安全保障

ドコモ口座を愉快犯レベルで捉えるな! 国家が背景である可能性も!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ドコモ口座の不正引き出し問題は実に深刻だ。

犯人は被害者の氏名・銀行口座番号・暗証番号などを何らかの手段で不正入手し、この情報を使ってドコモ口座を開設した。

この上で、被害者の銀行口座とドコモ口座をリンクさせ、被害者の銀行口座からドコモ口座に入金させていた。

被害者はこのようなことが起こっていることに全く気づいていなかった。

ドコモ口座悪用の手口

さて、被害者の個人情報を犯人がどうやって入手したのかはわからない。

金融機関のサーバにハッキングを仕掛けて奪ったのかもしれないが、被害者のスマホから情報を抜き取ったのかもしれない。

今回の事件ではそうではなかったとしても、そういうことがありうる世の中に暮らしていることは意識しておくべきではないだろうか。

問題のあるアプリだと、スマホに登録されている情報を勝手に検索し、その情報を盗み取り、それを外部のサーバに送るということがありうるからだ。

現在問題視されている中国製アプリの場合にも、こうしたことの危険性が疑われているわけだ。

悪意のあるアプリをインストールしてしまうと、アプリはそこからスマホ内に入り込んで情報を検索し、データを引き出すことが可能になる。

場合によってはそこからネットワークに入り込み、さらに拡散することも考えられる。

つまり、問題あるアプリをインストールしてしまったのがAさんだとしても、AさんとネットワークでつながっているBさんやCさんにも被害が及ぶ可能性があるわけだ。

さて、今回の事件での被害額は1800万円だという話だが、あくまでもこれは犯人側からしたら「予行演習」だと思われる。

もっと大きな混乱を引き起こせる準備を、犯人側はすでに整えているのかもしれない。

この事件を愉快犯のレベルで捉えるべきではない。

悪意ある国家が背景に控えている可能性もありうるはずだ。
 
 
もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200910/k10012611061000.html
Yahoo!ニュースからの引用画像(ドコモ口座悪用の手口)
https://giwiz-tpc.c.yimg.jp/q/iwiz-tpc/images/tpc/2020/09/09/1599616771_20200908-00000079-mai-000-view.jpg
iPohne Maniaからの引用画像(ドコモ口座)
https://d3a3a5e2ntl4bk.cloudfront.net/uploads/2020/09/1da2c353334e3b90088dc317bf36a3d6.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    北朝鮮に仮想通貨の技術を伝えたことで、アメリカの専門家を逮捕!(朝香 豊)

    アメリカ政府は米国の制裁を逃れられるブロックチェーン技術を北朝…

  2. 安全保障

    ソレイマニ暗殺で、却って緊張は低減する! 私の独断!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  3. 安全保障

    ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  4. 道理

    キプロスがゴールデン・パスポートを廃止! 中国人に打撃か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私の…

  5. 安全保障

    中国の監視カメラ企業など8社をトランプ政権はブラックリストに掲載!(朝香豊)

    トランプ政権は、中国の監視カメラ企業のハイクビジョン、ダーファ…

  6. 安全保障

    コロナ騒ぎのどさくさ狙った、英半導体大手の中国完全乗っ取り計画! 失敗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!英半…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    トルコでも反中デモが! ウイグル政策に反発! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    「落ち着いて行動するように」と安倍総理! 国民の不安を解消しているのか?(朝香 …
  3. 人権・民主主義

    香港区議選挙、民主派圧勝! 議席の2/3超え!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    中国の考えることはえげつない! 香港の民間企業を国営企業の支配下に置き、統制を図…
  5. 道理

    コロナで中国に責任を負わせろ! 米で続々続く中国非難の声!(朝香 豊)
PAGE TOP