経済

待ったなしの米債務上限問題! 民主党左派の動きで世界経済崩壊も!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

現在アメリカは債務上限問題に直面している。債務上限問題とは、政府債務が議会の決めた上限枠に到達し、議会が上限枠を引き上げないとこれ以上債務を増やせなくなっているという問題だ。しかも現在政府内にあるお金も10月18日には底をつくことになると、イエレン財務長官が警告するほど切迫しているのである。

債務上限問題はアメリカでは珍しいことではなく、これまでも上限が近づけば何度も引き上げられてきた。だから今回も大したことにはならないだろうと思われていたのだが、現在審議中の法案のことと絡んで予断を許さない事態に陥ってきている。

現在アメリカにはインフレが襲ってきている。日本の「百均」の元祖となった「1ドルショップ」がアメリカにはあるが、「1ドルショップ」の商品の販売価格が1.1ドルとか、場合によっては1.5ドルとかになってきている。こうした価格上昇は庶民生活を苦しめている。

こうなると政府はインフレの加速につながらないように、財政政策を引き締め気味に対応すべきということになる。だがアメリカでは現在、とてつもないバラマキ法案が審議されていて、共和党はとてもではないがこれを飲むことができないのである。

このバラマキ法案は「3.5兆ドル法案」と呼ばれ、民主党内の左翼陣営が強力にプッシュしているものである。年間39兆円ほどのバラマキを10年間にわたって行おうというものなので、今こんなものをやったらインフレを加速させ、アメリカ経済はとんでもない状態になってしまう。

現在でも米ドルの金利は上昇を示し、高くなったこの金利に引き寄せられて世界中のお金が米ドルに向かいつつある。そこにこんなものが通過して、米ドル金利がさらに引き上げられるようなことになれば、それはまさに世界経済を崩壊させかねないくらいの破壊力を持つ。

さて、現在アメリカでは上院も下院もホワイトハウスも民主党が押さえている。だったら民主党がゴリ押しすれば法案を通すのは難しくないんじゃないかと思うかもしれない。ところが、上院民主党のマンチン議員とシネマ議員がこのバラマキ法案に強力に反対しており、民主党だけでは上院の多数派を握れない状況になっているのである。

さらに厄介なのは、アメリカではこの「3.5兆ドル法案」と並んで1.5兆ドルのインフラ整備法案が出されており、こちらはマンチン議員とシネマ議員は賛同しており、すでに上院は通過して下院の採決を待つばかりになっていることだ。

これの何が厄介かと言えば、民主党左派からすれば、こんなインフラ法案よりも「3.5兆ドル法案」の方がずっと大切であるから、「3.5兆ドル法案」が通過するまではインフラ法案を棚ざらしにする方針なのである。

つまり民主党左派は、「3.5兆ドル法案」を通過させた上でさらに1.5兆ドルのインフラ整備法案も通過させようということなのであり、両方とも通ると年間55兆円、10年で550兆円の追加財政支出を認めることになってしまうのである。

このタイミングでは債務の上限撤廃に共和党が応じることはできない。それゆえに政府の財政破綻が発生しかねない状況となっているのである。

現在の状況で望ましい着地点は、「3.5兆ドル法案」を民主党が撤回し、その代わりに共和党が債務の上限撤廃に応じ、1.5兆ドルのインフラ整備法案をすんなり通すというものだが、民主党左派の強硬な姿勢からすると、これがなかなかうまく行きそうにない状態なのだ。

中国経済の崩壊だけでなく、このアメリカの状況によって、世界経済はとんでもないことになりかねない入口に差し掛かっている。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米軍がタリバンに残した武器類は総額10兆円近く! バイデンは意図的にやっている?(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6722

マルクス主義や批判的人種理論が米軍内で浸透! これを批判する将校が除隊に!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6706

edition.cnn.comの記事
https://edition.cnn.com/2021/09/28/politics/kyrsten-sinema-joe-manchin-negotiations/index.html
www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZASS0ISS12_V01C21A0000000/
バイデン大統領の画像
https://storage.googleapis.com/afs-prod/media/95578833e9894474be84b2997e0fd073/400.jpeg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    麻生財務相「消費税減税は考えていない」 日本を潰す気か!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!麻生…

  2. 人権・民主主義

    命ある限り体制批判を続けていく! 清華大学の許章潤教授!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 経済

    中国洪水被害は意外と軽微! 中国メディアが報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  4. 安全保障

    WHOを追い詰める、アメリカ・台湾連合! メールの全文公開!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    マスコミは本質を報道せよ! 技能実習制度の問題点は何か? (平野 正幸)
  2. 安全保障

    リトアニアが中国製スマホの安全性を警告! ドイツが追随か?(朝香 豊)
  3. 中国

    中国の国家発展研究院院長が「感染ゼロ」圧力で、中央政府を批判!(朝香 豊)
  4. 中国

    中国共産党内部で、水面下で党内対立激化か?(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    「金正恩氏を愛する」と書かれている本を、文在寅大統領が推薦!(朝香 豊)
PAGE TOP