安全保障

バイデン政権が打ち出した総額2兆ドル(220兆円)の大型投資! 日本も見習え!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのバイデン政権は8年間で総額2兆ドル(220兆円)に及ぶインフラ投資計画を議会に提出することがわかった。

このうち道路・橋・鉄道・電気自動車の充電スタンド設置などの交通網の整備に6210億ドル、サプライチェーンの強化を名目にした国内製造業の強化に3000億ドル、AIなどの研究開発投資に1800億ドル、再生可能エネルギーなどのエネルギー投資に1000億ドル、全米に高速通信網を整備するのに1000億ドルが費やされることになる。

これだけ大型の積極財政を行えば、経済活動は確実に活発化する。しかも8年間にわたって続けるという見通しのもとに進めるわけだから、企業としても思い切った設備投資を安心して行えることになる。

そしてこれにより、社会構造を従来のものから明確にバージョンアップさせられることになる。

バイデン政権の動きに呼応して、早速インテルは200億ドル(2.2兆円)を投じて半導体の受託製造事業(ファウンドリー)に再参入することを発表した。アリゾナ州に2工場を建設することをすでに決定したのである。

ところで、「アメリカはすごいなあ」と我々は傍観しているだけでいいのだろうか。

中国のリスクがますます拡大する中で、サプライチェーンの強化は必須である。最低限でも中国に依存しないでやっていける国にしなければならないし、IoT(モノのインターネット化)時代が到来することが見えている中では、自前で半導体をしっかりまかなえるようにするのは、国家の存立のためにも極めて重要であるはずだ。

かつて日本の半導体製造大手のルネサスには豊富なプロセス技術者がいたが、経営不振によるリストラによって国外企業に追いやってしまった。民間企業の自助努力で半導体製造能力を高めるのは相当に厳しいのが現状である。アメリカ以上に大きな国家的な支援で日の丸半導体の復活を目指すべきではないのか。

明白に日本の国力を増進し、社会構造をバージョンアップするのに必要な社会的な投資を行うのは、今後の世代のことを考えるならば、絶対にやっておかなくてはならない。

25年に及ぶ緊縮財政によるジリ貧路線から、日本は決別すべき時ではないだろうか。

菅政権は国家改造の10年計画の青写真を示し、思い切った社会投資によって日本を変革することを行うべきである。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN3102O0R30C21A3000000/
business.nikkei.comの記事
https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/depth/00991/
バイデン政権のインフラ整備計画の画像
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXZQO0456102031032021000000-1.jpg?w=638&h=638&auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&q=45&fit=crop&bg=FFFFFF&ixlib=js-1.4.1&s=41571e16597d4332dc38e05ccbef4b3e

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)

関連記事

  1. 中国

    「ローマで中国国歌を流して中国に感謝」はやはりフェイク! 伊メディアが報じる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「イ…

  2. 安全保障

    コロナ騒ぎのどさくさ狙った、英半導体大手の中国完全乗っ取り計画! 失敗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!英半…

  3. 安全保障

    やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  4. 安全保障

    BHRパートナーズをめぐる疑惑! ハンターのビジネスの闇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!例の…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中共系の「環球時報」の編集長が、ネット規制の厳しさに不満を述べる!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    ウイグルでは豚肉を食べるのを強制するだけでなく、豚肉生産基地化の計画が動いている…
  3. 安全保障

    コロナ対応の日独差は、何に起因するのか? (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    反中的なアメリカ企業を中国市場から排除か? 「香港人権法」への対抗処置! (朝香…
  5. 経済

    日本の出生数90万人割れへ! (朝香 豊)
PAGE TOP