安全保障

米司法省、ファーウェイを追起訴! 中国をさらに追い詰める!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米司法省は、中国のファーウェイが企業秘密を盗みながら、当局には虚偽の説明したとして、同社を追起訴した。

ファーウェイは既に詐欺や米国の対イラン制裁法違反の罪で起訴されていたが、米司法省は「威力脅迫および腐敗組織に関する連邦法(RICO法)」を援用して、ファーウェイをさらに追い詰めることにした。

ファーウェイが数十年に渡って知的財産の窃盗を行うことで、自社の研究開発費をかけることなく、トップレベルの技術にキャッチアップし、著しく不当な競争上の優位性を得たと、厳しく批判した。

機密情報の入手したに成功した従業員に特別報奨を支払うボーナスプログラムまで導入していたことを指摘した。

アメリカの対中包囲、特にファーウェイに対する封じ込めは、さらに強い段階に引き上げられたと言えよう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-14/Q5NP02DWLU6U01

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 中国

    武漢発新型肺炎の感染者はすでに10万人〜20万人か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    イラン政府が新型コロナで情報隠蔽の疑い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  3. 安全保障

    アメリカが韓国に必要な情報を渡さなくなった可能性あり!

    北朝鮮が公開した写真によると、9月10日に北朝鮮が発射したミサ…

  4. 中国

    新型コロナウィルスは生物兵器として開発された可能性が!(続編)(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  5. 人権・民主主義

    国際人権団体代表、香港入りを拒否される! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国際…

  6. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?

    トランプ大統領は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    旭日旗禁止のために払う韓国側の「努力」を笑ってはならない
  2. 人権・民主主義

    米共和党の重鎮が相次ぎ、中国建国70周年に批判的声明!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    新型コロナの最初患者は11月発症! 年末には226人! 中国政府は全部隠蔽!(朝…
  4. 道理

    ウォームビア夫妻が執念の北朝鮮への報復! 全世界の隠し資産を探求!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港支持のツイートに中国激怒! NBAが大揺れに!(朝香 豊)
PAGE TOP