人権・民主主義

「不正選挙に抗議するグループ」を削除! フェイスブック!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ大統領選挙の不正が様々に明るみになる中で、これに抗議するフェイスブックグループ”Stop The Steal”が、フェイスブック側によって削除されていたことがわかった。

フェイスブック側によると、暴力を誘発する恐れがあるとのことだが、暴力を謀議するような投稿のやりとりがあったということは示されていない。

同グループは開票作業の監視にあたるメンバーを募集したり、抗議集会の告知のために利用することを目的としていたが、フェイスブックによって正常な活動ができないようにさせられたことになる。

フェイスブックは明らかに暴力的な行動を何度も起こしているBLMやアンティファに対しては甘い対応を取ってきたことで知られており、この非対称的な対応は目に余るものがある。

ツイッターも、バイデン陣営が選挙を盗もうとしているなどと記したトランプ大統領の9つの投稿にフェイクの疑いがあるとの注記を付ける対応をとっている。

ここまで不正の証拠があがっていながらのこの対応は、あまりにも不自然である。

SNS系の企業が民主党中央と深い関係を持っていることはこれまでも様々に指摘されてきたが、これを改めて証明した形になった。

民主党の巨悪と戦ってきたトランプ大統領を絶対に勝たせるわけにはいかないということなのだろう。

この戦いに絶対に負けるわけにはいかない。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65907160W0A101C2I00000/
日経新聞からの引用画像(Stop The Steal)
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO6590714006112020I00001-PN1-2.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&fit=max&ixlib=java-1.2.0&s=841f5d52177a80839f57c2c3e383db6e

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    アメリカ3大テレビ局が中国批判を避けている! 研究機関が公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リベ…

  2. 人権・民主主義

    文政権は北朝鮮の人権状況を考えよ! 国際人権団体が公開書簡発表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アム…

  3. 人権・民主主義

    カナダで中国の人権状況を批判する動きが相次ぐ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  4. 人権・民主主義

    次々に報告される不正選挙の実態! ミシガン州!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ミシ…

  5. 人権・民主主義

    まずはジョージア州からぶっ飛ばす! シドニー・パウエル弁護士!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  6. 人権・民主主義

    過酷なウイグル人弾圧

    衝撃的な数字だ。新疆ウイグル自治区の人口は中国全土…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    投票結果が17万票の不適合! ペンシルバニア州!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    コロナは急激に弱毒化しているのでは? CDC統計から考える!(朝香 豊)
  3. 中国

    ベートーベン第9(歓喜の歌)を禁止に! 中国!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    韓国の統一外交安保特別補佐官が、従来アメリカが果たしてきた役割を中国に期待すると…
  5. 人権・民主主義

    民主党候補には35000票の嵩上げ! 大統領選挙だけではない!(朝香 豊)
PAGE TOP