中国

「スペイン風邪」も中国起源か? 有力説あり!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「スペイン風邪」は、第1次世界大戦の終わりに近づいた1918年から2年後の1920年にかけて、世界的な大流行に発展したインフルエンザだ。

全世界で5000万人が亡くなったとされる。

名前の由来は、流行当初が第一次世界大戦の真っ最中だったことと関わっている。

第1次世界大戦中の報道規制のために、当時中立国であったスペインでの流行ばかりが報道されてしまったのだ。

したがって、スペインが発祥の地というわけではない。

その点では、スペインにはとてもお気の毒だ。

では「スペイン風邪」の起源がどこだったかといえば、実は未だに確定されてはない。

そこで、中国共産党はアメリカ起源説を採用して、アメリカを攻撃する材料として使っている。

だが、実は今有力視されているのは、中国起源説だ。

第一次世界大戦の主戦場に、ドイツの東側(東部戦線)と西側(西部戦線)があった。

西部戦線はドイツとフランスの間に南北に線状に展開されていた。

そして、このフランス側の西部戦線の後方支援として、実は大量の中国人が動員されていたのだ。

その数は合計で96000人にのぼる。

彼らは鉄道を使ってカナダを横断してヨーロッパに送られた。

この中で3000人強の人たちには検疫を受けた医療記録が残っている。

そしてその医療記録から、その中にインフルエンザと思われる症状が多く見られたこともわかっているのだ。

こうした中国人労働者が送り込まれたフランスには、こうした中国人を扱う専門の病院が作られた。

こうした病院の一つで作られた記録が発見され、その病院では呼吸器疾患により数百人の中国人が死亡したことがわかっている。

また、1917年11月に中国北部で流行したインフルエンザが、1918年になってからヨーロッパで広がったスペインかぜと同じものだと確認されたとする、当時の中国政府の保険当局がまとめた文献も発見された。

ヨーロッパ人の間で感染が急激に広がり、パンデミックがピークに達したのは1918年の秋のことだったが、この頃にはヨーロッパに送られた中国人労働者の中では、発症例がなくなっていたこともわかった。

この頃には中国人労働者の間には、とっくに免疫ができていたと考えると、辻褄が合うわけだ。

こうした傍証だけで中国起源で間違いないとすることは、科学的には正しいということにはならないだろうが、一貫した説明がつく非常に有力な説であるということは知っておいていいのではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のナショナル・ジオグラフィックの記事
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/031300172/?P=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国民…

  2. 外交

    スリランカが脱中国化! 国際空港整備、日本の大成建設が受注! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!スリ…

  3. 安全保障

    河野防衛相、中国の軍事拡大に警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  4. 道理

    トルコにいる約50万人のウイグル難民! 収容所に親が捕えられた子どもも多い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トル…

  5. 安全保障

    自民・中谷氏、新型肺炎の周知期間に疑問! ごもっとも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自民…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    北朝鮮の人権に声を上げろ! 国際人権団体が束になって文在寅を突き上げる!(朝香 …
  2. 韓国・北朝鮮

    後継者は金与正氏! 金正恩氏が指名か?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    香港区議選挙、民主派圧勝! 議席の2/3超え!(朝香 豊)
  4. 経済

    6Gの開発支援の基金は、たったの1100億円? 大丈夫か、日本!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    アメリカ、中国便の禁止を検討! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)
PAGE TOP