安全保障

新興国・発展途上国支援を、今こそ国策として追求しよう! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスは、世界的にどんどんと感染地域を広げている。

最近はヨーロッパやアメリカでの感染拡大が大きな話題になっているが、今後アフリカや南米などでも急激に広がっていくのは確実だろう。

すでにアフリカでも、コートジボワール、セネガル、コンゴが非常事態宣言を出しており、南アフリカの感染者は700人を超えてきた。

新興国・発展途上国は、若年層が多いところはまだ救いではあるが、先進国ほど医療水準が高くなく、感染の広がりによって多くの命が奪われることになるのは避けられない。

世界経済が縮小していく中で、こうした国々が抱える困難は、尋常ではないことになる。

例えば資源国は、先進国の需要減退によって、とてつもない危機に陥っている。

買ってもらえる数量が減った上に、価格が暴落しているからだ。

原油価格が20ドル台半ばで低迷しているのは、今の事態を端的に示している。

このために、国家を発展させるために、中国などから莫大な借金をしてきた国々は、返済の目処が立たなくなり、「債務の罠」に落ちつつある。

先進国がリスク回避の動きから、投下資本を回収する流れになっていて、新興国・発展途上国は多大な資金の流出にも苦しんでいる。

IMFに対して救済の申し出を行った国々は、すでに80カ国に達した。

さて、日本はこの状況で何ができるだろうか。

もちろんIMFに対する出資を大幅に増やすというのも方法ではある。

だが、そうした間接的な関わりばかりではなく、直接的な形で援助を行うことで、日本の存在感を高めることも考えたい。

例えば、資源の開発権益を日本企業がこの機会に積極的に獲得する動きに出るのはどうだろうか。

今のような状況であれば、安価に権益を獲得することができるはずだ。

この資金については低利での公的な融資によって賄うようにし、万一のリスクを民間企業に負わせないような仕組みを作ってやるなら、民間企業は喜んで参加してくれることだろう。

債務国の返済負担の軽減を扱うパリクラブやロンドンクラブで、債務の減免について積極的なリードを取るようにするというのも、ぜひ取り組んでもらいたい。

これによって国内の金融機関には大きな損失が生まれることになるだろうが、この問題は金融機関の放漫経営によって生じたものではないわけだから、公的資金を注入して経営を支えることもやるべきだろう。

こうした動きを積極的に見せることで、新興国・発展途上国に、この危機への対処を最も真剣に考えている誠実な国がどこなのかをわからせることが大切なのだ。

一帯一路構想で中国に取り込まれている諸国を、日本の側に完全に引き戻すという戦略性を、日本政府にはぜひもって行動してもらいたいものだ。

今こんなことが行える力があるのは、世界の中でも日本とアメリカくらいしかない。

その強みを大いに活かすべきだ。

そしてそれは今後の日本の発展のための資産になる。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

画像はnhregister.comから借用
https://www.nhregister.com/bayarea/article/Maps-show-explosion-of-COVID-19-cases-world-15151752.php
https://s.hdnux.com/photos/01/11/20/62/19205308/3/920×920.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 安全保障

    新型コロナウイルスの専門家会議! 対応がのろすぎる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    ファーウェイがフランスに工場建設か! どうせならエリクソンを誘致したら?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ファ…

  3. 中国

    中国の国家発展研究院院長が「感染ゼロ」圧力で、中央政府を批判!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北京…

  4. 安全保障

    中国の監視カメラ企業など8社をトランプ政権はブラックリストに掲載!(朝香豊)

    トランプ政権は、中国の監視カメラ企業のハイクビジョン、ダーファ…

  5. 安全保障

    削除不可能なマルウェアが見つかる! 中国製アンドロイドスマホ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Ma…

  6. 経済

    韓国企業ピンチ! 世界2大格付け機関が、相次いで韓国企業を大量格下げ方針を示す!

    S&Pに続き、ムーディーズも韓国企業多数の信用格付けの下方修正…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国のサッカー学校運営から撤退! 独FCケルン!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    サウジ攻撃はイラン南西部から?(朝香 豊)
  3. 未分類

    新型コロナウイルスで大打撃を受ける韓国産業!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    デモに参加して逮捕された人たちを支持する集会が、モスクワで開かれた! (朝香 豊…
  5. 安全保障

    感染者数の日韓の差は単に検査数の違いか?  そうではない!(朝香 豊)
PAGE TOP