中国

新型肺炎で中国との境界封鎖要求高まる! 香港!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスの流入を防ぐため、香港では中国との境界封鎖を求める声が高まっている。

中国政府が香港への団体旅行を禁止したことに加え、香港政府も香港への個人旅行の受け入れを停止することを決めた。

だが、ビジネスや親族訪問を目的とした中国本土からの入境は今なお認められていて、その数はなお1日あたり1万人以上になる。

中国本土の感染状況が深刻化しており、こうした入境も原則として禁止しなければ、まだまだ危険ではないかという不安が出ているわけだ。

2003年にSARSの大流行があった際に、香港は一番大きな被害を受けた場所であり、そういう点でとりわけ神経質になるのは当然でもある。

半年以上にわたる民主化運動に対する厳しい弾圧で、中国政府に対する不信や不満が募っている。

封鎖を求める一部の医療団体は2月3日からのストライキを計画中だ。

なお、封鎖を求めた、小型爆弾の爆発事件も3箇所で起こっている。

こうしたテロ活動を認める気にはならないが、入境封鎖の問題を巡って、香港と中国の間の溝はさらに広がることになったようだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/200129/wor2001290028-n1.html
画像も同記事から
https://www.sankei.com/images/news/200129/lif2001290050-p1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 中国

    北京などで強風に煽られ大火事! 中共政府は呪われている?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北京…

  2. 安全保障

    アメリカが中国大使館員を追放! 米海軍基地への侵入を試みる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バー…

  3. 安全保障

    アメリカ以外にも広がる中共批判! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 安全保障

    台湾退役将校3人を事情聴取! 中共へのスパイ行為!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    強制送還直前で米外交官が脱北者を救助! 韓国政府は救助を躊躇!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香…
  3. 安全保障

    WHOの恐るべき中国忖度の実態! 武漢に行っても調査はせず!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    FBIがハンター・バイデンを捜査中! マネーロンダリングで!(朝香 豊)
  5. 経済

    中国が豪州産牛肉輸入の一部を差し止め! コロナ独立調査機関呼びかけに対抗!(朝香…
PAGE TOP