人権・民主主義

被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進んでいる


「特定のメディアや個人を狙う攻撃が繰り返され、多くのメディアが萎縮し、沈黙する。そんな日本のメディア状況を描きたい」というドキュメンタリー映画「標的」の製作が進んでいるそうだ。

この映画で「標的」の対象とされた主人公は、元朝日新聞記者の、あの植村隆だ。慰安婦と女子挺身隊を混同させる誤報をやった張本人だ。彼を悲劇的に描いてみせるのが、どうやら趣旨らしい。

「おいおい」と言いたくなるのは、私だけではあるまい。植村隆は新聞記者なのに、自分が書いた記事について質問されると、「取材はお断りします。朝日に出ている通りです。広報を通してください」と言ってタクシーに乗り込んで逃げた人物だ。「インターネット上で植村氏や家族を脅迫する書き込みをした人たちも捜し出し、一人残らず提訴していく」という方針で、170人に及ぶ大弁護団を結成したことでも知られる。自分に反対する言論一切を封殺するために、組織力を使ったのが植村隆である。

正確さが命の報道で、あってはならない事実誤認(捏造)を行い、それを指摘されても認めずにずっと通した。それでもずっと記者をやり続けていた。

植村さん、あなたの行った事実誤認(捏造)によって、日本国と日本国民がどれほどの迷惑を被ったのか、よく考えてもらいたい。それとの関わりで言えば、あなたが受けた「被害」など、被害に値しないですよ。正確な報道を行わなかった記者としての責任は負わなくてもいいのですか?

自分たちの責任は棚上げにして、勝手に被害者ヅラをする…こういう奴らは絶対に許せない。

私としてはむしろ「特定の個人を狙うフェイクニュースが繰り返され、ネット上でいくら合理的な反論が積み上げられてもそれを報じることが一切ない。そんな日本のメディア状況を描いてもらいたい」ものだ。

朝日新聞の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  5. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    米共和党は中国大使館前の通りの変更を提案! 李文亮プラザ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 人権・民主主義

    香港で反体制派に対する暴力が頻発! 暴力で萎縮させる路線か? (朝香 豊)

    香港では、デモ行進の件で警察との交渉を終えて、警察署を出た3分…

  3. Featured Video Play Icon

    道理

    やっちまった〜! 原田環境相の「処理水の海洋放出しかない」発言を、小泉新環境相がさっそくお詫び

    小泉進次郎環境相兼原子力防災担当相は、就任後すぐに福島県を訪問…

  4. 道理

    「人種差別で黒人の命が軽視されている」は本当か? 統計を見よ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジョ…

  5. 道理

    ローマで中国国歌が流れる! 「中国ありがとう!」って、気持ち悪くないか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 道理

    トランプ完全復活! 逃げるバイデン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 韓国・北朝鮮

    韓国デモ、「200万人」は実は「7万6000人」か?(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    デモに参加して逮捕された人たちを支持する集会が、モスクワで開かれた! (朝香 豊…
  3. 韓国・北朝鮮

    親北派の韓国の米大使公邸乱入事件で、警官の懲戒処分なし!(朝香 豊)
  4. 経済

    高市氏の真っ当な経済政策! ようやく正しい経済政策を打ち出す総理候補が出現した!…
  5. 人権・民主主義

    民主党の選挙不正には長年の歴史がある! 重大な内部告発!(朝香 豊)
PAGE TOP