安全保障

北朝鮮がFacebookなどを通じて、日本などの選挙にも介入か? (朝香 豊)

VOA(ボイス・オブ・アメリカ)の報道によると、英国オックスフォード大学が公開した報告書「世界の虚偽情報秩序:2019年組織的ソーシャルメディア操作目録」には、北朝鮮がFacebookなどのソーシャルメディアの世論操作を行って、他国の選挙に介入していたことが記されていた。主にハッキングしたアカウントを通して活動している模様だ。

オックスフォード自体は北朝鮮が介入した国を特定して示してはいないが、日本・韓国・アメリカなどではないかと、朝鮮日報は推定している。

オックスフォード大学はこれを基に、北朝鮮を「親政権の宣伝活動や他国に対する攻撃に力を注いでいる国」に分類した。

同様の対外工作を中国が行い始めていることも、VOAは伝えている。

「知ってたよ」という反応も多いと思うが、こういう情報を様々な機会を使って何度も流してくるアメリカの宣伝工作を、日本も学ぶべきではないだろうか。

これと関連する朝鮮日報の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  5. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…

関連記事

  1. 安全保障

    TikTok、アメリカでも禁止へ! 事業売却か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    ツイッターの闇を暴くきっかけに! ビットコイン詐欺事件!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    外国代理人登録法にも違反か? バイデン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    イラン革命防衛隊が全責任を認める! ウクライナ機撃墜で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラン革…

  5. 安全保障

    中国外しでサプライチェーンを組み直す! アメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    すごいのは選手本人であって、日本ではない? そんな発言をするのは人間として問題あ…
  2. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイ製5G機器使うなら、同盟国でも制裁を検討! (朝香 豊)
  3. 中国

    吉林省でも新型肺炎の流行再発! 舒蘭市で強力な都市封鎖!(朝香 豊)
  4. 経済

    Googleは脱税捜査を受け、1200億円支払いでフランスと合意 国際課税の統一…
  5. 外交

    許すな、日本共産党! 共産党が東京五輪組織委員会に旭日旗に反対の申し入れ! (朝…
PAGE TOP