人権・民主主義

被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進んでいる


「特定のメディアや個人を狙う攻撃が繰り返され、多くのメディアが萎縮し、沈黙する。そんな日本のメディア状況を描きたい」というドキュメンタリー映画「標的」の製作が進んでいるそうだ。

この映画で「標的」の対象とされた主人公は、元朝日新聞記者の、あの植村隆だ。慰安婦と女子挺身隊を混同させる誤報をやった張本人だ。彼を悲劇的に描いてみせるのが、どうやら趣旨らしい。

「おいおい」と言いたくなるのは、私だけではあるまい。植村隆は新聞記者なのに、自分が書いた記事について質問されると、「取材はお断りします。朝日に出ている通りです。広報を通してください」と言ってタクシーに乗り込んで逃げた人物だ。「インターネット上で植村氏や家族を脅迫する書き込みをした人たちも捜し出し、一人残らず提訴していく」という方針で、170人に及ぶ大弁護団を結成したことでも知られる。自分に反対する言論一切を封殺するために、組織力を使ったのが植村隆である。

正確さが命の報道で、あってはならない事実誤認(捏造)を行い、それを指摘されても認めずにずっと通した。それでもずっと記者をやり続けていた。

植村さん、あなたの行った事実誤認(捏造)によって、日本国と日本国民がどれほどの迷惑を被ったのか、よく考えてもらいたい。それとの関わりで言えば、あなたが受けた「被害」など、被害に値しないですよ。正確な報道を行わなかった記者としての責任は負わなくてもいいのですか?

自分たちの責任は棚上げにして、勝手に被害者ヅラをする…こういう奴らは絶対に許せない。

私としてはむしろ「特定の個人を狙うフェイクニュースが繰り返され、ネット上でいくら合理的な反論が積み上げられてもそれを報じることが一切ない。そんな日本のメディア状況を描いてもらいたい」ものだ。

朝日新聞の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  4. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    ウォームビア夫妻が執念の北朝鮮への報復! 全世界の隠し資産を探求!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  2. 人権・民主主義

    韓国検察が最後の意地を見せる! チョ・グク氏を在宅起訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!昨年…

  3. 道理

    中国が拘束していた北大教授を解放! 日本国内の世論の高まりに反応か?(朝香 豊)

    中国政府に9月から拘束されていた岩谷將・北海道大学法学研究科教…

  4. 人権・民主主義

    韓国でチョ・グク支持派のデモが150万人規模で開かれた!? (朝香 豊)

    韓国で、チョ・グク法相を支持する大規模デモが開かれた。…

  5. 人権・民主主義

    不正選挙に使われたUSBが紛失状態! ペンシルバニア州公聴会!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ペン…

  6. 安全保障

    ディズニーやアップルを名指し批判! 対中姿勢でバー司法長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国で6歳男児がわずか2週間待ちで肺移植! (朝香 豊)
  2. 未分類

    バイデン「黒書」がついに公開へ! トランプーバイデンTV討論の直前!(朝香 豊)…
  3. 経済

    中国人100人が合計で1.1兆米ドルの預け入れ! スイスのUBS銀行!(朝香 豊…
  4. 経済

    矛盾の中国財政! 表は緊縮、裏は拡張!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
PAGE TOP