安全保障

マルクス主義や批判的人種理論が米軍内で浸透! これを批判する将校が除隊に!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

現在米軍内部でマルクス主義思想やその影響を多分に受けた批判的人種理論(アメリカの政治社会制度はすべて白人基準で出来上がっている人種差別的なものだという理論)が拡散しているのは知っているだろうか。

陸軍士官学校で批判的人種理論が教えられていることが共和党議員によって問題にされた時に、米軍の制服組トップのマーク・ミリー統合参謀本部議長は、「いま社会で起きていることを軍幹部候補生が学んでなぜ悪いのか。私は士官学校でマルクスもレーニンも毛沢東も読んできた」との反論を行ったことが報じられた。

バイデン政権の下では軍人も批判的人種理論に基づき、多様性や包括性などを受け入れることが求められていて、これに対して反対意見を口にすることも困難になっている。この結果、白人の家庭に生まれ、両親ともに健在であるなど、恵まれた家庭環境で育ってきたことが逆差別の対象となるようなことが、米軍の中では起こっているのである。

このような風潮の中で、この流れはおかしいと声を上げる将校も現れた。米宇宙軍に所属するマシュー・ローマイヤー中佐である。ローマイヤー氏は、米軍におけるマルクス主義や批判的人種理論の広がりを警告する本を出版し、ラジオ番組でその宣伝を行った。

これに対して宇宙作戦司令部のスティーブン・ホワイティング中将は、ローマイヤー中佐の指揮権を解く決定を下した。本の出版が軍人の政治的中立性を害しているというのがその理由である。

このホワイティング中将の決定に対して、上院軍事委員会のジム・インハーフ委員長(共和党)らが反対意見を表明しているのは、私は当然だと思う。マルクス主義思想や批判的人種理論は社会の安定を崩す有害な理論であるからだ。社会の各層には議論や双方の歩み寄りによっては解決のできない対立構造があり、この対立構造がある限り平和な社会が実現しないというのでは、社会を破壊に導くしかなくなるからだ。

こうした基本的な考察を抜きにして、マルクス主義や批判的人種理論を受け入れることの危険性はあまりに大きい。

マルクス主義や批判的人種理論を批判的には研究すべきであるが、こうしたものを受け入れたような教育を米軍内で進めているという現実は、あまりにも恐ろしいことではないだろうか。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.epochtimes.jpの記事
https://www.epochtimes.jp/p/2021/08/77514.html
news.yahoo.co.jpの記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/f1f5c83caa739da49e2c88186a1487955bf77978
マシュー・ローマイヤー中佐の画像
https://img.epochtimes.jp/i/2021/08/23/t_xfvzgl0zfed6um0a9o4v.jpg
マーク・ミリー統合参謀本部議長の画像
https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2017/08/17/5615e9205afbd39b128b4567-w640.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. 道理

    自動ブレーキなどが搭載された「安全運転サポート車」の購入を政府が支援!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自動…

  2. 人権・民主主義

    ジョージア州でバイデンが逆転だって! ありえない❗(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジョ…

  3. 安全保障

    おっとビックリ! 尖閣列島に米軍基地構想!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!マッ…

  4. 安全保障

    「緊急事態宣言」法が成立! だが、中身は全く不十分! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    習近平主席が姿を消す! すでに一週間!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    エストニアは5Gからファーウェイを排除へ! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    イベルメクチンの高い有効性を証明! インドのウッタル・プラデーシュ州!(朝香 豊…
  4. 安全保障

    進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    台湾人有名ユーチューバー、中国に屈しない姿勢を見せる! (朝香 豊)
PAGE TOP