中国

「スペイン風邪」も中国起源か? 有力説あり!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「スペイン風邪」は、第1次世界大戦の終わりに近づいた1918年から2年後の1920年にかけて、世界的な大流行に発展したインフルエンザだ。

全世界で5000万人が亡くなったとされる。

名前の由来は、流行当初が第一次世界大戦の真っ最中だったことと関わっている。

第1次世界大戦中の報道規制のために、当時中立国であったスペインでの流行ばかりが報道されてしまったのだ。

したがって、スペインが発祥の地というわけではない。

その点では、スペインにはとてもお気の毒だ。

では「スペイン風邪」の起源がどこだったかといえば、実は未だに確定されてはない。

そこで、中国共産党はアメリカ起源説を採用して、アメリカを攻撃する材料として使っている。

だが、実は今有力視されているのは、中国起源説だ。

第一次世界大戦の主戦場に、ドイツの東側(東部戦線)と西側(西部戦線)があった。

西部戦線はドイツとフランスの間に南北に線状に展開されていた。

そして、このフランス側の西部戦線の後方支援として、実は大量の中国人が動員されていたのだ。

その数は合計で96000人にのぼる。

彼らは鉄道を使ってカナダを横断してヨーロッパに送られた。

この中で3000人強の人たちには検疫を受けた医療記録が残っている。

そしてその医療記録から、その中にインフルエンザと思われる症状が多く見られたこともわかっているのだ。

こうした中国人労働者が送り込まれたフランスには、こうした中国人を扱う専門の病院が作られた。

こうした病院の一つで作られた記録が発見され、その病院では呼吸器疾患により数百人の中国人が死亡したことがわかっている。

また、1917年11月に中国北部で流行したインフルエンザが、1918年になってからヨーロッパで広がったスペインかぜと同じものだと確認されたとする、当時の中国政府の保険当局がまとめた文献も発見された。

ヨーロッパ人の間で感染が急激に広がり、パンデミックがピークに達したのは1918年の秋のことだったが、この頃にはヨーロッパに送られた中国人労働者の中では、発症例がなくなっていたこともわかった。

この頃には中国人労働者の間には、とっくに免疫ができていたと考えると、辻褄が合うわけだ。

こうした傍証だけで中国起源で間違いないとすることは、科学的には正しいということにはならないだろうが、一貫した説明がつく非常に有力な説であるということは知っておいていいのではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のナショナル・ジオグラフィックの記事
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/031300172/?P=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    習近平国賓来日に賛成! 総理の芽を自ら潰した石破茂! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 経済

    誤解の大きいRCEP! まずは事実確認から!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!RC…

  3. 外交

    中国を念頭に「法に逆行」批判! 南シナ海問題で菅義偉総理!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅義…

  4. 経済

    12月の景気動向指数が発表! 抜本的な経済方針の転換を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!12…

  5. 安全保障

    バイデン側のキーパーソンがさらなる爆弾を炸裂! 証拠をFBIに提出すると明言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バイ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    呪われた中国! 三峡ダム崩壊の可能性をまじめに考える!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    ウイグルのジェノサイドをAP通信が詳細報道! これをツイッターは不適切判定!(朝…
  3. 安全保障

    新型コロナで先手を打つアメリカ! 先を読み、準備へ!(朝香 豊)
  4. 外交

    グレタさんを支える環境団体のバックに中国政府?(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    ウイグル政策の継続を、中国政府が明言! 形は変わるかも?(朝香 豊)
PAGE TOP