安全保障

文在寅大統領は「安定・終息」判断していた! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

文在寅大統領はサムスン電子の李在鎔副会長などの財界人と2月13日に会っていた際に、「国内での防疫管理はある程度安定した段階に入ったようです。コロナ19(新型肺炎)は遠からず終息するでしょう」と述べていたことがわかった。

文在寅大統領は、新型コロナウイルスについて、極めて楽観論に走っていたわけだ。

なお、その前日には、韓国の保健福祉部次官が「地域社会への伝播を遮断しているため、集団行事を延期したり取り消したりする必要はない」とも話していた。

ところが、新天地大邱教会の広範囲にわたる伝播が起こったのは2月9日で、こうした感染者に症状が表れてきたのが14日前後だと見られている。

慶北清島テナム病院の精神病棟で感染症状が出てきたのは2月15日前後で、そこから患者2人を除く全員が感染し、感染者は114人にまで急拡大していった。

潜伏期間から考えると、最初の感染者が罹患したのは2月11日頃だと思われる。

文在寅大統領が「安定」「終息」を語っていた裏で、こうした感染が広がっていく事態が静かに進行していたことがわかる。

文在寅大統領にとってもう一つの皮肉は、この新型コロナウイルス対策の最前線で動いている疾病管理本部は、「(終息について)生半可な判断をするには時期尚早」であると、文在寅大統領の発言を完全に打ち消す発言を14日に行ったことだ。

文在寅大統領は政治的な思惑を優先し、専門家たちの声をきちんと聞いていなかったとして、批判を浴びることになった。

さらに、文在寅大統領は2月20日に、アカデミー賞を受賞した「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督と映画関係者らを大統領府に招待し、映画に出てきたチャパグリをメニューにした晩餐を開いた。

チャパグリとは韓国のインスタント麺料理なので、そんなに目くじら立てるほどのことでもないと思うのだが、韓国民には不謹慎に見えたようだ。

新型コロナウイルスの感染の広がりで大変な事態になっているのに、大統領府ではパーティーを開いているのか、というわけだ。

さて、韓国では4月に国会議員選挙を迎える。

文在寅政権は、自分が所属する「共に民主党」が敗北しても、少数派の親北政党が多くの議席を獲得できるようにして、保守系がどうしても多数派を握れないような選挙制度改革を実行していたが、新型コロナウイルスの蔓延で、この狙いも崩れたかもしれない。

ここはなんとしても、保守派の勝利に期待したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の中央日報の記事
https://japanese.joins.com/JArticle/262895?servcode=200&sectcode=200

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  2. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国で記者に新基準! 習近平思想の堅持とネットでの世論誘導を求める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  2. 安全保障

    文政権の説明破綻! 問題の咸朴島の帰属を巡って (朝香 豊)

    仁川空港から西にわずか45キロしか行っていないところに咸朴島と…

  3. 人権・民主主義

    専門家会議の議事録は完全に不要! なんで筋論を最後まで通さないのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 人権・民主主義

    中国ウイグル族活動家親族の迫害で、ポンペオ国務長官が懸念を表明! (朝香 豊)

    アメリカのポンペオ国務長官は、イスラム教を信仰するウイグル人に…

  5. 安全保障

    歓迎! 日本政府がついに韓国との世論戦に参入方針を示す! (朝香 豊)

    韓国政府は事実とは違う主張をしたり、自分たちに不都合な情報を隠…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 韓国・北朝鮮

    トランプのメッセージを取り次いだ韓国を、北朝鮮が非難! 可哀想な韓国!(朝香 豊…
  2. 人権・民主主義

    皮肉! 習近平の父親はウイグルに寛容だった!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国政府、湖北省出身者にチャーター帰国便を準備!(朝香 豊)
  4. 未分類

    立憲民主党で新代表に泉氏が当選! 誰がなっても混乱は必至!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    自民・中谷氏、新型肺炎の周知期間に疑問! ごもっとも!(朝香 豊)
PAGE TOP