安全保障

リトアニアが中国製スマホの安全性を警告! ドイツが追随か?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

リトアニア国防省が中国製スマホの安全性に警告を発し、中国製スマホの不買と購入済み製品の廃棄を公共機関や消費者に呼びかけた。「自由チベット」「独立台湾永遠なれ」「民主運動」などの用語が検閲対象となっており、ダウンロードしようとするコンテンツにこうした用語が含まれている場合にはダウンロードが妨げられるようになっているという。

暗号化された閲覧履歴データが、別の国にあるサーバーに送信されたことも確認したという。

EU地域で流通する中国製スマホの場合にはこうした機能は止められているが、理論上はいつでも遠隔作動によって変更できると、リトアニア国防省の国家サイバーセキュリティセンターは指摘している。

なお、台湾政府が「台湾」の名前の付く「台湾代表事務所」という外交施設をリトアニアに開設するのをリトアニア政府は許可した。これに中国が噛みつき、駐中国リトアニア大使を中国から引き上げることを要求した。さらに中国は駐リトアニア大使をリトアニアから引き上げるような真似も行なった。さらに中国はリトアニアとの間での直接の鉄道輸送を停止するなど、対リトアニア貿易にも様々な嫌がらせを行なっている。

リトアニア国防省の報告を受けて、ドイツも中国製のスマートフォンについて、安全性の調査を開始した。ドイツがリトアニアに追随する流れが生まれれば、流れは一気に変わる。ドイツ政府が公明正大な調査を行うことを期待する。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

jp.reuters.comの記事
https://jp.reuters.com/article/lithuania-china-xiaomi-idCNL8N2QQ37Q
www.dw.comの記事
https://www.dw.com/en/lithuania-cybersecurity-agency-warns-against-chinese-made-phones/a-59266470
min.newsの記事
https://min.news/en/tech/ee602b622b410947d252a8f712b1c215.html
中国製スマホの画像
https://p-dress.jp/uploads/article/image/7564/shutterstock_749038366.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  4. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 中国

    武漢発新型肺炎の蔓延を、習近平国家主席の国賓招日拒否につなげよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  2. 中国

    TikTokに数多くの脆弱性が見つかる! 個人情報流出の恐れ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!サイ…

  3. 人権・民主主義

    香港「国家安全維持法」の衝撃! 裁判権の独立も失う! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  4. 経済

    ウイグルの強制労働で生産された綿を、日本企業が使用か?(朝香 豊)

    日本の無印良品とユニクロは、中国の新疆ウイグル自治区で綿を調達…

  5. 経済

    カラチの証券取引所が襲撃される! 知っておきたい裏事情!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!パキ…

  6. 安全保障

    イラン政府が新型コロナで情報隠蔽の疑い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    郭台銘は台湾総統選への無所属の立候補を断念 (朝香 豊)
  2. 安全保障

    アメリカが韓国に必要な情報を渡さなくなった可能性あり!
  3. 人権・民主主義

    森友学園での許されない財務省の「認諾」による幕引き! (朝香 豊)
  4. 道理

    釜山市長のセクハラ辞任の裏事情!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    アメリカの要人が相次いで中国を非難! 民主党出身のペロシ下院議長も!(朝香 豊)…
PAGE TOP