安全保障

日本は国内のアウトブレイクに備える段階! フェーズを変えよ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

武漢で感染して重篤な状態になっていた、60代の日本人男性が、死亡した。

きっと親族などにも会えず、寂しい最期であっただろう。

同様にやはり武漢で感染したアメリカ人男性も死亡した。

やはり60才くらいの方のようだ。

ともにご冥福をお祈りする。

なお、この2人の死因について、中国の発表では「ウイルス性肺炎」となっていて、新型肺炎だとの確定的な判断はしていない。

これは数字を小さく見せるためのテクニックのように思うかもしれないが、おそらくは発症していても検査結果としてなかなか出ないせいではないかと思う。

日本人とアメリカ人のわずか2人に関して、姑息なことをやってみても、中国側には大したメリットはないだろう。

34歳で亡くなった李文亮医師も、1月10日に発病し、1月12日から集中治療室に入るほどの重症患者となりながら、陽性反応が出たのは1月30日になって初めてであった。

彼の場合は、潜伏期間の直後だけでなく、発症して20日間も感染の確認ができなかったわけだ。

そしてこのことは重大なことを意味する。

今後日本の中にも簡易判定キットが広がっていくのだろうが、その信頼性は決して高くないことを、あらかじめ承知しておかないといけない、ということだ。

とすれば、対策を考えるとすれば、簡易判定キットの信頼性が高くないことを前提とした上での封じ込めを考えるべきである。

日本はもはや水際対策の段階ではなく、国内のアウトブレイクが今後起きてくることを前提に、これをどう最小限に留めるかというところに焦点が向かうべき段階に達していると、私は思っている。

普通の風邪とこの肺炎とでは、初期症状において区別がつかない。

新型肺炎に罹ったかどうかを調べたいと思って安易に病院に行けば、逆に別の感染者からこのウイルスに移されてしまう恐れもあるわけだ。

どういう症状が見られたら、どういう行動を行うべきかについての交通整理がしっかりできていないと、病院がパンクするだろうし、病院自体が感染を広げる場になってしまう危険性が非常に高くなる。

その点においての明確な指針を、政府は国民にしっかりと示すべき段階に変わってきていると考えるわけだ。

そしてその指針を、国民に向けて何度も何度も繰り返して、誰でも知っていると確信できる状態にしていなければならない。

それこそが政治の責任だ。

対応が明らかに後手に回っている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる産経新聞の記事
https://www.sankei.com/life/news/200208/lif2002080022-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  3. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    香港の自由と民主主義の死! 菅政権は対中政策の転換を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!全国…

  2. 中国

    香港市民に英市民権与える動きに中国が報復を宣言! 天滅中共への道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    米豪はレアアースの安定調達の計画を発表へ! (朝香 豊)

    現在中国が世界生産量の80%を占めているレアアースの安定調達の…

  4. 中国

    武漢で1日に亡くなっている数を推計したら、すごいことがわかった! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  5. 人権・民主主義

    湖北省住民と江西省警察が激突! 警察車両が横転させられる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!3月…

  6. 人権・民主主義

    悪名高い「社会信用システム」の企業版も運用開始! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    中国共産党が過去の裏切者の話を掲載! 中国高官の米亡命は共産党体制と習近平を揺る…
  2. 経済

    中国の人口統計に明らかな疑惑! 日経新聞が報じる不思議!(朝香 豊)
  3. 道理

    答えたくない議論から逃げる河野太郎氏! 彼を日本のリーダーにするわけにはいかない…
  4. 韓国・北朝鮮

    トランプのメッセージを取り次いだ韓国を、北朝鮮が非難! 可哀想な韓国!(朝香 豊…
  5. 安全保障

    シンガポールの感染者数が多い理由を知ろう!(朝香 豊)
PAGE TOP