経済

日経が財政拡大警戒論の記事掲載! 財政のタイプを区分けして語るべき!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

日経新聞が「財政を無尽蔵に膨らますことができるのか」という記事を掲載した。

矢野康治財務次官が文藝春秋に与野党の財政出動の公約を「バラマキ合戦」と批判したことを受けてのことだ。

この記事は1960年代のアメリカの経験を引用している。すなわち、ジョンソン大統領がベトナム戦争を拡大しながら、医療・教育の公的助成を拡充して、財政の悪化とインフレの亢進を招いたことだ。

これにより財政政策の拡張をすれば経済はうまくいくという初期ケインズ主義が挫折した。

挫折の原因はある意味では単純である。政府の行う支出が単なるバラマキにとどまり、生産力・生産性の向上に資さないのであれば、インフレにしかならないだろう。「福祉の充実」の名のもとにこうした野放図な財政の拡充をするだけであるなら、確かに経済的には意味が乏しい。

ではこの記事の「国費を安易につぎ込むのではなく、費用対効果や財源の手当てに責任を負うべき」という結論が正しいのかといえば、そうではない。費用対効果は重視しなければならないが、財源の手当ては国債を充てればよいからだ。

以前の記事でも書いたが、自国通貨建ての国債がデフォルトを引き起こすことは原理的にありえないから、国債発行について過度に慎重になる必要は全くない。

将来の産業を育て、効率性を高める投資的支出は財政でどんどん賄うべきである。新たな産業を興すのに膨大な資金と長い時間が必要になっている現代においては、民間企業のみにこの負担を背負わせては投資がなかなか進まないという現実もある。政府が投資を牽引するタイプの財政出動は是が非でも進めなくてはならない。

単なるバラマキ型の財政出動と投資的財政出動は完全に区別し、後者のタイプの財政出動はむしろ大いに実行していくべきではないのか。この両者を混同するような議論は不適切だということを指摘しておきたい。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

与野党の政策論は「バラマキ合戦」? 矢野康治・財務事務次官の揶揄は不適切!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6906

高市氏の真っ当な経済政策! ようやく正しい経済政策を打ち出す総理候補が出現した!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6756

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODK12CI10S1A011C2000000/
岸田総理の画像
https://kishida.gr.jp/wp-content/uploads/2020/09/984e21b6c51af2d344cd9433cc4aa1ed.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  2. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  3. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    DiDiへの弾圧に中国リスクを認識すべき! 避けられない米中デカップリング!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 経済

    ふざけた月例経済報告! 全く信用ならない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

  3. 経済

    中国の1〜2月の輸出は、前年比17%減! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    三菱ジェット機、結局凍結! 求められる支援策!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!三菱…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    バイデン一家の腐敗レポート第3弾! 米上院が公表!(朝香 豊)
  2. 中国

    ベートーベン第9(歓喜の歌)を禁止に! 中国!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    言論封殺のGoogle・Facebook・Twitter! 皮肉デザイン秀逸!(…
  4. 経済

    IMFがGDPの2.3倍に膨れ上がった世界の債務残高を警告!(朝香 豊)
  5. 外交

    台湾の次期副総統の頼清徳氏、アメリカで大歓待!(朝香 豊)
PAGE TOP