安全保障

楽天が中国テンセントから出資受け入れ! 容認した日本政府への落胆!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

楽天は日本郵政と中国のテンセントとの提携を進め、中国のテンセントから657億円にものぼる出資を受け入れた。加藤勝信官房長官は、個人情報の中国への流出を防ぐよう求め、楽天がこれを受け入れた形にはなっているが、どのような情報流出防止策が取られたのかについて、楽天は国民に説明すべきではないだろうか。

ネット通販において日本国内でのシェアの大きな楽天が日本郵政と手を組むことは、物流網の構築という観点で見て、楽天に大きなメリットがあることは明白である。日本郵政にしても楽天の配送に傘下の日本郵便がしっかり食い込めることには業務上大きなメリットがある。これによってアマゾンに対抗していこうというのは、日本資本を守る上で高い意義があることは認められる。

楽天は携帯電話事業に参入したものの、先行投資に膨大な費用が掛かっており、資金ショートぎみである。携帯電話事業を離陸させるためには、さらなる投資を進めなくてはならない。すでに携帯電話事業で十分なキャッシュを集められるようになっている3大キャリアと比べて、現在楽天は圧倒的に不利な状況に置かれている。

日本郵政は政府が過半を出資する企業であり、ここが特定の私企業である楽天に肩入れすることを問題視する論調もあるが、外資であるアマゾンに対抗できるネット通販が存在すること、また携帯電話事業を営む会社が増えて競争条件が高まることは、現段階の日本にとってはより重要なことではないかと、私には感じられる。

だがその一方で中国のテンセントの出資の受け入れは容認し難い。テンセントはメッセンジャーアプリのWeChatなどで知られる中国の通信大手である。「ホワイトハッカー」として活躍して、ハッキング技術を磨いていることでも知られる。

楽天は日本郵政とのデータ共有による物流プラットフォームを構築することを計画しているようだが、このプラットフォームには日本郵便の持つ住所情報のみならず、ゆうちょ銀行やかんぽ生命などの金融データも含まれることになるのかもしれない。ここに中国のテンセントが絡むことはどう考えても好ましいこととは思えない。

楽天はテンセントを通じて国境を超えた電子商取引網の構築を狙っていると思われるが、この提携の中で日本郵便との間でのデータ共有の仕組みにテンセントが入り込むことの懸念は非常に重大だ。

改正外為法で安全保障上の脅威となる買収や資本参加は大きく制限されるようになったと言われているが、実際にはまだまだ甘いところがある。相手が国有企業でなければ、10%以下の出資であれば事前の届け出をしなくてもいいことになっているから、3.65%にとどまるテンセントの出資は外為法上はなんの問題もないことになる。

だが、そもそもテンセントを純粋な民間企業だとみなすことに問題がある。中国共産党に逆らうことなど、中国の民間企業に許されるはずもないのは明らかだ。

おそらくはテンセントの投資は単純な収益目的の投資にすぎないという扱いでお茶を濁したのだろうが、今回の事態は日本が経済安全保障をどこまで真剣に考えているかの試金石にもなっただけに、テンセントの出資受け入れには落胆せざるをえない。

日本政府は楽天に資本を投入できる先を用意して、今からでもテンセントの出資を引き上げさせるようにすべきではないだろうか。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO70547720R30C21A3TJ2000/
business.nikkei.comの記事
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00133/00056/
テンセントの画像
https://www.sankeibiz.jp/images/news/210329/bsj2103291837006-p1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 安全保障

    台湾で訪台する中国人のための文書偽造が問題に! 日本は大丈夫なのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!台湾で…

  2. 安全保障

    TikTok、アメリカでも禁止へ! 事業売却か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 人権・民主主義

    TikTokでメークしながら、習近平国賓反対動画を作る日本人女性登場!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

  4. 経済

    これでも中国経済が成長するんだって! 各社エコノミストのありえない見通し!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 経済

    追い込まれたソフトバンクG! 約1兆円の赤字発表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソフ…

  6. 安全保障

    日本は韓国ほど検査していない! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元F…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    トランプ新党できたら参加を考える! 共和党の70%!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港の覆面禁止条例の違憲判断に、中国全人代報道官が大反発!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    新型コロナウイルスで、中国がデマ情報か? 台湾で指摘!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港民主化運動がノーベル平和賞候補へ! 米超党派議員が推薦!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    バイデン政権は誕生する! それでもこれからもトランプを応援しよう!(朝香 豊)
PAGE TOP