人権・民主主義

「公共のメディア」のはずのChoose Life Projectに立憲民主党が1000万円提供! 広告会社・制作会社経由で痕跡隠す工作!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「公共性」を重視し、自らを「公共のメディア」と位置づけているChoose Life Projectという団体がある。「テレビの報道番組や映画、ドキュメンタリーを制作している有志で始めたプロジェクト」で、TwitterやYouTubeを利用して情報発信を行っている。クラウドファンディングやマンスリーサポーター(有料月額会員)の協力などによって資金を賄い、運営してきたとされる。

このChoose Life Projectが広告会社や制作会社を経由するかたちで立憲民主党から「番組制作費」として1000万円以上の資金提供を受けていたことが明らかになった。さらにこの事実を番組の出演者にもクラウドファンディングへの出資者やマンスリーサポーターにも知らせていなかった。

Choose Life ProjectがWebページで「パブリック=公共は、いつもオープンであると同時に、コモンセンス=良識を持つことが大切」との姿勢から「軸はブレずに、“声なき声”を伝えていくメディア」であるとの打ち出しをしているのは皮肉だ。今回の事態は全くオープンではないし、「コモンセンス=良識」から見て全く正当化できない。こうした基本から外れているのは「ブレまくり」と言わざるをえないだろう。

ちなみにこの団体はクラウドファンディングを通じて3000万円以上集め、1800人以上のマンスリーサポーターがいる。マンスリーサポーターからは毎月数百万円の収入があるそうだ。

「公共のメディア」を自称する報道機関でありながら、特定政党から番組制作に関する資金提供を受けていたことは報道倫理に反するのは明らかだ。視聴者はもちろん、クラウドファンディングへの出資者やマンスリーサポーターにさえ知らせていなかったことも倫理上大きな問題を孕んでいる。

意外なのは、このことを小島慶子氏、津田大介氏、望月衣塑子氏、安田菜津紀氏、南彰氏の5氏が連名で抗議文を出したことによって表沙汰にされたことだ。「身内からの反乱」とも言える事態だ。

このことによってChoose Life Projectが大きな打撃を受けるのは間違いないが、立憲民主党も大きな打撃を受けることになる。しかも立憲民主党からストレートに資金が提供されているのならまだしも、広告会社や制作会社を経由する形で、つまり資金提供の事実を見えにくくする工作を通じて提供されているところに、立憲民主党の悪意を感じざるをえない。中立を装うメディアを通じて立憲民主党の影響力を広げようとしていたと言われても仕方ないだろう。

Choose Life Projectは1月6日にも事情の説明を行うとしているが、Choose Life Project以上に立憲民主党の説明責任が問われることになるのではないか。

立憲民主党はいわゆる”Dappi”問題で、”Dappi”が自民党から雇われていたかのような主張を行っていた。私は客観的な観点から見てその決めつけは間違っていると考えているが、それはともかくとして、こういう主張をやる一方で立憲民主党自身がこれほどの工作をしていたというのは説明がつくのだろうか。

もはや「解党的出直し」どころか、解党した方がいいと思う人も多いのではないかと思う。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

毎日新聞がれいわ新撰組の大石あきこ議員を持ち上げる記事を掲載! 疑われる中核派や北朝鮮との関係!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7189

拉致問題を教育で扱ってはいけない! 立憲民主党議員の本音!?(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7178

民主主義ではない共産党と連合は相容れない! 連合の芳野会長の指摘はその通り!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7128

「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7096

medium.comの記事
https://medium.com/@tsuda/choose-life-projectのあり方に対する抗議-7b7e65a79f2c
デイリーWiLLオンラインの記事
https://web-willmagazine.com/social-history/quCll
Choose Life Projectのページ
https://cl-p.jp/about/
Choose Life Projectの画像
https://sakisiru.jp/wp-content/uploads/2022/01/Choose-Life-Project.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ベトナム戦争時の民間人虐殺に関する調査を、韓国政府は拒否!(朝香 豊)

    ベトナム戦争の時に韓国軍が民間人虐殺を行ったとされる問題では、…

  2. 人権・民主主義

    香港警察は発砲を正当化! 映像からは苦しい言い訳だ!(朝香 豊)

    香港で若者に警察官が至近距離から発砲し、肝臓と腎臓が破裂する大…

  3. 人権・民主主義

    感動的な蔡英文総統の演説! 民主主義の大切さを再確認しよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  4. 人権・民主主義

    香港人に英国の完全な市民資格を与える政策を、イギリス保守党が検討か?(朝香 豊)

    返還前から香港に住んでいた人たちには、BNOと呼ばれる英国の二…

  5. 人権・民主主義

    フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!黒人…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    アメリカ以外にも広がる中共批判! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    「不自由展」に関わる補助金取りやめで、大村知事が国を訴えるって! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    米企業のファーウェイへの技術・製品輸出を認める! 改めて示したバイデン政権の親中…
  4. 経済

    麻生財務相「消費税減税は考えていない」 日本を潰す気か!(朝香 豊)
  5. 経済

    中国政府が安価な賃貸住宅を供給する意向を示す! バブル潰しにさらに一歩進める!(…
PAGE TOP