安全保障

重大事態! 南シナ海で原潜爆発か! (朝香 豊)

南シナ海で、TNT換算で10〜20キロトン相当の水中爆発が観測された。

爆発はベトナムとフィリピンの中間あたりのやや北側に位置する領域で、日本時間の08時22分に約50メートルの深さで発生した。

爆発後に中国沿岸部と台湾で放射能レベルの上昇が記録されたようだ。

地震である可能性はない模様。

中国のものか米国のものかわからないが、原子力潜水艦の爆発である可能性がもっとも高いと思われる。

※ この記事のアップ後に情報収集をしていましたら、このニュースがフェイクかもしれないという説が流れていました。真偽はまだわかりませんが、その可能性もあると考えてお読みいただければと思います。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ネタ元のスプートニクの記事https://jp.sputniknews.com/incidents/201911226859019/
トップ画像は Hal Turner Radio Showのページから
https://halturnerradioshow.com/index.php/en/news-page/world/there-has-been-an-incident-in-the-south-china-sea
https://halturnerradioshow.com/images/2019/11/20/Under-Sea-Explosion_large.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 安全保障

    アメリカ、公衆衛生上の緊急事態を宣言! 新型肺炎で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    中国の監視カメラ企業など8社をトランプ政権はブラックリストに掲載!(朝香豊)

    トランプ政権は、中国の監視カメラ企業のハイクビジョン、ダーファ…

  3. 安全保障

    文在寅大統領は「安定・終息」判断していた! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!文在…

  4. 安全保障

    新型コロナウイルス はやはり人為か? ケンブリッジ大学の論文集に掲載!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロン…

  5. 安全保障

    親中派だったマレーシアのナジブ前首相 有罪判決への流れに!(朝香 豊)

    巨額の不正資金疑惑をめぐって職権乱用など42の罪に問われている…

  6. 安全保障

    「緊急事態宣言」法が成立! だが、中身は全く不十分! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    北朝鮮に仮想通貨の技術を伝えたことで、アメリカの専門家を逮捕!(朝香 豊)
  2. Featured Video Play Icon

    人権・民主主義

    「香港を称える歌」が香港市民の間に急激に普及! あらゆる場所で大合唱されるように…
  3. 韓国・北朝鮮

    後継者は金与正氏! 金正恩氏が指名か?(朝香 豊)
  4. 安全保障

    帰国者からの単純計算では、武漢全体の感染者数は16万超えになる!(朝香 豊)
  5. 経済

    8月の訪日韓国人客が昨年比48%減と、朝日新聞が大々的に取り上げる! (朝香 豊…
PAGE TOP