人権・民主主義

被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進んでいる


「特定のメディアや個人を狙う攻撃が繰り返され、多くのメディアが萎縮し、沈黙する。そんな日本のメディア状況を描きたい」というドキュメンタリー映画「標的」の製作が進んでいるそうだ。

この映画で「標的」の対象とされた主人公は、元朝日新聞記者の、あの植村隆だ。慰安婦と女子挺身隊を混同させる誤報をやった張本人だ。彼を悲劇的に描いてみせるのが、どうやら趣旨らしい。

「おいおい」と言いたくなるのは、私だけではあるまい。植村隆は新聞記者なのに、自分が書いた記事について質問されると、「取材はお断りします。朝日に出ている通りです。広報を通してください」と言ってタクシーに乗り込んで逃げた人物だ。「インターネット上で植村氏や家族を脅迫する書き込みをした人たちも捜し出し、一人残らず提訴していく」という方針で、170人に及ぶ大弁護団を結成したことでも知られる。自分に反対する言論一切を封殺するために、組織力を使ったのが植村隆である。

正確さが命の報道で、あってはならない事実誤認(捏造)を行い、それを指摘されても認めずにずっと通した。それでもずっと記者をやり続けていた。

植村さん、あなたの行った事実誤認(捏造)によって、日本国と日本国民がどれほどの迷惑を被ったのか、よく考えてもらいたい。それとの関わりで言えば、あなたが受けた「被害」など、被害に値しないですよ。正確な報道を行わなかった記者としての責任は負わなくてもいいのですか?

自分たちの責任は棚上げにして、勝手に被害者ヅラをする…こういう奴らは絶対に許せない。

私としてはむしろ「特定の個人を狙うフェイクニュースが繰り返され、ネット上でいくら合理的な反論が積み上げられてもそれを報じることが一切ない。そんな日本のメディア状況を描いてもらいたい」ものだ。

朝日新聞の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 安全保障

    戒厳令を敷くべき! トランプ大統領に求める声が相次ぐ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. 人権・民主主義

    命ある限り体制批判を続けていく! 清華大学の許章潤教授!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 道理

    バイデン親子と中国の黒い関係! アメリカで映画化される!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 人権・民主主義

    SNSの勝手な検閲を禁止! ポーランドで新法制定の動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    過剰な感染対策で、経済を潰すな!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    英国香港総領事館職員の拘束・拷問で、英外相が中国に抗議! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    新型コロナウイルスで対策に遅れが出ている国がある! お前が言うか?中国!(朝香 …
  4. 安全保障

    中国がコロナのアメリカ流出説で反転攻勢! 実は追い詰められている中国!(朝香 豊…
  5. 人権・民主主義

    習近平思想の学習が、中国中の宗教コミュニティで義務化へ!(朝香 豊)
PAGE TOP