安全保障

米司法省、ファーウェイを追起訴! 中国をさらに追い詰める!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米司法省は、中国のファーウェイが企業秘密を盗みながら、当局には虚偽の説明したとして、同社を追起訴した。

ファーウェイは既に詐欺や米国の対イラン制裁法違反の罪で起訴されていたが、米司法省は「威力脅迫および腐敗組織に関する連邦法(RICO法)」を援用して、ファーウェイをさらに追い詰めることにした。

ファーウェイが数十年に渡って知的財産の窃盗を行うことで、自社の研究開発費をかけることなく、トップレベルの技術にキャッチアップし、著しく不当な競争上の優位性を得たと、厳しく批判した。

機密情報の入手したに成功した従業員に特別報奨を支払うボーナスプログラムまで導入していたことを指摘した。

アメリカの対中包囲、特にファーウェイに対する封じ込めは、さらに強い段階に引き上げられたと言えよう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-14/Q5NP02DWLU6U01

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  3. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  4. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    巧妙化する麻薬の密輸! 瀬取り方式の進化系も登場! (朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!麻薬の…

  2. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を抜本的に変えよ! 日本政府!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!厚生…

  3. 外交

    中国を念頭に「法に逆行」批判! 南シナ海問題で菅義偉総理!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅義…

  4. 経済

    中国の不動産バブル崩壊! 多方面にわたる影響と悲劇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香 豊)

    アメリカに駐在する中国の外交官がアメリカ政府関係者などと面会す…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    新型コロナウイルス人工説! 台湾大学教授も!(朝香 豊)
  2. 道理

    男系継承の重みを踏まえる! 菅総理明言!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    湖北省から帰国組の施設滞在期間の短縮を検討! アホか!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    黒川検事長と安倍内閣は検察にハメられたのでは? これから倒閣運動? (朝香 豊)…
  5. 安全保障

    朝日・毎日でも憲法改正賛成派が反対派を上回る! 今こそ憲法改正を思い切って打ち出…
PAGE TOP