安全保障

だんだん見えてきた不正選挙の闇! ドミニオン社の背景!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカの不正投票問題の渦中で、選挙投開票サービスを展開しているドミニオン社の問題が急浮上してきたことは、以前のブログでも述べた。

このドミニオン社のシステムによって、トランプ大統領の票が突如削除されたり、バイデン側に動かされたりしていることは確実視されていたが、これに関する具体的な事実をトルーマン・ブラックという人が詳細に調べた。

例えば、ペンシルバニア州の11月4日4時7分43秒の記録では、総投票数が2984468票で、トランプが56.6%、バイデンが42%を獲得していた。これがこの1分8秒後の4時8分51秒の記録では、総投票数は54票だけ増えた2984522票なのに、トランプの獲得票の割合は56%と0.6%減少し、バイデンの獲得票が42.6%と0.6%増えていた。増えた54票が全部バイデンの票だったとしても、せいぜい0.002%しか動かないはずなのに、トランプは0.6%減少しバイデンが0.6%増えるという異常が見られたわけだ。この0.6%というのは17900票程度だが、これがトランプからバイデンに付け替えられたことになる。トランプの票が17900票減り、バイデンの票が17900票増えたとすれば、両者の得票差は35800票変わることになる。

トルーマン・ブラック氏はこの1件に気づいただけで終わりにせず、ドミニオン社のシステムを採用している30州でどのような票の操作があったのかを詳しく調べてみた。その結果、ペンシルバニア州では22万票余りがトランプからバイデンに移され、94万票余りの投票が消えていることを突き止めた。ジョージア州では2万票弱がトランプからバイデンに移され、3万票余りの投票が消えていた。

こうした不正操作の総合計では、トランプからバイデンに移された票は54万票を越え、消えた投票の合計は280万票余りとなる。

ミシガン州のアントリム郡でトランプに投じられた約5500票がバイデン側にカウントされていたことが発覚した際に、バイデン側はこれは人為的なミスにすぎないとしていた。だが、ここで明らかになったのは、たまたまの人為的なミスでは説明がつかない事態だ。

しかもドミニオン社のエンジニアリング担当副社長であるエリック・クーマー氏が2016年に外部から選挙システムに干渉することが可能であると認めていることもわかった。今回はまさにその干渉が行われた結果なのではないだろうか。

ところで、ドミニオン社が利用しているソフトウェアはスマートマティック社のものだが、このスマートマティック社の社長はピーター・ネッフェンジャーという人だ。そしてこのネッフェンジャー氏はバイデンの政権移行チームのメンバーとなっている。これだけでも怪しくないだろうか。

しかもスマートマティック社はもともとはベネズエラの故チャベス大統領らがチャベス大統領の選挙結果を彼らにとって「好ましい」ものとするために設立した会社である。チャベス大統領は世界的によく知られた社会主義のリーダーだったことは忘れるべきではない。

このスマートマティック社の選挙システムは南米各地で行われた選挙で数多くの不正を生み出したことがわかったために、米議会はこのソフトウェアを疑問視し、一部の州では禁止された。そしてベネズエラと関係が深い中国もこの会社に資金提供していることがわかっている。この点からすると、同社のソフトウェアを選挙で使っているのは、アメリカの安全保障上も大問題だ。しかもドミニオン社はスマートマティック社の孫会社という位置付けなのだ。そして民主党のナンシー・ペロシ下院議長の顧問がこのドミニオン社の上級幹部となっている。

闇の全貌が見え始めてきたと言えるのではないだろうか。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のwww.epochtimes.jpの記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/11/64754.html
hive.blogからの引用画像(ドミニオン社)
https://images.hive.blog/DQmSwjvfHvn663XhBhySBsgFrHi4mnf68oKjrjZvDcn5Sea/Screenshot_2020-11-09%20dominion%20voter%20fraud%20at%20DuckDuckGo.png
gnewsからの引用画像(投票不正)
https://gnews-media-offload.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2020/11/13080552/Picture65.png
img.jp.sputniknews.comからの引用画像(故チャベス大統領)
https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/img/303/64/3036401_0:210:3582:2147_1000x541_80_0_0_88c40426181d90c06482efaf533ed8ed.jpg
Twitterからの引用画像(トランプからバイデンへの票の移動の証拠)
https://pbs.twimg.com/media/Em7SdqtUcAUHf7B.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  4. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  5. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 中国

    新型コロナウイルスはどう広がったのか! 大胆推理!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  2. 人権・民主主義

    昭和天皇が燃やされる映像作品はヘイトではない=東大特任助教! (朝香 豊)

    国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・そ…

  3. 人権・民主主義

    「慰安婦ビジネス」が明らかになった尹美香氏! 反日活動に大打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元慰…

  4. 安全保障

    チョ・グク氏の義兄が北朝鮮からベトナムへの石炭密輸に関与発覚! (朝香 豊)

    チョ・グク氏の義兄が所属する海運会社が、国連制裁決議に違反して…

  5. 人権・民主主義

    チョ・グク氏逮捕濃厚に! 文政権に打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    米連邦最高裁はテキサス州提起の訴訟は却下! 残念!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    「議事堂襲撃事件」にFBIが関与か? タッカー・カールソンが報道!(朝香 豊)
  3. 経済

    文在寅、ソウル大が選ぶ最悪の大統領1位! 87%(朝香 豊)
  4. 道理

    日本維新の会の国会議員団が訪韓へ 原則論を棚上げするなら行くのは反対!
  5. 経済

    中国の賃金未払い問題が地方政府レベルでも広がる! (朝香 豊)
PAGE TOP