経済

米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

米中通商協議が部分合意に達したが、報道されている内容を見ると、中国がほぼ一方的に譲歩する合意だったようだ。

今回の合意でアメリカ側が得た利益は、知的財産権や金融サービスの分野の一部で前進があったことの他、中国による4〜5兆円に及ぶアメリカの農産物の購入が含まれているとされる。為替相場の透明性向上も具体策として合意に達したとされる。

これに対して中国が得た利益は、今月15日から予定されていた米による関税引き上げ(25%から30%への引き上げ)を取りやめることだけだ。

ライトハイザー米通商代表部代表は、12月に予定されている対中関税については何ら決定されていないとも述べている。つまり、今回の合意があっても、12月には予定通り対中関税を引き上げることがアメリカはできるということになる。

トランプ大統領は、今回の合意が今後数週間で白紙に戻るとは考えていないとは述べているが、その可能性があることは認めている。

中国側が不誠実な対応に出た場合には、この合意が覆される可能性は当然あるし、そのことに対する警戒心を持っていることを正直に語っているわけだ。これもまた、中国に対するプレッシャーになるだろう。

トランプ政権は米中合意を実現させるために融和的な姿勢を見せてきたわけではない。

むしろそれとは真逆であった。アメリカ大統領選挙が終わるまで中国が交渉を引き延ばそうとしているなら、自分が再選された後はもっと過酷な関税を課すことになると、中国側を脅すようなことまでやっていた。

多くの中国企業を新たにエンティティリスト(ブラックリスト)に掲載することも行ったし、中国国内での人権弾圧を理由に、中国政府の高官へのビザの発給制限を発表したりもしてきた。香港や台湾を支援する立法も、遠慮なく進めている。

こういうところに中国に対する正しい接し方とはどういうものかが示されているとも思う。

ソースとなったブルームバーグの記事https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-11/PZ7TXXT1UM0X01

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 経済

    韓国の輸出12ヶ月連続の減少! 11月は14.3%減!(朝香 豊)

    韓国の輸出は12カ月連続のマイナスだ。今年6月からは前…

  2. 経済

    世界経済成長率見通し、IMFはまた引き下げ! 世界の景気減速は隠しようもない!(朝香 豊)

    IMF(国際通貨基金)は世界経済見通しを、前回実施の7月の見通…

  3. 経済

    インテルが韓国などの半導体メーカーを駆逐するか? (朝香 豊)

    インテルは、一旦手放したメモリー開発を再び始め、新たにDCPM…

  4. 経済

    出光と東レ、世界最高レベルの次世代有機EL技術開発!(朝香 豊)

    出光興産と東レは、次世代有機ELの素子開発で世界最高レベル…

  5. 経済

    韓国企業ピンチ! 世界2大格付け機関が、相次いで韓国企業を大量格下げ方針を示す!

    S&Pに続き、ムーディーズも韓国企業多数の信用格付けの下方修正…

  6. 経済

    米中貿易協議「第一弾」が合意へ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米中…

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    韓国銀行のまとめた報告書が執筆者に無断で改竄された!(朝香 豊)
  2. 外交

    韓国向けの輸出管理強化を「差別的」だと韓国はWTOに提訴へ! 韓国の戦略性をしっ…
  3. 道理

    疑惑噴出の一方で、チョ・グク氏人気が上昇している?(朝香 豊)
  4. 経済

    欧州中央銀行のドラギ総裁が、積極財政に言及!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    サイバーセキュリティの国際組織がファーウェイの会員資格を一時停止へ! (朝香 豊…
PAGE TOP