは「息子と弟は君のことを心から信頼している。だから私も君を信頼する。一生懸命頑張ってくれ」と述べた。

翌日にボブリンスキー氏が再度ジョー・バイデンのもとに連れて行かれ、ボブリンスキー氏がジョー・バイデンを車まで案内することになった際に、ジョー・バイデンは「息子と弟の面倒を頼む。わが一家の面倒もな」と話した。

ということは、ジョー・バイデンは弟と息子だけにとどまらないファミリービジネスとして捉えていたということになる。

その後ジム・バイデン(ジョー・バイデンの弟)と2時間ほど会話した際に、ボブリンスキー氏は「ジョーは2020年の大統領選挙に出馬するつもりだろうに、君たちはこんなビジネスをしていて気にしていないのか」とジムに尋ねた。

その時にジムはボブリンスキー氏に対していたずらっぽく笑って「もっともらしく否認すればいいんだよ」と答えた。

ボブリンスキー氏は勇気を出して真実を発言し、同じ主張を言い続けているのに、主流派マスコミは彼の主張をまともに取り上げず、SNS企業は関連情報の遮断を行った。

こうした話はロシアが流しているニセ情報だといったことばかりが出てくることに、彼は怒りを覚えている。

それは彼がロシアの工作員であるかのような話になり、彼の名誉を汚すことになるからだ。

ボブリンスキー氏は、フェイスブック社、グーグル社、ツイッター社の誰からも、電話であれ、メールであれ、手紙であれ、メッセージであれ、問題のメールが本物かどうかを尋ねる問い合わせが1つも来ていないと語る。

「こんな決定的な情報がアメリカ人に届かないようにブロックしているのは、犯罪と言うべきだ」

ボブリンスキー氏の怒りは当然だろう。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューヨークポストの記事
https://nypost.com/2020/10/27/hunters-biz-partner-tells-all-on-meeting-with-joe-biden-goodwin/?utm_source=maropost&utm_medium=email&utm_campaign=news_alert&utm_content=20201027&mpweb=755-9141201-720667516
Eastern Ontario Network からの引用画像(バイデン親子とボブリンスキー氏)
https://easternontarionetwork.com/wp-content/uploads/2020/10/Biden-Hunter-Tony-bobulinski-split-6jQPYU.jpeg
NewsWeekからの引用画像(Tony Bobulinski)
https://d.newsweek.com/en/full/1657569/tony-bobulinski.jpg?w=1600&h=1600&q=88&f=46f441c1208599fdc485611481dc837c
ニューヨーク・ポストからの引用画像(ジム・バイデン)
https://nypost.com/wp-content/uploads/sites/2/2019/09/james-biden.jpg?quality=80&strip=all

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 安全保障

    中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  2. 安全保障

    NATO、中国の軍事拡大を注意深く監視へ! 宇宙も作戦領域に入れる! (朝香 豊)

    NATOは、ブリュッセルで外相理事会を開催し、中国の軍事拡大を…

  3. 経済

    ファーウェイに対する中国政府からの補助金は8兆円超かも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ファ…

  4. 中国

    中国で相次ぐ天変地異! 火山の爆発もある?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!この…

  5. 安全保障

    フィリピン、米軍地位協定破棄を通告! 対中戦略に打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フィ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    懲役53年のはずのレイプ犯が7年後に釈放! 再びレイプ!(朝香 豊)
  2. 道理

    朝日新聞のねじ曲がった悪意! 浄化処理を行った水を「汚染水」と報じる!
  3. 中国

    武漢の葬儀場に骨壷引き取りの長蛇の列! ここから推定される本当の死者数は?(朝香…
  4. 安全保障

    もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. 安全保障

    羽田空港の給水停止騒ぎに、関空でのドローン事件! テロの事前演習か? (朝香 豊…
PAGE TOP