安全保障

重大事態! 南シナ海で原潜爆発か! (朝香 豊)

南シナ海で、TNT換算で10〜20キロトン相当の水中爆発が観測された。

爆発はベトナムとフィリピンの中間あたりのやや北側に位置する領域で、日本時間の08時22分に約50メートルの深さで発生した。

爆発後に中国沿岸部と台湾で放射能レベルの上昇が記録されたようだ。

地震である可能性はない模様。

中国のものか米国のものかわからないが、原子力潜水艦の爆発である可能性がもっとも高いと思われる。

※ この記事のアップ後に情報収集をしていましたら、このニュースがフェイクかもしれないという説が流れていました。真偽はまだわかりませんが、その可能性もあると考えてお読みいただければと思います。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ネタ元のスプートニクの記事https://jp.sputniknews.com/incidents/201911226859019/
トップ画像は Hal Turner Radio Showのページから
https://halturnerradioshow.com/index.php/en/news-page/world/there-has-been-an-incident-in-the-south-china-sea
https://halturnerradioshow.com/images/2019/11/20/Under-Sea-Explosion_large.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 安全保障

    米司法省、スパイ容疑で元中国人を逮捕!(朝香 豊)

    米司法省は、中国政府に米国家機密情報を渡した疑いで、中国出身で…

  2. 安全保障

    ツイッターの闇を暴くきっかけに! ビットコイン詐欺事件!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    米連邦最高裁はテキサス州提起の訴訟は却下! 残念!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!実に…

  4. 安全保障

    ソフトバンクに打撃! AI技術の米国から中国への持ち出しはダメ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソフ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    WTOの判断延期に騙されるな! 新型コロナウィルス!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    韓国公務員が北朝鮮軍に銃撃・焼却される! 謎の沈黙を続けた文在寅!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    殺害した警官は逮捕されたのか? 議事堂襲撃の謎!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    中国本土の大学生の中でも、香港にエールを送る学生が多数登場!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    カナダ人9割が中国は信頼できないと回答! 世論調査!(朝香 豊)
PAGE TOP