人権・民主主義

ウイグル人弾圧の内部文書を入手! 米団体!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカにあるウイグル人団体は、中国の収容施設に送られたウイグル人たちの状況を記録した内部文書を入手したと発表した。

同文書には、収容施設に送られた311人の名前、住所、詳しい家族の情報などが記されている。

収容施設に送られた理由も記され、女性がスカーフで顔を隠したり、男性がひげをはやしたりするなどの、イスラム教を信仰する人たちの慣習そのものが問題視されたケースも目立つ。

中国国外に親類がいる、パスポートの発給を申請したことがある、海外のウェブサイトにアクセスしたということも、収容の対象とされている。

中には「信用ならない」ということを理由として、施設に送られた人もいるという。

掲載された人の中に実在が確認できた人がいることなどから、内容の信憑性は高いとされている。

中国政府は、中国語や技能を学ばせる職業訓練が収容所の目的だと主張しているが、この文書からは実態が全く異なることが強く示唆される。

今回はアメリカ政府の動きではなく、民間団体の動きとして伝えられているが、アメリカ側からの中国へのプレッシャーは、今後も様々に続くことが予想される。

さて、日本はどういう動きを取るのだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200219/k10012291831000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_014
画像はウィキペディアから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/40/Kashgar_Uyghur_People.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    政府はLINE対策を抜本的に強化せよ! LINE側にも問題大!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    米政府、5Gのノキアとエリクソンの買収まで検討! ファーウェイ外しで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バー…

  3. 人権・民主主義

    ドイツは中国軍への支援中止を! 香港民主派の黄之鋒氏!(朝香 豊)

    香港の民主活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏は、ドイツの大…

  4. 人権・民主主義

    イタリアでリベラル勢力が暴走! サルビーニ氏の免責特権を剥奪!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!反移…

  5. 中国

    新型肺炎治療に抗HIV薬が有効か! 試用始まる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  6. 人権・民主主義

    トルコでも反中デモが! ウイグル政策に反発! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    郵便投票制度拡大法案! 米民主党が準備!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    FBIがハンター・バイデンを捜査中! マネーロンダリングで!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    百度、アリババ、テンセントは「中国共産党の武器」だと、米国務省が名指しで批判! …
  4. 安全保障

    韓国「国家情報院」の院長に朴智元氏! バリバリの親北派! (朝香 豊)
  5. 経済

    中国企業の過剰債務! システミック・リスクの危機!(朝香 豊)
PAGE TOP