安全保障

沖縄タイムスが軍隊廃止のコスタリカを絶賛! 歴史的背景を無視!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

常備軍を持たずに平和を維持してきたとして、沖縄タイムスがコスタリカを絶賛した。

「無防備こそ最大の防御だ」とし、コスタリカは軍事費を医療や教育、環境に充て、国民の幸福度の最大化を図ってきたと、持ち上げている。

その上で、理想を現実にしたコスタリカから多くを学べと結んでいる。

これを書いた沖縄タイムスの石川亮太記者は、コスタリカのことをほとんど知らないのだろうと思われる。

コスタリカが常備軍を廃止したのは1948年のことだが、これはコスタリカ内戦の結果である。

内戦に勝利したフィゲーレスが常備軍を廃止したのは、内戦で戦ったカルデロン前大統領派が国軍を占めていたからにすぎない。

国軍はカルデロン前大統領派だから、これを維持すると自分たちが国軍に脅かされる懸念が大きかったからだ。

実際に隣国のニカラグアがカルデロン前大統領派と結びついて、コスタリカへの軍事干渉を試みる動きも始まっていた。

そこで国軍を即座に廃止する動きに出て、その代わりとして自分の息のかかった人員を予備役として、あるいは公安部隊として組織して、軍事訓練するようにしたのだ。

名前の上では自国の軍隊であっても、他国に利用される可能性が高いから、それを封じるために廃止したにすぎないのだ。

「軍隊はいらない」という、お花畑な抽象的平和主義から廃止したわけではないというところは、しっかりと確認しておきたい。

さて、常備軍を廃止する代わりとしてコスタリカで整備された公安部隊は、建前は武装警察ではあるが、実質的には軍隊と変わらないだけの力を持つ。

コスタリカの公安部隊には、「公安・秩序を守る」「住民の安全を守る」という役割も与えられているが、「国の自主性を守る」という国防の役割も与えられているのだ。

しかもニカラグアの「公安」経費は、389百万ドル(2017年)であり、隣国のニカラグアの軍事費(81百万ドル 2018年)の5倍近くに達し、公安部隊はかなり強力だというのも、忘れるべきではない。(ただし、公安経費には警察予算も含まれているので、全部が公安部隊の経費というわけではない。)

これはコスタリカの経済建設がニカラグアと比べてかなりうまく行っていて、コスタリカの経済規模がニカラグアの4倍、一人当たりGDPでは5倍程度あることとも密接に関係している。

さらにコスタリカはアメリカと同盟関係にあり、米州相互援助条約に加盟している。

コスタリカへの攻撃が仮にあったとすれば、それは米州相互援助条約加盟国全体への攻撃とみなされる集団安全保障体制が機能しているのだ。

コスタリカは空想的平和主義などではないのだ。

確かにコスタリカは平和主義を口にしている。

だが、それは軍事力を利用した対外干渉行動は行わないという意味合いだということを忘れるべきではない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の沖縄タイムスの記事
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/523578

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…

関連記事

  1. 安全保障

    北京に入ると14日の強制隔離処置! 日本政府、この現実を直視せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    台湾有事の緊張高まる! 中国軍・米軍・台湾軍が臨戦態勢へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    中国のハニトラにかかった下院議員! ペロシは擁護!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米下…

  4. 安全保障

    トランプ大統領、事態のエスカレートを避ける! 対イランで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソレ…

  5. 安全保障

    中国がCTBTに違反して小規模核実験の可能性! 米国務省が指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米国…

  6. 安全保障

    金正恩、「苦痛は怒りに変わった」とアメリカを批判!(朝香 豊)

    北朝鮮の金正恩委員長は、「アメリカをはじめとする敵対勢力がわれ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    2020年夏に、ホンダが自動運転「レベル3」の車を発売へ! (朝香 豊)
  2. 中国

    南アフリカ起源の新種は「オミクロン株」と命名! ここに習近平への忖度があったのか…
  3. 安全保障

    ついにドイツが対アジア外交を転換! 中国と距離を取る方針へ!(朝香 豊)
  4. 外交

    処理水の海洋放出の問題を、韓国は国際会議で正式議題に取り上げさせる方針!(朝香 …
  5. 道理

    朝日新聞のねじ曲がった悪意! 浄化処理を行った水を「汚染水」と報じる!
PAGE TOP