中国

中国で再び封鎖処置が相次ぐ! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ロシア国内にいる中国人の中から、新型コロナウイルスの感染者が相次いで発見された。

これを受けてロシア政府は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、在ロシアの中国人150万人を中国に強制帰国させる処置に出た。

すでに中国への帰国は始まっており、4月7日までに中国に帰国し、検査結果が出た人の中から、陽性反応者が84人、無症状感染者が127人出たとされる。

検査人数は不明だ。

陽性反応者の方が数が少ないのは、おそらくは陽性反応者は有病者に限っているということなのだろうと思われる。

つまり、実質的には陽性反応者が211人で、そのうち発症者が84人、無症状感染者が127人なのだと推察する。

ロシア国境に接している綏芬河市にも大勢の中国人が戻されてきたため、 綏芬河市当局はオフィスビルを改装して隔離施設を用意しようとしているが、部屋数はわずかに600とのことだ。

当面は体育館に収容されているが、非常に寒いようだ。

この事態を受けて、綏芬河市は再び封鎖処置を取っている。

感染者が多く発見されているのは、ロシアからの帰国者だけではない。

欧米からの帰国者の中にも、数多くの感染者が見つかっているのは既報のとおりだ。

さて、武漢では4月8日に封鎖が解除されたと報じられたが、武漢と外部を通じる道路の封鎖は確かに解かれたものの、封鎖を解かれていない居住区もまだまだ多い。

一旦は封鎖解除となりながら、すでに再び封鎖された居住区もある。

武漢だけではない。

中国全土で再封鎖の動きが広がっているのだ。

武漢から遠く離れた遼寧省の金州区でも、再びクラブ、カラオケバー、カフェが閉鎖を命じられた。

3月23日までに中国全土で多くの映画館が営業を一旦開始したが、3月27日には再び全面禁止となった。

中国では感染拡大の第二波が起こり始めている。

なお、綏芬河市の様子を紹介する動画をYouTubeに見つけたので、これも見てもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

YouTubeの綏芬河市の様子の動画

ネタ元のビジネス・インサイダーの記事
https://www.businessinsider.jp/post-210770

画像はYouTubeのサムネイルを利用
https://i0.wp.com/www.visiontimesjp.com/wp-content/uploads/2020/04/2020-4_11_Heilongjiang_newhospital.jpg?fit=600%2C317&ssl=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    カナダ人9割が中国は信頼できないと回答! 世論調査!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世論調査…

  2. 安全保障

    帰国者からの単純計算では、武漢全体の感染者数は16万超えになる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!29…

  3. 中国

    症状が出ていない感染者からもウイルスはうつる! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  4. 人権・民主主義

    香港デモで、警察スパイが店舗破壊か? 証拠映像! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元日…

  5. 安全保障

    アメリカと台湾を結ぶ海底ケーブルが承認される! 香港ルートはボツ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米連…

  6. 経済

    北朝鮮のマネロンに中国人が関与! 米の真のターゲットは中国の銀行かも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    韓国の日本批判には効果的な反論を!
  2. 安全保障

    文政権の説明破綻! 問題の咸朴島の帰属を巡って (朝香 豊)
  3. 安全保障

    日本がファイブアイズに加入へ! 急速に強まる対中包囲網!(朝香 豊)
  4. 中国

    中国の国家発展研究院院長が「感染ゼロ」圧力で、中央政府を批判!(朝香 豊)
  5. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイなどの排除を、小規模民間通信会社にまで拡充へ! (朝香 豊…
PAGE TOP