安全保障

FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

一見地味だが、実に重要な発表がフェイスブックからなされた。

フェイスブックは新型コロナウイルスへの対処としてヒドロキシクロロキンが有効であるとの投稿を事実に合わないものとして削除してきたが、それが誤りであったことを認めた。

ヒドロキシクロロキンの有効性を否定する論はCDC(全米疾病管理予防センター)のファウチ所長らが主張してきたものであるが、これと対立する見解をフェイスブックは削除していた。

ご存知の方も多いと思うが、トランプ大統領はヒドロキシクロロキンの有効性を信じて、コロナ感染する前から服用していた。

ヒドロキシクロロキンは安価なマラリア薬であり、コストもかからないこともあって、トランプ大統領はこれの服用を国民に対しても勧めてきた。このトランプ大統領の発言を医学的根拠のないフェイクだとするために、またトランプは自分に有利ならフェイクを平然と撒き散らすとんでもない大統領だとする印象操作を行うために、民主党支持のファウチ所長や主流派メディアやSNS各社が協力してきた疑いがさらに強まった。

学術論文では、コロナ感染の早期からヒドロキシクロロキンを服用すると死亡率が79%も下がっているとする研究など、その有効性を示すものは数多く公表されていたのに、こうした見解を掲載することをフェイスブックは認めてこなかった。

アメリカでのコロナの犠牲者は44万人を超えてきたが、ヒドロキシクロロキンの有効性を早期から認めていたら、どれほどの命が助かったのだろうか。

トランプ大統領にプラスの評価を与えたくない、ネガティブな評価を与えるのに利用したいというただそれだけの理由で、多くの命が犠牲にされてきた可能性は、今後も徹底的に追及されなければならない。
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

www.thegatewaypundit.comの記事
https://www.thegatewaypundit.com/2021/01/440000-americans-dead-facebook-american-journal-medicine-admit-stand-hcq-wrong-people-prosecuted/
ヒドロキシクロロキンの画像
https://im-media.voltron.voanews.com/Drupal/01live-166/styles/sourced/s3/ap-images/2020/04/10c7a21735f2f6aa908b3b42d99ab8f5.jpg?itok=_1XUI02b

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    台湾のワクチン購入が突然白紙に! 背後に中国の影!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 人権・民主主義

    「日本の尊厳と国益を護る会」が、習近平国賓に反対の意見書提出!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自民…

  3. 人権・民主主義

    ガンジーはレイシストでファシスト?? 像の撤去を求める動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  4. 安全保障

    米司法省、ファーウェイを追起訴! 中国をさらに追い詰める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米司…

  5. 安全保障

    イギリス・イタリアはファーウェイ排除! だがドイツは逆走へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  6. 道理

    眞子内親王がご成婚へ! 責任問われる小室圭氏!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!眞子…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    バイデンだけでなくハリスも問題! 民主党正副大統領候補と中国との関係!(朝香 豊…
  2. 人権・民主主義

    保守派を潰すための字幕操作! 韓国のテレビ局!(朝香 豊)
  3. 中国

    コロナウイルスが武漢研究所から漏れた疑いを、中国の大富豪が指摘!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国の食糧危機は深刻かも! 食べ残し厳禁を習総書記が号令!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    コロナ不安で出生数激減! 大騒ぎの意外なツケ!(朝香 豊)
PAGE TOP