安全保障

なぜ防衛省は北の「飛翔体」について独自情報に基づいた発表を行わないのか?

北朝鮮が今日(9月10日)発射した「飛翔体」について、種別や飛距離、方角については分析中だとする説明を、岩屋防衛大臣は行った。この防衛省の発表に不満を感じたのは私だけだろうか。

政府はGSOMIAを破棄しても日本の安全保障には何らの影響もないと言っていたではないか。それなのに今回の「飛翔体」についての情報は、韓国軍が発表したもの以外は報道ベースに上がってきていない。

国民に安心感を与えるという見地で考えるなら、「飛翔体」の発射時間、発射場所、飛距離、方角程度は防衛省で即座に発表すべき事柄ではないのか。種別の特定には時間がかかるかもしれないが、それ以外の情報は速やかに開示すべきだろう。

それができないようでは、我が国に向けられた場合に対処できない恐れを抱かせることになるだろう。防衛省には国民の期待に応えるつもりはないのだろうか。情報の出し方があまりに稚拙だ。

これに関連する産経新聞の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  3. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    新型コロナウイルスで、台湾とチェコが協力協定へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 安全保障

    新型コロナウイルスは生物兵器として開発された可能性が!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!全米…

  3. 安全保障

    強力な対北朝鮮制裁「ワームビア法」がアメリカで成立へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!強力…

  4. 安全保障

    中国各地で封鎖処置が強化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  5. 安全保障

    ファーウェイの優位性は過大評価! ストランド社!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!デン…

  6. 安全保障

    アメリカの脅威はロシアで、中国ではない! バイデンが断言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    香港でメディアがまたもや大弾圧! 西側はきちんとした声を上げるべき!(朝香 豊)…
  2. 経済

    韓国では財閥系企業でも営業利益45%の大幅減少! 海外脱出はさらに進むか?
  3. 安全保障

    米新安保担当補佐官に人質解放に実績の高いオブライエン氏選出! ただし懸念もある!…
  4. 安全保障

    最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. 道理

    これはひどすぎる! 立民・共産・社民・令新による野党共通政策の提言!(朝香 豊)…
PAGE TOP